• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 2件
  • 【図解で説明】過去最低の長期金利(国債10年もの)の原因と、経済と家計への影響

    2014-12-27 20:40  
    86pt

    =======================■HP<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 ■無料セブンステップ<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール■本<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu■無料ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  ==========================【今回の記事】
    「長期金利最低0.310%」日本経済新聞 12月26日「空前の低金利 歪み市場 金融機関逆ざやに 住宅・企業融資伸び悩み」日本経済新聞 12月26日 債券市場で10年物国債利回りが過去最低の0.310%をつけた。金利が過去最低をつけるのは、それだけ国債の人気が高く、低い金利でも売れるためだ。長期金利の下落の影響は、債券だけでなく、銀行の経営や企業への融資、個人の住宅ローン金利などにも直接的に影響を与える大きな問題である。過去最低の金利なっている理由と、経済や家計への影響を経済の全体像から図解で説明する。(以下有料)
     
  • 【有料】前回の続き 懸念される国債価格の下落リスクと金融機関への影響と家計の対策 2

    2014-05-03 00:45  
    82pt