• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 3件
  • BUSTY 柳瀬早紀が伸ばす上腕三頭筋

    2019-06-23 20:59  
    実質Kカップの容量があるBusty 柳瀬早紀さんのストレッチ『上腕三頭筋』。この実質というのは、叶姉妹がNYにてオーダードレスを作る際に採寸する方法。トップとアンダーだけの数字では正確なカップ数が得れないというもの。
     
    早紀さんが行った上腕三頭筋のストレッチは、あぐらの状態から両腕を頭上に上げ、頭の後ろで片方の肘を持ち、腕の筋肉を伸ばすもの。腕を使う筋トレをする前や筋トレをした後に行う。Busty女子には凝りやすい肩周辺と脇周辺をほぐす効果もある。
     
    特に脇周辺は重要だ。Busty女子は、乳房の重みから脇周辺のリンパに老廃物が溜まりやすい。最悪の場合には乳がんにまで及んでしまう。だから腕のストレッチをしながら、Busty女子は早紀さんのように脇のストレッチを大いに行い。脇周辺のリンパを全体的にほぐし、酸素を送る。これも早紀さんのようにカウントをして呼吸しながら、ストレッチする。無呼吸だ
  • Busty Queen 柳瀬早紀のラスト ストレッチは三角筋伸ばし

    2019-06-07 18:35  
    はい、柳瀬早紀さんの最後のストレッチ種目です。三角筋を伸ばします。三角筋を知らない市民のために、三角筋とは肩パットのソレですね。男性が三角筋を鍛えるとゴツく見えるワケですが、超Bustyな早紀さんは肩も、肩に繋がっている三角筋も凝っているのですね。早紀さんの乳房、重いですから。ですので、三角筋のストレッチは周りのBustyの女性に教えてあげると喜ばれます。なぜならば、肩周辺が凝ってしまいますと、胸に張りがなくなって垂れやすくなってしまうんですね~。理屈を説明します。乳房を支える筋肉が凝っているというコトは、血管が萎縮してしまい、血行が悪くなります。そして凝っている筋肉は体温が下がりやすいのですね。乳房にはたくさんの乳腺があります。早紀さんは乳腺が発達しているために、大きいのですね。乳房というか乳腺は寒さに弱いです。血行が悪くなって、血流が弱くなると乳腺が弱ります。ですので張りの素である酸素
  • Busty Queen 柳瀬早紀が下腿三頭筋を伸ばす

    2019-06-05 17:17  
    一時は彼女を脅かす存在は出てこない。G界のBusty女王に君臨し続ける柳瀬早紀さんの人気は下降する兆しがない。それぐらいの圧倒的な存在感を誇っている。そんな早紀さんのストレッチ シリーズの新作は下腿三頭筋です。
     
    下腿三頭筋はふくらはぎのコトですね。3つの頭の理由は、腓腹筋が2つとヒラメ筋の1つです。女子にとってはむくみやすい部分ですよね。座り仕事や立ち仕事の人にオススメのストレッチです。まず四つん這いになって、両手を肩幅ほどに広げます。片方の脚づつ行いますので、早紀さんのように伸ばす方の足首に反対の足首を載せます。後は屈伸する感覚で膝を曲げて、アキレス腱を伸ばす感覚でじわりと伸ばします。あくまでもストレッチですので、回数を重ねるコトは目的ではありません。早紀さんのように8カウントぐらいかけて、1回1回、少しづつ下腿三頭筋を伸ばしていきましょう。確かに零れそうな方へ注視してしまいそうです