• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 10件
  • Curvy 桐山瑠衣のストイック&Erosなバックキック

    2019-07-14 18:52  
    でもバックキックは人気。それは女性の美しさが滲み出ているからではないのか。肘を地面につき、四つん這いの状態から脚を空中高く蹴り上げる。きっとモデルや女優達のSNSの筋トレ動画も、そういったストイックさを見たいがタメにシェア数が上がる。男女ともに惹きつけるのだろう。
     





     





     
    そう、筋トレをしている女子はSEXYだ。女子のほうが、それに早く気付き広がっている。男子の筋トレ姿は需要が少ない。そういったSNSの筋トレ動画は、圧倒的にモデル体型の非Bustyが多い。絶対数の問題でもあるが、まずやれる女子がいない。理由は単純、乳房が思った以上に重いからだ。
     





     





     
    桐山るいさんもJカップある爆乳。いったい片方で何キロあるだろうか。もともと小柄なので、上半身にかかる負担は想像できるだろうか。お米何キロを背中に引っ掛けながらバックキックをやるのだ。お尻の方も
  • busty 葉月佐和が魅せた渾身のバックキックで800回超

    2019-07-04 16:22  
    葉月佐和さんがアイドル魂を魅せつけた。筋トレ最後の種目「バックキック」で、なんと800回を超える記録を達成。見事、「バックキック」で女王を奪取した。だが実際はプロダクションが佐和さんの身体を思いやってのマネージャSTOP。本人は1,000回を目指していた。
     
    この記録的な勇姿をしっかりと押さえた映像は貴重なハズだ。時間にして30分以上も脚を蹴り上げ続ける。上体を支える肘も腕も、結構なほどに痺れていただろう。正直、100回未満で既に息切れの様子をみせていた佐和さん。ロケ班も続くとは思わず、300回くらいから動きが安定してきた。
     
    だが癖は隠せない。佐和さんの利き尻は左の臀部。なので脚を交互に蹴り上げ続けていると、次第と左に寄っていってしまうのだ。佐和さんは、それを察知してマットの真ん中に戻るように修正を試みるも酸欠のせいだろうか、カウントアップで数が分からなくなり始め、なかなか真ん中に
  • Booty ユウの全方位◎のバックキック

    2019-06-25 17:56  
    ウェストは58cm、ヒップは96cmと高低差は略、40cmの真性括れと巨桃尻をもつユウさん。ヒップの数字が大きいだけでは美尻とはならない。アマチュアモデルとしては日本屈指の美しい臀部を携えるのが、ユウさんだ。
     
    最後に限界へ挑んだ筋トレは『バックキック』。
    高低差を大いに堪能できる種目だ。真横、斜め上、略真上、斜め後ろからユウさんの脚を蹴り上げる美を押さえた。
     
    マスクをしている分、蹴り上げに集中できる。右を連続10回、左を連続10回。トップスはウェストの上の方で絞り、ユウさんのか細い腰、美しく実った餅のような臀部、そして魅惑的な太腿をじっくりと眺めれる。その腰と巨桃尻だと、脚の蹴り上げの際にまるでツイストをしているような動きになり、その度に蹴り上げた方の臀部が隆起し、深い谷間を形成する。照明の位置にも気をつけた。ボトムスもサイドはクリア素材にしているので、ユウさんの肌を邪魔するコトな
  • Curvy 雨宮留菜のSEXYバックキック

    2019-06-25 16:31  
    筋トレの種目の中で人気が高いのが、スクワットと今回のバックキック。挑戦するのは巨乳Hカップで桃尻な小っちゃい女王様の雨宮留菜。髪は高めのポニーテールなのでしっかりと顔のラインが観れます。自慢の桃尻は白のTバックで色んな角度から撮影しました。だがしかし、注目するべきポイントは御御足を蹴り上げる角度と美しさです。ほぼ斜め45度に蹴り上げるコトはとても難しいのですね~。みんながみんな、綺麗に脚を45度できるワケではありません。これを達成するには、まず体幹。四つん這いから片方の脚を地面から離しますので、残りの三点できちっと身体を支える必要があります。
    自身の体重がかかるので、自重筋トレがベースがですね。その安定した状態から、脚を斜め後ろにびしっと蹴り上げる。背筋、太腿、足の親指に神経が注がれます。そして最高点で固定。脚を戻す際には腹筋と大臀筋の持久力が必要となります。
    こうやってみますと、肩や腕の
  • 美し過ぎるお尻のBooty 璃乃のバックキック500回に肉薄

    2019-06-22 20:38  
    グラビア界で最も美しい臀部をもつ一人の璃乃さんがバックキックで女王に輝いた。だが、カウントミスで数字を重ねることができなかった。これが「限界筋トレ」の怖いところだ。身体はついていくが、カウントアップを口にしながらヤっていくと、途中で分からなくなってしまう。数々の「限界筋トレ」を観た市民ならば、知っているだろう。必死にヤっていると、本当に簡単なカウントアップが分からなくなる。
    ただし璃乃さんは、類い希な臀部と太腿と脹脛の魅力を存分に伝えられたのではないだろうか。手前2回のバックキックは片脚で10回連続ヤってから、反対の脚で10回重ねる。それを2セット。「限界筋トレ」は1回1回、左右交互に脚を蹴り上げる。
     
    お尻には利き手のように利き尻がある。脚を組む際に上になりやすい側が、そうだ。その観点だと、璃乃さんの脚の蹴り上げで臀部の筋肉の緊張と弛緩を、片側連続の方が確認しやすいだろう。脚の角度や太
  • busty&Booty 南野さらが連続3ケタのバックキック

    2019-06-19 14:21  
    巨乳Gカップで巨尻の南野さらさんです。おめでとうございっます!3桁ですよ、3桁!!グラマラス女子は気合いが違いますよね。伊達にグラマー系じゃないっ!!ポテンシャル、ポテンシャル。
     
    バックキックは左右交互に「限界筋トレ」に挑んでもらいます。角度の制限があるんです。45°をベストに、どちらかの脚が45°を下回って、25°も脚を上げれなくなってしまったら強制終了です。
     
    さてさて、さらさんは胸も大きくお尻も大きい。既にハンデがありますね~。太腿もしっかりタイプなので、片脚といえども45°に上げ続けるコトは困難です。両肘や両肩、肩膝、背筋、腹筋、そして太腿に負荷がかかって、じわりじわりと肉体の体力を蝕んでいきます。しかし、さらさん城東生まれの根性をみせます。Tバックである分、衣類の摩擦係数は最小限に脚を蹴り上げ続けます。更にこの「限界筋トレ」はご存じのようにカウントしなければならないんですよ
  • 美脚Booty 凛々奏の切ないバックキック

    2019-06-19 00:43  
    括れ巨桃尻の凛々奏さん。最後の筋トレ種目はバックキックに挑戦。
    凛々奏さんのバックキックはしっかりきっちり上げるタイプ。その為、一回足を上げる度、重みを感じる。Bootyな凛々奏さんの101㎝臀部はそこらの女子よりも遥かに重い。
     
    脚を上げると凛々奏さんの臀部の厚みが良くわかる。臀部中部から下部にかけて、厚みが伝わるだろうか。この厚みが凛々奏さんの巨桃尻だ。限界筋トレでは500回を超える脚の上げ下げを行った。真剣な眼差しで取り組む凛々奏さん。彼女のバックキックから、ストイックさが伝わってくる。
  • busty 草野綾が限界筋トレに参戦!バックキックから

    2019-06-16 18:47  
    週プレの「新人グラドル次世代ボイン番付」に入った草野綾さんが限界筋トレに参戦。 お洒落なスポーツウェアでバックキック、腹筋と背筋に挑んだ。先ずはバックキックから。綾さんのバックキックは徐々に目付きが鋭くなっていく。美形な綾さんのフェイスアップを多くした。
    200回に迫る辺りから徐々に綾さんのに赤みがかっていく。300回後半にから綾さんの瞳に変化があった。500回以降、顔だけでなく胸元・腕まで赤くなっていく。
     また、しっかりと脚を伸ばすことで、綾さんの背筋の美しさも確認できた。一つの事に熱中する綾さんの限界を捉えた。

  • busty & Booty 天草七美が魅せるハイパワーなTバックの脚蹴り上げは3桁

    2019-06-16 10:26  
    G界でNo.1の巨尻をもつ天草七美さんの本領的な筋トレ、「バックキック」。しかも、しっかりと実った特大の桃尻。横から見て脚を斜め45°に蹴り上げる筋トレですが、正に大臀筋と太腿のパワーが重要となります。七美さんの下半身はパワーがありますので、時として斜め45°ではなく90°近くまで脚が上がります。脚を蹴り上げる度に揺れる大臀筋を視認できるでしょう。左から10回、続けて右で10回。きゅうすたの中でも人気の高い種目です。真後ろからのショットでは無論、迫力ある蹴り上げを体感できます。とっさに避けてしまいそうな圧です。豹柄のTバックに気をとられていると、「おおっ。」と顔を避けてしまいますよ。それぐらい七美さんの足の裏が迫ります。股間のほうは、そんな激しく動く脚で画的に大丈夫なのか、そんなファンの方の心配も問題ありません。なぜならば、七美さんの臀部は非常に大きく肉厚があるために、股間を挟み込むほどに
  • Busty 来栖あこ(Aco)が重みに逆らい、バックキックで150回を超える

    2019-06-07 18:58  
    胸囲110cmのKカップ。1房で3kg程度、2房で6kg。そんなハンデを胸に下げながら、来栖あこさんが「バックキック」で150回を超えた。大爆乳でも筋トレをしっかりやれるコトをあこさんは証明した。胸が大きいから運動神経、運動能力が悪い。そんな思い込みを剥ぎ取るタメにBustyたちに「限界筋トレ」をお願いしている。確かにBusty女子は一見、普通よりも遅めだが、だからといって運動能力が低いワケではないのだ。
     
    あこさんの「バックキック」は切れ味がある。上半身を固めて、脚を45°で蹴り出す。しゅびっと聞こえそうなエッヂだ。トップポジションではぴんと脚が張っている。下半身を支える肩膝も、思った以上に安定感がある。ブレない。体幹が整っている証しだ。見た目で判断してはならない。「限界筋トレ」では、あこさんの集中力の高さを視認できるだろう。あこさんのスタイルは、かなり神経を研ぎ澄ます。両の手のポジシ