• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • (有料)銀行の国債保有規制を検討するバーゼル監督委員会 日銀試算では1%上昇すれば7.5兆円の損失 その原因と影響について

    2015-04-29 20:35  
    86pt

    ======================= ■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Teitterhttps://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  
    =====================【今回のニュース】・銀行の国債保有 規制 バーゼル委 金利変動に備え 日本経済新聞 2015年4月26日http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF25H0Y_V20C15A4MM8000/・金融機関に損失7.5兆円=金利1%上昇で-日銀試算時事ドットコム 2015年4月22日http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015042200909&g=eco銀行が保有する国債の金利上昇リスク(つまり価格下落リスク)に対する備えを強めさせようという新規制をスイスのバーゼル銀行監督委員会が2016年にまとめる見通しだ。・世界的な超低金利時代に突入しているなかで、金利が上昇すると、どのようなリスクがあるのか?・国債の金利と価格の関係・国債が超低金利になっている原因・また、バーゼル銀行監督委員会が強めようとしている規制がかけられたら、どのようなリスクがあるのか?以上についてお伝えする。(以下有料)