• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 8件
  • Curvy 本多希が腕立てAで新女王

    2019-09-02 10:07  
    巨乳Hカップで括れて桃尻というCurvy体型のグラドルで女優の本多希さんが、『腕立て伏せA』で新女王となった。同じくCurvy 柴咲凛さんの60回を10回以上、上回って73回!Bustyで細身のウェストというハンデを乗り越えて快挙だ。
     
     
    ウェストは本当に58cm。グラビアでよくあるだいたい、その夢のある数字ではなく、本物。腕立て伏せはウェストを一直線にキープできるか、どうかが重要。希さんの場合はHカップなので両房で3kgを携えている。そして一般女子よりも実った桃尻には、それなりの重量がある。この重しといえる巨乳・桃尻を真ん中で支えるのが、58cm。
     
    イメージできるだろうか。それがどれだけ大変なコトなのか。
     





     





     
    腕立てには膝つきもあるが、希さんは自ら膝をつかない、つまり負担が大きい方を選んだ。そして「限界筋トレ」で最早、根性だろうが、女王をまくったのだ。
  • 清水あいりのCuteな腕立て伏せ

    2019-07-22 17:20  
    女優さんも「限界筋トレ」に挑戦です。清水あいりさんの最初の種目は腕立て伏せ。女子が最も嫌う種目の1つです。特にBustyともなれば、腕立てが好きな女子に出逢ったコトがない!ただ今回はですねー、あいりさんは回数を狙いにきたんですよ。ですので、膝突きでの腕立て伏せとなります。
     





     
    四つん這いになり、片方の足を他方の足首に乗せて負荷をかけます。もちろん、足は浮かします。キツそうですねー。男子はそうでもないかも知れませんが、女子はキツいですよ。充分に。そして、あいりさんがやるんですからね。ファンの方は知っていますよね、あいりさんの腕の細さ。白肌も相俟って、力こぶとかあるのかないのか。いや、あいりさんの腕のどこに筋肉があるのか。見たコトありますか?
     





     





     
    いやね、あいりさん、大臀筋はお顔に似合わず、結構あるんですよ。女優さんなので、ハードな衣裳ではありませんが
  • グラビア界一の巨桃尻を魅せつけ、BOOTY 天草七美が見つめ続ける

    2019-07-10 16:13  
    新企画の「見つめマス。」を最初に挑んだのは天草七美さん。あの倉持由香さんの腰囲を超えて尺、ボリュームともにグラビア界一の巨尻を有する七美さん。豹柄のTバックでこれ見よがしに挑発する。そんな企画。
     
    3つのシチュエーションで七美さんが貴方を見つめ続ける。シンプルなようで見ている側は照れ臭さや羞恥心、はたまた背徳感さえも胸の奥に広がっていくだろう。初心者は壁を乗り越えなければならない。その壁は人によって高くもあり、厚くもある。乗り越えるべきかどうか、悩むのだ。だが乗り越えた者は強い。まさに壁の向こう側に行けるのだ。新しい自分を発見することができ、導いてくれた七美さんへ尊ぶ気持ちさえ芽生えてくる。その願いは全てを許容し、悦を獲得できる。男は見つめられるだけで高みにいける。
  • busty 和地つかさのしっとり大腿四頭筋伸ばし

    2019-07-07 10:17  
    大腿四頭筋。それは太腿を構成する四つの筋肉のコトだ。具体的には大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋を指す。女子の太腿は特殊で光りを放つ。実際に光りを放つワケではなく、肌のキメの細やかさや適度な筋肉と柔軟性により、まるで太腿から光りを放っているように見えるというもの。
    この太腿をちゃんとストレッチしていないと、太腿は光らない。形が良いだけではダメだ。太腿を光らせる。和地つかささんはプロのグラビアモデルなので、きっちりと光らせる。最近のグラドルは身体のメンテナンスが悪く、太腿が光らないグラドルも多い。大腿四頭筋を伸ばす、つかささんは独特の色気をここでも出してしまう。正に見とれてしまうレベルであろう。もしも、つかささんが目の前で大腿四頭筋を伸ばしていたら、奮い立たないほうがおかしいのではないか、と勘違いしてしまう程の綺麗さ。しっとり見とれてもらいたい。
  • あんまりそわそわしないで、busty 清水あいりの愛らしい飲みっぷり

    2019-06-25 20:49  
    「飲みマス。」て愛らしい。きっと彼女の最初の言葉で、そう思うだろう。清水あいりさん。予想とは異なり、ホールディングは五本の指と掌で圧着固定。だが飲み姿は、お品良く顔を上に傾けずに下からのアプローチ。下唇で飲み口を押さえて、上唇を中に入れる。
     
    水を飲み込む音は「こきゅこきゅ。」と擬音語。時折、ハードに飲み込む。これもまた意外性なり。それを契機に顎を上げ始める。目を瞑り、水を流し込むことに集中していく。脇から水滴が滴る。
     喉が細いので休憩を1秒ほど挟む。その時に息がボトルに吹き込まれる。握り直して肘を安定させてラストスパートへと挑む。小指はやや立ち、ボトルから離れる。同時に人差し指と中指も離れた。お姉さん指と親指で支えている。
    あいりさんは、こちらに目をやった。真っ直ぐとした眼差しは黒く、映像を一時停止しても美しい惹き込みを確認できる。フェイスラインのシャープさに華奢な喉のコントラスト。
  • Curvy 本多希が高難易度のサイドBレッグオープン

    2019-06-22 10:20  
    「限界筋トレ」に新たな挑戦者だ。
    胸囲が90cmのHカップで胴囲は58cm、そして腰囲は86cmだが桃尻。高低差は上が32cmで下は28cmとCurvy体型の本多希さん。グラビア以外にも女優、声優、フラワーデザイナー、管理栄養士と多才な顔をもつ。
     
    そんな希さんが指定してきた高難易度の筋トレ種目『サイドブリッヂレッグオープン』Curvy 叶夢さんの63回を20回以上も上回り、左右合計89回の新女王になった。素晴らしい体幹の持ち主なのだ。艶っぽいメイクが印象的な希さんは、ポニーテールにWild Cat柄のマイクロビキニと美プロポーションを圧倒的に魅せつける衣裳。Hカップはおよそ3kgの重さ。臀部はぺたんっとしておらず、ぷりっと膨れている桃尻。こちらは一体、何kgあるのだろうか。そして何といっても腰が50cm台。そんな細い真ん中でサイドブリッヂをやろうと言ってきたのだから、半信半疑。胸も尻も
  • busty 清水あいりがショルダーブリッヂ!

    2019-06-17 22:38  
    グラビアモデルながら映画出演女優としての根性を魅せた。巨乳Hカップの清水あいりさんが腰を上げて臀部を締める「ショルダーブリッジ」で連続200回を超えて、新女王に輝いた。それまでのNo.1は千葉えりかさん。およそ、えりかさんの3倍の回数を重ねた。
     
    頭、肩、腕、足を床にしっかりとつけて、腰を持ち上げて臀部をびっちりと引き締めて、股間周辺や垂れ防止に有効な「ショルダーブリッジ」を、あいりさんはか細い身体ながらも丁寧なフォームを維持。足首や脹脛、手には力が籠っているのが分かる。カウントアップの声色もできるだけ変わらないように1回1回刻んでいく。あいりさんの実直な性格が正に反映されている筋トレだ。表情も崩さずに堪えるが、回数を重ねていく毎に、徐々に徐々に顔の筋肉の緊張と弛緩、つまり痙攣を押さえた。じっと堪えている。そんな感じだ。身体がか細く、痙攣の幅が少ないタメ、ようく見ないと視認できないが、1
  • busty & Booty 天草七美が魅せるハイパワーなTバックの脚蹴り上げは3桁

    2019-06-16 10:26  
    G界でNo.1の巨尻をもつ天草七美さんの本領的な筋トレ、「バックキック」。しかも、しっかりと実った特大の桃尻。横から見て脚を斜め45°に蹴り上げる筋トレですが、正に大臀筋と太腿のパワーが重要となります。七美さんの下半身はパワーがありますので、時として斜め45°ではなく90°近くまで脚が上がります。脚を蹴り上げる度に揺れる大臀筋を視認できるでしょう。左から10回、続けて右で10回。きゅうすたの中でも人気の高い種目です。真後ろからのショットでは無論、迫力ある蹴り上げを体感できます。とっさに避けてしまいそうな圧です。豹柄のTバックに気をとられていると、「おおっ。」と顔を避けてしまいますよ。それぐらい七美さんの足の裏が迫ります。股間のほうは、そんな激しく動く脚で画的に大丈夫なのか、そんなファンの方の心配も問題ありません。なぜならば、七美さんの臀部は非常に大きく肉厚があるために、股間を挟み込むほどに