• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • Vol.212 復興の理想と厳しい現実・避難指示が一部解除された浪江町

    2017-03-31 22:00  
    220pt
    Vol.212
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              『そこそこ週刊・畠山理仁』
        復興の理想と厳しい現実・避難指示が一部解除された浪江町
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ●町の現状を象徴するかのような日の出
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     真っ暗ではないが、明るくもない。
     2017年3月31日午前5時15分。ひと月前に岸壁の復旧工事が終わり、6年ぶりに漁船が戻ってきた請戸漁港で日の出を見た。
     水平線から上る太陽の光は、空を広く覆う雲に阻まれていた。しかし、漁港に全く光が届かないわけではない。ぼんやりとはしているが、たしかにその光は漁船が浮かぶ水面を徐々に照らし始めていた。
     決して明るくはないが、朝は確実にやってきたのだ。
     肩からカメラを下げて漁港を歩くと、ライトを付けた漁船の上には漁師たちが集まり、一心に網の手入れをしていた。
    「おはようございます」