• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 26件
  • CURVY 一之瀬瞳の愛らしい腹筋

    2019-08-27 18:36  
    ヒップを100cm台にし、Cuteな小動物系の顔にグラマラスに輪をかけた一之瀬瞳さんが、女子にとっては難易度の高い腹筋に挑戦。
     
    足を押さえてもらってやる腹筋だが、押さえなしで上体を起すのは難しい。男子でもできない人がいるんじゃないだろうか。瞳さんの場合には肉体が大きくボリュームアップし、両乳房で4kgちかくを携えている。Busty系女子には反動をつけてやってもらった。反動をつけなくば、上がるワケがない。もし怪しむならば、ぜひとも首から4kgの重しを下げて腹筋を行ってもらいたい。Busty系には足の押さえなしには無理なのだ。
     
    そんな無理難題をお願いしたのが、瞳さんは嫌な顔ひとつせず、笑みを浮かべながらも腹筋に挑戦。表情に注目して欲しい。瞳さんの苦悩の顔がSEXYだ。健気でさえもある。そして笑みを浮かべようとする。
     
     





     





     
    グラマラスな身体が起し、転がり、魅
  • curvy 青山ひかるの「背筋」は重みを視認できる

    2019-08-15 17:46  
    爆乳Iカップで桃尻の青山ひかるさんは一体、どんな「背筋」を魅せてくれるのか。ひかるさんの血液型はA型。生真面目でしっかりとした筋トレを魅せてくれている。輝くグリーンのブラジリアン水着で挑戦だ。
     
    声出しのカウントは抜群。ハキハキとした勢いあるカウントがスタジオ内にこだまする。最初は横からのアングル。ひかるさんは上半身が上がりやすいようだ。重い乳房を携えているのに、重力を感じさせない跳ね上がりを魅せる。だがトップポジションに到達した瞬間、床に上半身が早く引き寄せられてしまう。重い乳房のせいで落下速度が上がっている。
     
    物理では落下速度に質量が関係ないコトは周知だろう。だが、人間で支えるとなると異なる。「背筋」の場合はトップポジションを維持するタメには腰が支点となる。「artisTV」では両の脚も上げるので、上体を空中に上げるコトは腰で下腹部と股間で床より支える。トップポジションに到達した
  • Curvy 柴咲凛の2亀でTwerk(トゥワーク)

    2019-08-07 15:50  
    明らかに人気な企画である。先月は上位10の映像の内、4つがTwerkダンス関連であった。
     
    もちろん出演しているモデルのレベルが高いコトもあるが、市民はTwerkに魅了されてしまっている。それがTwerkの主眼なのだが、強い企画だ。
     
    今回はポールダンスのレッスンを欠かさない身体能力の高いCurvy 柴咲凛さんがTwerkに初挑戦。4人目となる。「スタンド」「ミドル」「グラウンド」の3つをやってもらった。そして編集には2カメで前からも定点で撮影する、という初の試み。
     





     





     
    「スタンド」ではヒップが揺れるリズムを確認しながら探っているような感じ。大きな鏡で自身を見ながらヒップが一番揺れる動かし方を探す。2回目では要領を得たようだ。1回目よりもヒップの縦の動きが大きくなった。腰を前後するだけでなく、下に弧を描くように動くのがポイントだ。
     
     





     


  • Busty 夏来唯の背筋はCool&Sexyの300回ちかく

    2019-08-05 20:17  
    最初は10回3セットだった。「限界筋トレ」をやり始めて100回を超えるグラドルが出てきて、半年やそこらで100回超えがなんか普通になってきて。乳房が大きいBustyはただでさえハンデがあるのに、『背筋』で記録をつくって。
     
    本当にグラドルの身体能力に驚かされる。Iカップある夏来唯さん、背筋で300回ちかくに迫った。笑みを崩さずにCoolに背筋を重ねる。元バスケ部だったので、背筋も俊敏。それを淡々とストイックにこなすBodyがSexy。
     
    そう、こういう新しいSexyが欲しかった。爽やかで可愛いのはDVDに任せて、プロポーションを資本とする彼女たちの本気を収めたかった。「artisTV」にとっては限界筋トレはスポーツ。競技。だから回数を重ねるコトができるグラドルは女王。
     





     
    唯さんは高難度「サイドブリッヂ・レッグオープン」で女王に輝いた。だが背筋は及ばなかった。女王はBoo
  • 爆乳Iカップで101cm巨桃尻なCurvy グラドル・一之瀬瞳のTwerk

    2019-07-19 19:40  
    ヒップを100cmの大台に成長させた爆乳Iカップ、グラマラスなCurvy グラドル・一之瀬瞳さんがトレンドのダンス「Twerk」に初挑戦。 元々、特技にジャズダンスを挙げる瞳さんはジャズとの違いに戸惑いながらも見事、踊りきった。
     
    衣装は、巨桃尻を持つ瞳さんが動かす筋肉の動きがわかるブラジリアン。黒の水着と、色白な肌のコントラストが市民の瞳を惹きつける。
     
    Stand・Middle・Groundの3つのスタイルで、それぞれゆっくりと早いのを魅せつけて誘惑。1つめのStandではジャズダンスの経験を活かす。リズムに合わせ、しっかりと臀部の筋肉を揺らす。上半身をしっかりと固定することで徐々に筋肉が反応している。





     
     
    2つめのGroundでは純粋に臀部の動きに注力。瞳さんはグイグイッと力強く引き上げる一面も。迫力のあるヒップの動きがよく解る。





     
     
    3つ目Middl
  • Curvy 青山ひかるのお尻浮かしは三重苦

    2019-07-18 19:17  
    肩を地につけて、お尻を持ち上げる「ショルダーブリッジ」。メインは臀部を引き締めて、垂れないようにすることができる。他にも背筋に響き、無駄な背中の肉をそぎ落とす。脚にも負荷がかかるので、美しい御御足へと近づくことができる。
     
    挑戦したのは青山ひかる。通常の女子とは異なり、華奢な身体に大きなIカップの乳房と明らかに腰との差が分かる桃尻を携えている。





     





     
    臀部を中心にして、身体を持ち上げるのだが、ひかるさんの腰は大きな桃尻を持ち上げ、ゆっくりと下げなければならない。そして身体を上に上げる度に、何キロもある乳房の動きある重みでバランスを取らなければならない。細い腰に大きな乳房と臀部。この三重苦を乗り越えたのが、ひかるさんだ。しっかりと安定した筋トレを魅せてくれた。
     
     





     
    ひかるさんの美しいストイックさを確認されたい。
  • Busty あさいあみの限界背筋

    2019-07-09 14:25  
    気合いと根性だけならば、G界で一番かもしれません。爆乳Iカップのあさいあみが今度は背筋を魅せてくれます。きゅうすたの背筋は上体を起すと同時に両脚も上げます。上がった頭の位置と上がった足の裏の位置が同じ高さだと美しい背筋となります。あみさんは残念ながら、あまり両脚を上に上げるコトが難しかったようです。だがしかし、それを補うぐらいの「限界筋トレ」を魅せてくれました。「限界筋トレ」は、文字通り自身の体力、筋力、気力の限界に挑戦するもの。今回はあみさんの限界な背筋です。上体を上げる際のあみさんの鎖骨、首筋、肩の裏、真ん中の背中の筋がポイントです。下半身は両脚を上げる際の大殿筋の緊張と弛緩、張り詰めた太腿、美しい脹脛、足の親指がポイントです。
  • Curvy 高梨れいの食み出しそうな腕立て伏せ

    2019-07-06 16:51  
    高梨れいさんが最初に挑んだ筋トレは、Bustyに高難易度の腕立て伏せ。
     
    女神たるゆえんは、身長162cmとモデルのようなスタイルに小さな頭、目と口が大きくエキゾチックな顔に細長い首、華奢な骨格にボリュームある爆乳Iカップと女性らしい腰回り、そして太腿はしっかりで脚の長さ。髪質もしっとりした感がエロティックだからだ。そんな可能性ある、れいさんが「限界筋トレ」で新たな記録をマークした。HIME.City以来、誰も超えられなかった、前女王・あさいあみさんの30回を3回上回った。膝を付けないでやるほうでだ!同じ爆乳Iカップであった点も興味深い。れいさんは本番前、控え目な良い女感出ている女性だった。男の3歩後ろ、の感じだ。だが本番に入ると集中力が増した。眼の奥に何か力強いエナジーを感じた。「限界筋トレ」の前は10回を2セットやっている。何か感覚を探っているようだった。「限界筋トレ」前には身体の隅
  • Busty 渡辺さとみ(ふわみん)の重め深めのグラドル用スクワット

    2019-06-29 14:46  
    公称ではIカップだが、実質的な容量はJカップある渡辺さとみ(ふわみん)さん。ハーフというコトもあって胸もお尻も大きいのに、ベビフェな希少グラドルのひとり。そんな、さとみさんが挑戦するスクワットは深め。ロケ時にインストラクターが教えた深めのスクワットを何度も挑戦をして型をつくった。きゅうすたのスクワットは、あくまでもグラドル向け。各作品では小さめの水着を着ているが、実際にイベントなどで登場する時には、たいてい水着が大きい。そのタメに貧相に見えない身体づくりが大切。作品を見て来たものの、「思った以上にボリュームがないな。」と思うユーザは多い。下半身をしっかりとジムじゃない自宅などで鍛えるタメには、このグラドル用スクワットが欠かせない。ヒップアップもし、同時に太腿もふくよかに、そしてふくらはぎは細めにと。そしてもう一つは、上半身。雑誌の表紙でもよくある腕上げ(脇見せ)。これが綺麗か、どうかはグラ
  • Curvy 青山ひかるのキャット&カウはウェストを締める

    2019-06-26 14:18  
    キャット&カウです。青山ひかるさんがやってくれました。今回の方がヨガ的には正しいキャット&カウです。
    四つん這いのキャットで息を吸い込み、背中を丸めるカウで息を吐き切ります。ポイントは四つん這いで斜め45°を見るようにして、背中を丸める時はおへそを見る感じにします。
     
    ヨガは痩せます。その大きな理由が、この大きな呼吸です。呼吸の順番は呼ぶ(吐く)が最初。吸うが最初ではないんですね。重要なのも呼ぶ。肺の中、お腹の底にある空気を出し切る。その分だけ、吸うは意識せずに自動的に必要な量だけ身体に入っていきます。つまり吐く、という行為が弱い人が太りやすいともいえるんですね。ひかるさんのキャット&カウの呼吸音を聞いてください。しっかりと出し切っているコトが分かるハズです。
    簡単そうに見えて意外とできない人、多いんですよ。プロポーションの要はウェスト。ここが締まっているか、いないかが重要ですよね。日常