• このエントリーをはてなブックマークに追加
春日太一の木曜邦画劇場 第581回「香港クンフー映画に便乗しても、演出、アクションはそれを上回る!」『激突!殺人拳』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

春日太一の木曜邦画劇場 第581回「香港クンフー映画に便乗しても、演出、アクションはそれを上回る!」『激突!殺人拳』

2024-04-25 05:00
     今回は『激突!殺人拳』を取り上げる。
     一九七〇年代前半、ブルース・リーが巻き起こした香港のクンフー映画の大ブームに、東映が便乗して生み出した「カラテ映画」の企画である。だからといって、いい加減な作品では全くない。むしろ、作品としての見応えは一連の香港映画はどれ一つとして及ばないものがあると思える。
     それもそのはず。監督・小沢茂弘―脚本・高田宏治という、幾多の時代劇や任侠映画で重厚なアクションを創出してきたコンビが手掛けているのだ。また、主演の千葉真一も、ブルース・リー同様にアクロバティックな格闘アクションを得意としてきたが、当人はスピードと手数で勝負する香港流のスタイルを好ましく思っていなかった。そのため、一撃の重みを拳に込めて格闘を表現している。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2024-05-25 10:36
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするにはログインして下さい。