• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 5件
  • 大崎由希の湿度高めな全力飲み

    2019-08-01 16:43  
    巨乳Gカップグラドルでドラマーの大崎由希さんが、500mlの水を喉に流し込む。
     
    三本の指で支える由希さん。彼女の手はやや小さめ。手の平まで使ってボトルを持つタレントが多い中、独特な持ち方だ。そして、その持ち方からはエレガンスなエロスを感じる。
     
    飲み始め、こぽこぽこぽ…と、リズムよく水を流し込んでいる。そして、中盤で正面を向く。徐々に大きくなる。きゅこ、きゅこ。きゅこ…と水を飲み込む。水を飲んでいる由希さんの眼差しは湿度を帯びている。色っぽくもあり、潤んでいる様にも見え色んな気持ちを交錯させている。大人と少女の両面を持っているように感じられる。
     
    また、水の量が少なってきた終盤では由希さんの綺麗な歯が覗く。スローだと確認できるだろう。
     
    飲み終わりの終盤にはボトルに左手を添え、両手でしっかりと飲み干した。左手を添える事で、愛らしく見える。
  • あんまりそわそわしないで、busty 清水あいりの愛らしい飲みっぷり

    2019-06-25 20:49  
    「飲みマス。」て愛らしい。きっと彼女の最初の言葉で、そう思うだろう。清水あいりさん。予想とは異なり、ホールディングは五本の指と掌で圧着固定。だが飲み姿は、お品良く顔を上に傾けずに下からのアプローチ。下唇で飲み口を押さえて、上唇を中に入れる。
     
    水を飲み込む音は「こきゅこきゅ。」と擬音語。時折、ハードに飲み込む。これもまた意外性なり。それを契機に顎を上げ始める。目を瞑り、水を流し込むことに集中していく。脇から水滴が滴る。
     喉が細いので休憩を1秒ほど挟む。その時に息がボトルに吹き込まれる。握り直して肘を安定させてラストスパートへと挑む。小指はやや立ち、ボトルから離れる。同時に人差し指と中指も離れた。お姉さん指と親指で支えている。
    あいりさんは、こちらに目をやった。真っ直ぐとした眼差しは黒く、映像を一時停止しても美しい惹き込みを確認できる。フェイスラインのシャープさに華奢な喉のコントラスト。
  • booty 蒼井まやの「全力飲み」は悩ましくも大胆

    2019-06-23 16:53  
    まずね、蒼井まやさんの正座姿が良い。
    ちょんっと座っているけど、凛としつつ、何がしかEroい。
     
    それは確かにハイレグという衣裳のせいかもしれないが、まやさんが本質的にもっている女性としてのErosを感じ得ずにはいられない。
    肝心の「全力飲み」はどうか。
    タイトルコールではボトルを品良くもっている、というよりも支えている。だがスタートの合図でスピード競争のようなキャップの捻じり。下半身は一切ブレない。期待感が高まる。
     
    尺では10秒ぐらい、ファーストタッチの直前のまやさんの目と口が色っぽい。けっこう、ファーストタッチの際にはボトルのほうを見ているのだが、まやさんはどこをみているのだろうか。恐らく何も見てない。ボトルのファーストタッチに集中しているのだろうか。
     
    飲み始めると一点集中。
    ただ飲み干すことだけに神経を集めている。ハンドリングはどうか。脇をやや開いて、ボトルの中央線あたりを
  • 湿度の高い瞳で飲み干すbusty 五木みなみの全力飲み

    2019-06-21 15:13  
    小柄なBustyの五木みなみさんが500mlのお水を一気飲み!
    ごきゅっ、ごきゅっと飲み干しました。
     
    体操服で飲む姿はまるで運動部の学生を思わせます。
    爽やかさと黒く艶やかな瞳が印象的です。
     
    20代前半のフレッシュさが◎
  • 青空で全力飲みをした、busty 葉月佐和

    2019-06-18 19:30  
    定番の「全力飲み」に葉月佐和さん。いつもは室内で暗めの映像として撮っていたが、今回は趣向を変えて外へ。私服姿の佐和さんに、いつも通りの500mlの水を飲んでもらった。
     
    外を選んだ理由は単純だ。佐和さんの横顔の美しさである。まるで彫刻のようなフェイスラインに淫靡なシチュエーションは合わない。そう判断した。外はとてもキレイな青空で、佐和さんを緑に囲めた。青と緑と私服のピンクが通常の「全力飲み」とは正反対の良さを醸し出す。
     
    その爽やかさを殺さないタメに敢えて音声もカットした。映像美を追求したカタチだ。佐和さんの飲み方は予想通りに、お品が良い。ボトルの底のほうをしっかりと右の手で握るが指の所作・角度が美しい。左の手は添えるタイプ。飲みっぷりは早く大きい。みるみると佐和さんの喉の奥に吸い込まれていく。