• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「中村哲を従米ポチはどう見るか?」小林よしのりライジング号外
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「中村哲を従米ポチはどう見るか?」小林よしのりライジング号外

2019-12-10 16:15
  • 161
951eefacb240eee9a3879f2c4a292a0c4e5f6771
号外 2019.12.10発行

【目次】
1. ゴーマニズム宣言・第352回「中村哲を従米ポチはどう見るか?」
2. 泉美木蘭の「トンデモ見聞録」・第149回「子どもの読解力を崩壊させているのはなにか?」




ab6578d287ec649d68d48f2d8f5d8f6d8afc91ee

第352回「中村哲を従米ポチはどう見るか?」

 いまの日本人で、わしが心から凄いと思えて、文句なく尊敬できる人など滅多にいない。
 そんな数少ない人物だった、ペシャワール会現地代表の中村哲医師がアフガニスタンで何者かに襲撃され、死亡してしまった。
 本当に残念で、惜しまれてならない。

 中村氏は九大医学部を卒業後、国内の病院勤務を経て1980年代半ばからアフガニスタンに近いパキスタンのペシャワールで、ハンセン病治療を主に扱う医療奉仕活動を始めた。ペシャワール会は、そんな中村氏を支援するため1983年に福岡で設立されたNGOである。
 その後、政治情勢からパキスタンでの活動が困難になった中村氏は、拠点をアフガニスタンに移し、ハンセン病だけではなくあらゆる病気を診療するようになる。ハンセン病を特別扱いするのは先進国の発想であり、マラリア、赤痢など「伝染病の巣窟」であるアフガニスタンで、そんなことはやってられなかったのだ。
 そしてさらに中村氏は、アフガニスタンに伝染病が蔓延している原因から正さなければならないと、ついに医療活動を超えた支援に乗り出した。
 自ら陣頭指揮をして井戸を掘り、さらにアフガン伝統のカレーズという地下水路も修復。すると赤痢などの感染症は激減したのだった。
 ところが2000年ごろからアフガニスタンを大旱魃(かんばつ)が襲い、地下水も枯渇してきた。そこで次に中村氏は用水路を建設して川から水を引き、砂漠の土地を緑化する事業を始めた。
 そしてやがて砂漠は緑に覆われ、パキスタンなどで「旱魃難民」となっていた人々が戻ってきて、再び農業をするまでになったのである。

 わしは雑誌「わしズム」7号(2003年7月25日発行)で中村哲氏と対談したことがある。
 当時はイラク戦争の真っ最中で、アフガニスタンの現状がイラクの今後を占うと言われており、米軍の攻撃でタリバン政権が崩壊した後のアフガニスタンの状況は安定していて、イラク戦争も同様に成功するだろうという予測がメディアにはあふれていた。
 だがそのとき中村氏は、メディアのアフガン報道は嘘とインチキだらけで、アフガンの治安はここ20年で最悪だと断言したのだった。

 3972031b376622376b554e7382dbfa0775c0f160
(SAPIO 2003.8.20/9.3)

 対談の中で、中村氏はこう語っている。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他151件のコメントを表示
×
トロツキスト?さんへ
mayuさんへ

『ライジング版流行語大賞&今年の出来事』の投票をコメント欄に呼び掛けてくださり、ありがとうございました!!
とても有り難かったです\(^o^)/

投票してくださった皆様のおかげで、100名分のゴー宣読者の思いを可視化することができました☆

ゴー宣道場の師範方、よしりん企画のスタッフ方に、届くといいなぁ♪♪
1ヶ月前
×
 大分遅くなりましたが、今号の感想を改めて記します。

 ゴーマニズム宣言・第352回「中村哲を従米ポチはどう見るか?」
 感想は№66にも記しましたが、わしズムを読み返してみて、元タリバン兵が「戦車を壊すのと、用水路を通すために爆破するのとどっちが楽しいか」と尋ねられた際に、「どっちも好きだ」と答えた、という記述に、善悪の価値判断は見る側によって異なるもだけでも、やっている当人にとっては、実は同じことをしているだけで、表裏一体でヤヌスの顔のようだ、ということを感じさせられました。恐らく中村氏を暗殺したグループにとっても、用水路工事を進めることと、中村氏暗殺との行為の矛盾は、さほどなかったのだろうと想像します。
 それでも、同じ日本人というひとくくりにしないで、良い日本人もいれば、悪い日本人もいる、大悪もいれば小悪もいて、郷原(きょうげん)もいれば大徳のある人物もいる、のような違いは、テログループ側に判別して貰いたかった、というのは甘えた、無理な考えだったのでしょうか。台湾の六士先生の中には楫取素彦の次男もいましたが、人物の評価は、遺業をなした誰それの子供とか血縁とか、地位とかいうものではなく、その当人が実際に何を行い、何をしようとしたのか、まで見ないといけないでしょう。
 先日「バットマン・ビギンズ」をレンタルで見たという話を記しましたが、その中のブルース・ウェインの父親は(映画『ジョーカー』とは正反対で)貧しい人のためにモノレールをつくった徳のある人物というふうに描かれており、それゆえにギャングに狙われて殺されていまったわけで、こういう言い方も正しいのかどうか分かりませんが、善良な富豪のアメリカ人もいる、とも信じたいです。
 
 ごちゃごちゃ記しましたが、中村哲氏のご冥福をお祈りするとともに、何らかの形でその思いを継承させてゆくことが可能ならば、と願います。バットマンも父親の遺志をついで、正義のヒーローになろうとしたのだから、というのは蛇足でしょうか。
1ヶ月前
×
 泉美木蘭の「トンデモ見聞録」・第149回「子どもの読解力を崩壊させているのはなにか?」
 「事実」と「意見」の区別、というと頭が痛いです。かつて人から「貴方の書いていることは事実と考えがごっちゃになっている悪文だ」と指摘されたことがあり、その時はなぜそのようなことを強調して言われるのだろうと不可解にしか思えませんでしたが、要は時処位を得ていない問答をしていたのだ、と今にして思います。
 今回のテーマは読解力であって、インターネットはその劣化の主要な要因ではあっても、副次的なものでしかありませんが、かつて自分はこういう場に記すと、返答がすぐにかえされてくるものだろうと思い込み、それで失敗や恥をかいたことがあります。つまりは、内容がしっかりしておらず、事実と意見、それも客観的なものと主観的なものの区別もできていないと、読む側は、いったいこの人は何がいいたいのだろうと困惑し、どういう反応をすればいいのか、分からなくなります。そういうふうにならぬためにも、事実はここまで、主観的な考えはここ、客観的な真理はどこまで、というふうに区分して文章を記せるようになりたいと願います。本日(12月16日)の朝のよしりん先生のブログ、「自分の苦労を訴えても人の心はつかめない」でもおっしゃられているように、当人が努力したというのは「事実」かもしれないですが、あくまでもその人の中の「主観的な」ものであって、個人的な「感慨」とそう変わりはなく、結果を出せていない独りよがりな「意見」にしか過ぎないのだろうと考えねばならないでしょう。
 木蘭さんの例示された問題が答えられない大人もいる、という事実は、読解力不足からなる事象への判断力の低下という結果に繋がっているのだろうというのが、自分の意見です。

 ということで、次号を期待します。
 加えて、カレーせんべいさん、流行語・出来事集計、お疲れ様でした。(*^-^*)
 よしりん先生や木蘭さんの19日の生放送も楽しみにしています。
1ヶ月前
×
外国人というだけで中村医師を殺害した犯人たちが、そのことを後悔する日が来ますように。
1ヶ月前
×
>>209
>カレーせんべいさん

連絡無しで、勝手に呼びかけをして失礼しました。
また、参加頂いた方々、投票有難うございました!!

個人的に、コメント欄新規参入の方の切っ掛けになれば、を目的としています。
投稿アドバイス?も、先人の方々の文を切り貼りしたものです。
以前よしりん先生は、「面白かった」の感想だけでも嬉しいと仰っておられましたので、皆さまお気軽に是非♪♪

ところで、、、
今回過去最高の参加者とか。
「カレーせんべいの時代は終わった…」
と言われなくて良かったですね。(笑)

カレーさん、企画・集計有難うございました!!
1ヶ月前
×
集計お疲れ様でした。
改めて見ると全て納得の一言です。
やっぱり、一語確認すると改めてその時の配信分、当時の世間や世論状態を確認してしまいますね。
見るたびに再度考えずにはいられないし、一つ一つ考えていたらあっという間に期限日になってしまいました。
一方でもう少し考えたられたらもっといい形で投票できたかなと考えてしまいます。
う~ん。後悔というのは何度してもきりのないものですわ。

まずは今週のSPA、拝見いたしました。
まさにこの当時のバッシングに謝罪をせず、「なかったこと」にされている現状には頭に北半球でございます。
まさに女性を「産む機械」扱いしていたわけで、
あのような状況では「適応障害」になってしまうのは当然の事でしょう。
自称保守主義者というよりエセ保守どもの招待が皇室を利用し、冒涜する集団だというのがよくわかる回だと思います。
そしてこれらのことにより「適応障害」という言葉が一般に知れ渡りましたが、
その「適応障害」を明らかにサボりや雲隠れに利用する大馬鹿どもが今議員をやっている。
さらに、あれやこれやとどこまで皇室を侮辱すれば気が済むのでしょうか。
そしてそういう国賊的態度をとりながら
平均年収よりも多いボーナスを貰っているということに怒りがまた…。国民の血税を何だと思っているのか!
とまぁ怒りがきりなく湧き上がってきますね。これは。

さて、今更になってしまいましたが今回配信分について書かせていただきます。
よしりん先生の書かれたように
「われわれのできることは中村哲氏の名前を残して、その志を後世に遺すことしかできない。」
としか本当にいえません。
中村氏に対する向こうの人々の扱い、そちら日本での今までの扱いを考えると
自分周辺の生活のことで精いっぱいの我々としては正直申し訳ない気持ちになってしまいます。
中村哲氏に対する今のマスコミや政治家の態度を見ても、
「お前らが今まで中村氏に何をした?」と思うし、
一方で「英雄と鯨は死んでから価値がある」という言葉を思い浮かべずにはいられません。
そして、この件で再度見ずにはいられないのが
「VOL.299民主主義国家ではジャーナリストは謝罪しない」です。
(正直再度拝見することをお勧めします。)

そして、子供の読解力低下。
これに関してはゆとり教育以前の詰め込み教育時代から言われてきましたね~。(てことは昭和から。)
「計算問題などの知識を問う問題は素早く、正解率が高いのだか、応用問題が全くできない。」って。
てことは何十年たっていろいろ教育論争してて、全然進化しとらんやないけ~!
実は、ゆとり教育が失敗したために
「教育は100%強制的であり詰め込み、徹底的に覚えさせることである。」ということが
『正しい』ということになってきています。(ああ、ここでも大雑把な二分割思考。)
だから、もくれん先生が指摘したように
「韓国、中国、シンガポールを見習え!」ってことになっていて、
「徹底的に勉強させればさせるほどよい、ゆとりなど一切与えてはいけない」ということになり
現実は「受験に関係ない勉強はいらない」と言うのが正しい事になり
さらには受験に役立つからということで学校や塾の授業にスマホを使ってるありさまだったりするのです。
そうすれば「先取りするほど得」なのでスマホを持たせるでしょう。親も。
そして「日本語よりも英語」ということで「日本語ほっぽらかしても英語習わせる」わけです。
現実に「国語の授業以外はすべて英語で行う」という私立はたくさんででますし、
朝鮮学校や中華学校、インターナショナルスクールは日本人の入学希望者で殺到するのが現実だったりするわけです。
ようするに「いい学校、いい会社」に入れるためならば子供に包丁突き付けても勉強させるわけです。
すでに「グローバリズム」は日本人の心の中にまで浸食してきてしまっています。
そして「子供を自立させる方法はそれしかない」と思い込んでる親世代も多いです。

そして、親世代や政治家たちの世代は氷河期世代も含めて「詰め込み教育世代」だったりします。
そしてその世代は頭に知識を詰め込むために当時乱立していた進学塾
(しかも「進学塾の入学試験に合格するための進学塾」「そしてその塾に合格するための塾」(以下繰り返し。中学受験の世界ですよ~)というのがあった。狂っとる…)
などが「周りは全て敵である」「自分の頭で考えない、自分の考えを持ってはいけない」
という教育をすることが当たり前でした。ちなみにできないと虫けら扱いとか殴る蹴るは当たり前。
(「女王の教室」が騒ぎになる理由がわからないのも当然である。)
だから自虐史観をな~んの疑いも持たずに信じるバカができるわけですし、
受験社会化した韓国が日本悪玉論に染まるのも当然でしょう。
よしりん先生が指摘した倉橋耕平みたく、「学校で習った知識が絶対正しい、疑ってはいけない」などという
バカ権威主義者が出るのもまぁ、当然だったりするわけですし、
よしりん先生や押川剛氏が指摘した「強烈な挫折感を味わいながら『勉強ができた』という自負だけで自分を支え続けている」中高年ニートが出るのも当然と言えば当然なわけで。(倉橋耕平って押川氏が指摘した年齢の中におる!)
で、そういうバカ権威主義者にとっては「自分より学歴が低い輩の下で働いたら負け(数年前のSPAに掲載)」
だったりするわけです。

で、その「学校や受験で教わったこと」が間違いとしったらとたんに
極端のネトウヨやエセ保守になるのが出るのも典型ですね。
で、「周りが全て敵」なのだから「惻隠の情」なんてのがあるわきゃない。
頭の中には正解か不正解しかないわけです。最初から大雑把な二分割思考なんですよ。
(そう考えると農水次官の息子殺しの件は典型的な例といえる…こわいなぁ。)

そして「スマホの危険度は麻薬に近い」というのはまさにそうだと思うのですが、
実は今やすでに日本人はスマホなしでは生活できない時代になってしまっています。
例えばこのライジングにしてもゴー宣道場にしても
実質的にガラケーでは見ることができません。
ガラケーで表示してもほとんどがプログラム言語で終わるか最初から接続できないか、です。
そのためインターネットカフェでライジングコラムなどをガラケーで撮影して後からそれをじっくり見て考えて、
インターネットカフェに入ってコメント書いたり配信映像を見ているのがオチだったりします。
パソコンを買わないのは、時間制限なくネットにはまりこんで引きこもりになってしまいそうな気がするからです。
ですが、現実は次々とガラケーで入る情報がなくなり、見るページもガラケー止めになったりするし、
求人窓口が雑誌などが消えみんなスマホやPCシフトになっているため
例えば今現在働いてる仕事がなくなって無職になったとき、
スマホなしではそのスタート地点にすら立てないし、
不用品を売却しようにもマイナビなどのオークションにも参加できないのが現実なのです。
だから、自分で注意して引き込まれないように使うしかないんですよね。スマホは。
青少年にはほんっと、酷だわ~。
1ヶ月前
×
ゲスト ID:38751066 が名前もアイコンも使えないのは「自分を否定されたくないから」ではないかな
たとえ荒らし目的だったとしても、その名前は自分で考えて付けた名前であり、そのアイコンは自分で選んで登録した画像ということに違いはない
僅かながらでも「自分」というものがそこにある
それらを使って書いたコメントを消されるということは、それを用意した自分自身を否定されるということでもある
それが怖くてダメージの少ないデフォルト設定を使うのだろう
1ヶ月前
×
 ちょろっとだけゴーセン道場に通った、ただの軽めのよしりんファンです。
消されても消されても、しつこくアンチ投稿してる方いますが、頻度が尋常じゃなく、
やっぱり心の病みを感じるし、恐怖を感じるし、心配になってきます。
二つ前ぐらいの回でも、モノすっごい量のアンチコメ書いてる方いたが、文章のはしばしに、同じく狂気を感じました。 
第三者からみて素直に、恐怖を感じてしまいます。
大事なお友達やご家族に、「こんな文章書いてる。」「こんな頻度で投稿してる」と話せますか?
話せないと思います。なぜなら、ご家族もお友達もやはりゾッとすると思いますから。
なにより自分に客観的になったとき、自分に恐怖すると思います。もう辞めた方が良いと思います。
(嫌味で書いてるんじゃないですよ) 
このままやり続けても虚しいだけですよ。
だからもうやめた方が良いです。
とりあえずどこか温泉とか静かで休めるとこいって、一服して考え直した方が良いと思います。 
1ヶ月前
×
今日発売のSPA!の感想です。
皇族方をお守りするのが職務であるはずの宮内庁が雅子様を追い詰め、人格を否定し、精神・身体の限界を超えさせたうえ、全ての行事に出席できなくなった雅子様に精神科医の診察も受けさせなかったということに改めて衝撃を受けました。
閉じこもって男の子を産むことだけに専念しろ!…一般人がたとえば旧式の家に嫁いだとしても、ここまでひどい仕打ちを受けることがあるでしょうか。このような仕打ちを日本の象徴である天皇家に嫁がれた女性にするなんて、絶望的です。
結婚して皇族に入られる方がお幸せに過ごされることができるような制度、環境にしなければ、皇統は続くはずがないと思います。美智子様、雅子様、紀子様はよく耐えてこられたと、感謝と尊敬と、なんと言えばよいのかわかりませんが、ご同情申し上げる気持ちでいっぱいです。
1ヶ月前
×
SPA!の感想です。
雅子様への無理解・バッシングは何度読んでもせつない思いです。

実は私は20年以上前から10年以上精神安定剤と睡眠薬を服用していました。
(結婚して子どもが生まれるころにやめました)
昔は例えば(私の周りの)教師の世界は精神病は無いかのように扱われてきました。
地区で学校が数百あるのに「精神」の休業者はたった4人で、
その内の3人は本校教師(私は休業までは行きませんでした)でした。
教育委員会が精神で挙げるなって言ったり、教育委員会自らが精神にせずに処理したりしていました。
なぜか私は何も言われずに、精神は精神として処理していましたが。
完全に休むまで行ってしまえば2年ぐらいはダメです。

私は負担の少ない事務職に就いたので、ここぞというときには薬量も増やし、何とかやっていけたのだと思います。

もしかすると精神病者への理解が進んできたのも現在の天皇陛下のおかげなのではないかと感じました。

現在もこの種の病気に理解が十分でないと感じることが多々あります。
雅子様におかれましてはご無理なさらないように、
お仕事に対してプレッシャーが与えられませんように願っています。

さて、廃太子論のことも書かれていました。
先生が原稿を書かれる→自分がそれを知らずに同じようなことを発表する→その内容が作品に載る というように、先生より先に、ということがあったときは、先生のお考えを自分が少しでも理解できていたのだと嬉しくなります。

もちろん皇室へのバッシングは深刻で、している人たちのことは正直どうでも良いのですが、皇族方を苦しめ、ご活動や典範改正に悪影響なので、私もボーカルマジョリティとして、少しでも発信していこうと思います。

1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。