• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 15件
  • Curvy 桐山瑠衣の一見普通だが美しい筋肉美がわかるタオル上げ

    2019-08-09 16:27  
    ただタオルを両手に持って頭上に上げる。シンプルながらも女子の身体づくりには欠かせない筋トレ。正座をしてやるので、下半身の安定感造り(ヒップアップ)や背中の溝造り、バストアップ、ウェストの引き締めなどのたくさんの効果を与えてくれる。
     





     





     
    挑戦したのは桐山るい。この日のために身体を造り上げてきました。美しい身体を造るのは様々な筋肉が付いているからだと感じさせてくれる動画でしょう。ポイントはるいさんのようにタオルをゆっくりと上げること。早いとダメなんですね~。
     





     





     
    現代人は横隔膜がやたらと下がっています。横隔膜が下がっていますとお腹が前に出やすいですし、体型が崩れる大きな理由となってしまいます。ですので、このタオル上げでは横隔膜も一緒に上に上げることを意識しましょう。
     





     





     
     
    「きゅうすた」でしか観れないTバック
  • Busty 結城ちか「バラドヴャジャのねじり」の色気

    2019-07-29 13:06  
    バラドヴァジャのねじり。このヨガのセラピー効果はストレス。背中に影響を与えます。背骨や肩、腰のストレッチ。腹痛や首の痛みにも効果があるといわれています。消化機能の改善も美容を重視する女子には良いですね。
     
    やってもらったのは、爆乳Jカップで9枚目のDVDも出したばかりの結城ちかさん。Twitterのフォロワ数も2万を超えて、着々と人気を上げてきています。Jカップのグラビアは、まだまだ少ないですからね。しかも、ちかさんには若さがある。まだ20歳です。
     





     





     
     
    そんな、ぴちぴち肌のむっちりなちかさんがやった「バラドヴァジャのねじり」。けっこう難しいです。まず両脚をまっすぐ伸ばして、右のお尻に体重をのせてから両の膝を左へ曲げます。両足は左の腰あたりになります。そして左足首を右足の土踏まずに乗せるんですね~。
     





     





     





     
     
    息を吸い
  • Curvy 桐山瑠衣のストイック&Erosなバックキック

    2019-07-14 18:52  
    でもバックキックは人気。それは女性の美しさが滲み出ているからではないのか。肘を地面につき、四つん這いの状態から脚を空中高く蹴り上げる。きっとモデルや女優達のSNSの筋トレ動画も、そういったストイックさを見たいがタメにシェア数が上がる。男女ともに惹きつけるのだろう。
     





     





     
    そう、筋トレをしている女子はSEXYだ。女子のほうが、それに早く気付き広がっている。男子の筋トレ姿は需要が少ない。そういったSNSの筋トレ動画は、圧倒的にモデル体型の非Bustyが多い。絶対数の問題でもあるが、まずやれる女子がいない。理由は単純、乳房が思った以上に重いからだ。
     





     





     
    桐山るいさんもJカップある爆乳。いったい片方で何キロあるだろうか。もともと小柄なので、上半身にかかる負担は想像できるだろうか。お米何キロを背中に引っ掛けながらバックキックをやるのだ。お尻の方も
  • Curvy 叶夢が2度目の腕立てに挑戦、今回は100回超

    2019-07-03 17:25  
    衣裳は競泳水着のタイプで、流行のシースルー。黒で大人な雰囲気だ。しっかりとハイレグでもあり、ちゃんとTバック。胸も流行のデザイン二ップレスで夢さんのSEXYさを増長させている。
    前回は広めのスタジオで撮ったが、今回は狭めの部屋に黒い空間をつくりだし、集中できるようにした点が功を奏したかもしれません。

    指先は揃えずに今回は開き気味で、握力をばっちし使った。脚の甲も真っ直ぐだったものを足の指を上げ、ふくらはぎと太腿の裏に力が込められるように変えた。
    正面から見ると、眼差しには鋭い光りもあった。ストイックな女性のみがもつ眼光。モデルさんたちが放つ、あの眼光だ。

    だが限界に近づくにつれ、身体、特に臀部周辺が震え始める。腕はなく、臀部周辺である点がポイントだろう。ヒップも100cmあるので、膝のみで支え続けるコトがいかに困難であるかは、男子には分かるまい。
    だからこそ、夢さんのSEXYと情熱を観
  • Curvy 桐山瑠衣のキャバ嬢シリーズ第2弾を配信

    2019-07-01 17:18  
    爆乳Jカップで100cm近い巨桃尻の桐山瑠衣さんがキャバ嬢が着るような、身体にフィットするドレスを纏うシリーズの第二弾を配信開始しました。今回は前回と異なりソファーの上での雅。グラビアのDVDで鍛えた四肢の艶めかしい動かし方にドレスがまとわりつきます。
     
    ぱんぱんにドレスが張った乳房のフォーカスは圧巻で、どんな男性でも視線が行ってしまうコトでしょう。ポイントは眼差しと唇です。緩やかに動く、その二つは瑠衣さんのゾーンへ誘います。乳房の奥に見える桃尻のカーヴも見所です。
     
    締まった御御足を上げるシーンでは、腋窩(えきか)の筋肉の筋がハッキリと見え、瑠衣さんの脚の美しさの証しとなっているコトでしょう。
     
     
    終盤は瑠衣さんの自慢の桃尻です。薄手のドレスが、その実り締まった湾曲を体現します。ただし、ポイントはそこだけではありません。鍛えられた背中の美しい筋と優しくも綺麗な方のラインが一つの絵
  • Busty 渡辺さとみ(ふわみん)の重め深めのグラドル用スクワット

    2019-06-29 14:46  
    公称ではIカップだが、実質的な容量はJカップある渡辺さとみ(ふわみん)さん。ハーフというコトもあって胸もお尻も大きいのに、ベビフェな希少グラドルのひとり。そんな、さとみさんが挑戦するスクワットは深め。ロケ時にインストラクターが教えた深めのスクワットを何度も挑戦をして型をつくった。きゅうすたのスクワットは、あくまでもグラドル向け。各作品では小さめの水着を着ているが、実際にイベントなどで登場する時には、たいてい水着が大きい。そのタメに貧相に見えない身体づくりが大切。作品を見て来たものの、「思った以上にボリュームがないな。」と思うユーザは多い。下半身をしっかりとジムじゃない自宅などで鍛えるタメには、このグラドル用スクワットが欠かせない。ヒップアップもし、同時に太腿もふくよかに、そしてふくらはぎは細めにと。そしてもう一つは、上半身。雑誌の表紙でもよくある腕上げ(脇見せ)。これが綺麗か、どうかはグラ
  • 嗚呼、Busty女子にダダこねされたい!結城ちかが叶える

    2019-06-24 22:36  
    さあ、紳士諸君、Busty女子にダダをこねられてますか?なんと、ダダをこねられたコトがないっ。それはイケません。ダダをこねるのは女子の特権。そんな貴重な体験を疑似でしよう。
    イマドキの女子は、なかなかダダをこねてくれないのも事実。しかもBusty女子がビキニ姿でダダをこねてくれる。そんな姿でお願いをされても貴方は屈しないのか?ダダを撥ね退けるのか?
     ならぬ。それはならぬ。ダダをこねる側もけっこう勇気がいるものです。奥手なBusty女子なら尚更。ですから、Busty女子がダダをこねてくれたら、その光景を愉しみながらも受け入れて上げる心の大きさをみせよう。
    そんな貴重なダダを今回、やってくれたのは、爆乳Jカップの結城ちかさんだ。バンドゥ水着でダダ。しかもマウントポジションという完全に上から目線でダダを実施。「やだ」なのか「まだ」なのか、どっちともとれる発音で貴方を上から苦しめる。
    ちかさんは
  • BUSTY 柳瀬早紀が伸ばす上腕三頭筋

    2019-06-23 20:59  
    実質Kカップの容量があるBusty 柳瀬早紀さんのストレッチ『上腕三頭筋』。この実質というのは、叶姉妹がNYにてオーダードレスを作る際に採寸する方法。トップとアンダーだけの数字では正確なカップ数が得れないというもの。
     
    早紀さんが行った上腕三頭筋のストレッチは、あぐらの状態から両腕を頭上に上げ、頭の後ろで片方の肘を持ち、腕の筋肉を伸ばすもの。腕を使う筋トレをする前や筋トレをした後に行う。Busty女子には凝りやすい肩周辺と脇周辺をほぐす効果もある。
     
    特に脇周辺は重要だ。Busty女子は、乳房の重みから脇周辺のリンパに老廃物が溜まりやすい。最悪の場合には乳がんにまで及んでしまう。だから腕のストレッチをしながら、Busty女子は早紀さんのように脇のストレッチを大いに行い。脇周辺のリンパを全体的にほぐし、酸素を送る。これも早紀さんのようにカウントをして呼吸しながら、ストレッチする。無呼吸だ
  • Curvy 桐山瑠衣(るい)のお尻をぷりっとさせる、ゆっくり丁寧なTバック スクワット.1

    2019-06-21 19:36  
    スクワットは早くやるか、遅くやるかで効果が違う。例えば、お尻をぷりっとさせたい女子ならば、スクワットはゆっくり深いほうが良い。早くやってしまうと、早筋が鍛えられてしまい、お尻が縦に細くなってしまう。そして、太腿が細くなって間の隙間が広くなってしまう。モデル体型だと男子が飽き易い統計が出ている。昨今のむっちりブームは、むっちりとした太腿のほうがリピートされやすいという背景からきている。愛され続けられる女子になりたいなら、スクワットで太腿をむっちり、お尻に張りを与えて、垂れてないほうが良い。そのためには、今回挑んだ桐山るいさんのように、ゆっくり深めが良い。これで遅筋が鍛えられる。早筋は細く、遅筋は太くなると覚えておこう。るいさんはTバックでスクワットをやってくれたので、どのあたりの筋肉が使われているかが分かり易い。筋トレは意識をしながら行ったほうが効果が高い。ながら筋トレはお勧めできない。るい
  • 上下の高低差は共に30cm超のCurvy・叶夢が高難易度のサイドブリッヂレッグオープン

    2019-06-20 22:04  
    胸囲が97のJカップ、胴囲は64.5cm、そして腰囲は100cmの新人グラマラスBody・叶夢さんが筋トレに参戦。上は32.5cm、下は35.5cmの高低差と共に30cmを超えている。驚異的だ。
     
    この日のタメに夢さんはびっちりと身体を仕上げてきた。いつものポニーテールに黒のGストリング変形ワンピースと蛍光ピンクのTバックという超攻撃的な衣裳で挑戦。いつでも乳房は零れそうで、夢さんの筋肉質な臀部は大いに主張している。存在だけで紳士が悦ぶ。最初の種目は高難易度の『サイドブリッヂレッグオープン』。今までではCurvy・雨宮留菜さんとBusty・夏来唯さんしかできなかった。夢さんで3人目の挑戦となる。最初は2セット。左右10回ずつ。正面からのショットですぐに分かると思うが、夢さんの太腿の筋肉がハンパない。豊かな乳房から腰、お尻からの腿のラインが美しい。正にハイレグが似合う体型。しかも笑顔。やは