• このエントリーをはてなブックマークに追加
ウミガメを探して。大海原の冒険旅行
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ウミガメを探して。大海原の冒険旅行

2014-04-30 08:00
    年々減り続けているウミガメ。普段は観ることのできない遠い存在の生き物だと思っていませんか? 実は、このウミガメに出会える素敵な冒険の旅があります。

    クルーズでウミガメ探し

    その舞台は種子島。種子島で活動するNPO法人タートルクルーが主催する「自然体験ヨットツアー」では、実際に種子島からクルーズ船で大海原へ。さまざまな海洋自然体験ができます。

    あまり知られていませんが、種子島は日本で2番目にウミガメの産卵が多いところ。毎年約1000 〜 2000頭のウミガメが産卵のために太平洋を渡って種子島へきています。そしてまた、日本一ウミガメの産卵が多いとされる屋久島へ向かうウミガメたちの通り路でもあるんです。

    海の上から、島に沈む美しい夕陽と満天の星空を

    この「自然体験ヨットツアー」にはいくつかの海洋体験ツアーがありますが、この時期おすすめなのは「夕暮れナイト乗船コース(乗船3時間)」。夕方に種子島をクルーズ船で出発し、日没までウミガメ探しと船の体験操縦

    種子島に沈む夕日を海から眺め、そして、星空のもと船上にて夕食をいただきます。

    船上から、日本に沈む夕陽を眺めるひととき

    このツアーを主催しているタートルクルー代表の久米満晴さんはウミガメ写真家であり、ウミガメ保護活動家でもあります。運がよければ、久米さんが紙芝居ならぬ「カメ芝居」をしてくれるかもしれません。

    カメ芝居では、日本や世界の海やウミガメと取り巻く環境について詳しく知ることができます。自然を学んで感じ、太陽や月とも仲良くなる体験になりそうですね。

    大切な人、大切な仲間と一緒にいけば、かけがえのない思い出になりそう。

    地産地消の島、種子島

    その他にも、種子島には魅力がたくさんあります。釣りやサーフィンなどのアクティビティも盛んで、本土の海岸ほど人が混み合っていないので、初心者でも楽しめると思います。

    また以前訪れた際、チェーン展開をしているファーストフード店やファミリーレストランなどは一つもありませんでした。地産地消、自給自足。みな、そういった営みを当たり前にしている印象が強く残っています。種子島ならでは料理が食べられる美味しいお店を探してみるのも楽しいですよ。

    自然だけでなく、食も人も普段都会にいると見えなかったことを教えてくれそうです。

    All photos by MITSUHARU KUME

    [自然体験ヨットツアー]
    夕暮れナイト乗船コース(乗船3時間)
    時間:17:00〜21:00頃
    料金:大人12,000円、高校生以下6,000円(税別)
    電話:0997-27-0050

    RSSブログ情報:http://www.mylohas.net/2014/04/037693tanegashima.html
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。