• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 3件
  • Vol.176 2015年を振り返って

    2015-12-31 13:00  
    209pt
    Vol.176
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              『そこそこ週刊・畠山理仁』
               2015年を振り返って
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ●今年感じた大きな変化
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     あっという間の2015年でした。いつものことながらメルマガの発行が滞り、誠に申し訳ありません。お詫び申し上げます。また、忍耐強く購読を続けていただきありがとうございます。本当にありがたく、感謝しております。
     今年もいろいろなことがありました。その時々でご報告していけばよかったのですが、なかなかうまくお知らせできませんでした。本当に申し訳ありません。来年こそ、がんばります。
  • Vol.168 放射性物質汚染廃棄物の最終処分場はどこに作るべきなのか

    2015-06-18 15:20  
    209pt
    Vol.168
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                『そこそこ週刊・畠山理仁』
        放射性物質汚染廃棄物の最終処分場はどこに作るべきなのか
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ●町全体から声が聞こえてくるような看板とのぼり旗
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「最終処分場建設 断固反対」
    「最終処分場はいんね」
    「焼却炉付最終処分場建設 白紙撤回」
    「高原山と湧水を守れ」
    「塩谷町の自然を守れ」
     東北自動車道上河内SAスマートインターチェンジを降り、15分ほど走ると栃木県塩谷郡塩谷町に入る。高速道路から塩谷町役場へと向かう県道63号線を走ると、こんな看板やのぼり旗が道沿いの田んぼに林立していた。
     なかにはのぼり旗を立てるポールだけが残され、旗が破れているところもあった。かなり前からのぼり旗は立っているのだ。のぼり旗の他にも多数設置された手書きの看板にも力が入っている。
    「少しずつ少しずつ焼却場の雨水は下流・那珂川へ」
    「私たちは上流からきれいな水をもらう権利がある」
    「塩谷地区の宝 自然環境 処分場絶対反対」
    「清流を止めるのか 放射能廃棄物 断固拒否」
     看板の文言は地区ごとに違い、かなりのバリエーションがある。同じ看板には二度と出会えないほど種類が豊富だ。
    「国の手先を町に入れるな 金より命」
     という激しいキャッチコピーもあれば、
    「作るのか 票がないから 塩谷町」
     と、五七五の川柳調の看板もある。その一つ一つがどれも目を引く。
    「がんばれ塩谷」
    「まけるな塩谷」
     のぼり旗には、町民自らを鼓舞するものもある。農村風景のため騒音はほとんどしないが、町を走っていると町全体から声をかけているような感覚になる。
     県道をさらに北上すると、また一つ、バババババッとのぼり旗が一列に並んでいる場所を発見した。
    「また違う色ののぼり旗がある!」
     そう思って車のスピードを落としながら近づいてみた。
    「がんばれ塩谷」
    「まけるな塩谷」
    「断固反対」
    「白紙撤回」
     これはさきほどからよく目にしたのぼり旗だ。それらの旗に挟まれているあの紫色の旗はなんだ?
     
  • Vol.136 原稿から目が離せない石原伸晃環境大臣から目が離せない!

    2014-07-29 20:00  
    209pt
    Vol.136
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              『そこそこ週刊・畠山理仁』
        原稿から目が離せない石原伸晃環境大臣から目が離せない!
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ●最終処分場が必要なことは誰もがわかっているが……
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     石原伸晃環境大臣から目が離せない。
     否。より正確に言えば、「読み上げる原稿から目が離せない石原伸晃環境大臣から目が離せない」。
     7月25日、筆者は宮城県仙台市宮城野区にあるメルパルク仙台にいた。環境省が進める宮城県内の「指定廃棄物最終処分場」建設に関する市町村長会議を取材するためだ。
     指定廃棄物とは、2011年3月の東京電