• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 72件
  • 7月11日を忘れない。 故 岩田聡氏の三回忌に寄せて

    2017-07-11 12:10  
    330pt
    その点を多くのかたに取材をしようとしたが、これがなかなか難しいものだった。
     
    任天堂の代表取締役というポジションがどれほど高いのかということを改めて感じることになったのである。
     
    岩田氏が積極的に関わって推進していた有名な取材記事が「社長が訊く」というコラムがあったが、こちらに出演したひとたちにまず当ってみたが、前述の坂口氏も「あの取材以外ではああまり接点がない・けれども岩田さんは忙しいなかで自分たちの出すゲームや過去のゲームを全部遊んだ上でインタビュー取材をしているのでそれはすごいことだった」という。 写真は 7月8日開催 松戸コンテンツ事業者連絡協議会主催トークセッションより
  • 銃弾では解決できないモノがある・・・?

    2017-06-19 12:16  
    330pt
    セガサミーのようなエンタテインメント系では私が所属していた株式会社デジキューブでも銃弾が2発金属製のドアに打ちこまれる事件が起こりました。2000年の4月で、私が外出アポイントから戻ってきたときに恵比寿東急ビルの明治通りのところの多くのパトカーや覆面パトカーが止まっていることに驚きました。オフィスに戻ると銃撃を受けたという話を部下から聞いて驚いたというのが当日の記憶です。

     
    後日、当時デジキューブの総務受付をしていた女性がこっそり教えてくれたことですが、実は「事件の当日、デジキューブの住所を教えてほしい。これから行く」という男性からの電話があったということです。この件は、警察の調書でも報告している事項だったと彼女から聞きましたが、一般には公開されていない事実だと思います。
  • 演歌がスキ?!な年齢

    2017-05-23 14:40  
    330pt
    そうそう、冒頭のタイトルのように、年を取ると演歌がスキ?になるような気がしませんか?
     
    僕だけかな・・・先月のテーマでも書いたように小林旭さんの「昔の名前で出ています」とか聞いちゃうとなけちゃんうんです。
     
    「いつか自分を探してくれるかもしれない『貴方』を待っている。私は貴方と出会ったころの『昔の名前』で貴方を待っています」
     
    という切ない女心を謳った曲です。
     
    ああ、なんと人生は悲しいのでしょうか。
     
    今、ちょうど、昭和の歌謡曲の名曲集と言うのをアップルミュージックで聞いています。
     
    グレープの「精霊流し」、かぐや姫の「神田川」・・・すべての共通するのは何も自分たちの手元には無いという時代を象徴しています。もしくは、時代が変わっていく中での自分たちがどう生きればいいのかというようなテーマを感じています。
     
    昭和の歌謡曲が自分の世代の心に響くのは同じ時代を生きたからでしょう。。。というか同じ時代の空気を感じて生きてきたからでしょう。
  • 昔の名前で出ていますか?

    2017-05-15 10:55  
    330pt
    世によく言う一発屋さんというのがいるが、彼らもテレビに出ていないだけで十分にメシが食えているという・・・まあ、お笑い芸人さんは「笑ってもらって」ナンボだが、実際にテレビの向こう側の一般市民のほうが食えていないケースもある。「笑ってもらって」お金になるということはなんともすごいことでないだろうか ?
     
    さて、最後に重要なことは何かということだが、常にアップデート、日本語で言えば自分自身を上書きし続けること、そのための努力を書かさないことは重要だということをお伝えしたい。
     
  • アメリカが嫌いになったワケ?!_中編

    2017-04-18 13:04  
    330pt
    ルマが消滅している・・・・
     
     
    フィラディルフィアエクスペリメントかよ?的な 自動車消失の憂き目に会いました。
     
    さすがアメリカだな・・・・クルマってこんなに簡単に盗難にあうんだ。とも思いましたね。
     
    まあ、でもさすがにこんな中心街・金融街でクルマをかっぱらうヤツがいるとはアメリカってスゲーってマジで思いました。
     
    でも、違っていました。まあ、なんとかして解決しないといかん・・・だってレンタカーだもんね。なんて思って、色々と考えて、今まで打ち合わせで訪問していた会社に戻って相談したら「ああ、もしかしてそれってレッカーされたんじゃね」っていうわけですよね。
  • アメリカが嫌いになったワケ(序章)

    2017-04-17 12:51  
    330pt
    みなさんと年代が異なる?僕のアメリカ原体験は1975年、つまり僕が15歳のとき(中3ですね)にムック形式で発刊された「「 MADE   IN   U.S.A. 」という雑誌にあります。

     
    この雑誌は「 POPEYE 」の前身とも言えるような雑誌ムック【単発】で読売新聞社から別冊として発刊されたものです。ほぼ全編カラーのグラビアもので贅沢な写真とテキスト、それと貴重なアメリカのカルチャーに触れたものでした。この編集とライター陣がほぼそっくりそのまま「 POPEYE 」編集チームになったというものです。

     
    この「 MADE   IN   U.S.A. 」ではリーバイスの501、LEEのウエスターナー、トニーラマのブーツ、レッドウイングなどのワーク系から、ブルックスブラザーズ、 JPRESS などのトラッド系までのファッションを網羅し、さらにはアメリカのスポーツやアウトドアカルチャーも紹介していました。

     
    僕がアメリカ・ニューヨークを初めて訪問したのは1985年と記憶していますので、その10年間は僕にとってのアメリカはこの「MADE IN U . S . A . 」がすべてだったと言えます。

     
    そして初めてニューヨークを訪問したときにはマジソンスクエアガーデンにあるジェリー・コスビーに大きなアイスホッケー用のダッフルバッグを購入しに行ったっことをよく覚えています。そのダッフルバッグは今も持っています。ついでに言えば、2000年の前半に4回目の訪問の祭にも同じものを購入しました。今もまだマジソンスクエアガーデンにあのコスビーはあるのでしょうか。
  • 危険なSNS投稿と過剰防衛

    2017-02-15 12:04  
    330pt
    ブロマガ更新 今回はSNSに関して・・・・ サマリー 最近あった SNS での拡散事例で炎上したものがタレントの松本伊代さんと早見優さんの JR 山陰線・ 鉄道路線区域、踏み切りから路線部分へ立ち入、り写真撮影とその写真のそれぞれのブログへのアップです。
     
    あの場所は僕も過去に 2 回ほど行ったことがありますが、嵐山の竹林を抜けると、景色がガラっと変わり、鉄路がまっすぐにトンネルのほうに向かって伸びている光景が拡がります。
     
    竹林の閉塞感から解放されて、爽やかな気持ちになる、そして、一呼吸いれられるようなパス ( 通り道 ) になっています。
     
  • 米倉涼子のミニスカ姿はしょっぱいのか(>_

    2017-01-27 18:26  
    330pt
    おそらくご本人の記憶のなかにもないと思いますが、今から 25 年くらい前のマガジンハウスの「 POPEYE 」でハイレグのシルバーの水着を披露した頃から素敵なアイコンだなあと思っていました。まあ、あの頃はモデル活動が大半でしたが・・・。
     
    さて、そんな素敵な米倉さんのミニスカ姿はすごく素敵でした・・・。
     
    ・・・の意味は・・・うーん、素敵なんですが、なんかちょっとしょっぱい感じと言うか、そこまでがんばんなくてもいいんじゃないのか?という反対の気持がむくむくと、ふつふつと湧きあがってきたのも事実です。
  • 2016年の総決算?!断舎利する?しない?

    2016-12-26 16:50  
    330pt
    今年の黒川塾は 1月28日の黒川塾32ではサイバーコネクトツーの松山さんから始まりまして、2月、3月、5月、6月、7月には2回、大阪でも開催できまして、こちらでは新しい交流関係が始まりました。8月、9月、10月、そして11月も2回開催できました。
    ひとえに皆様のおかげです。ありがとうございました。
  • 日本が世界に発信したビデオゲーム『スペースインベーダー』を創った男・西角友宏

    2016-11-11 15:01  
    330pt
    長く生きた分、いろいろな方と関わって生きていることを実感する日々です。  
    あと、これは言っても良い話ですが、昔、僕が起業した会社にいたスタッフが私文書偽造、不正押印書類を作って現金で 60 万円の詐欺を働いたものがいました。個人的には「携帯代金」などの名目で 12 万円を貸しています。

      発覚してクビにしましたが、まあ、もちろんのこと返金するわけでもなく、謝罪があるわけでもないのですが、未だにゲームやネット、芸能?界隈で働いていることが分かってびっくりしました。そういえば、僕の会社をクビにして、数年後に、業界のとある有名?リクルート会社 ( 紹介会社 ) の月例交流会にたまたま参加した時にまだいました。しぶといというか、知らないで雇ってしまう人がいるんですねー。びっくりしました。
      全然懲りないんですねーこういう人って。