• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 33件
  • 年収1500万ドル!! 歩くビッグビジネスGSP ■北米通信『MMA UNLEASHED』

    2012-11-30 18:16  
    103pt
    先だってのUFC154でカルロス・コンディットに勝利を収め、UFCウエルター級タイトルを防衛したジョルジュ・サンピエール(GSP)。その見事な復活ぶりはもちろんのこと、試合後には盛大に顔を腫らしながら、背広にネクタイの正装で記者会見に出席する姿が印象的だったが、そんなGSPはいまや文字通り「歩くビッグビジネス」となっている。
    GSPはこの12ヵ月間で、コカコーラ、グーグル、バカルディといった企業とスポンサー契約を締結した。出版社ハーパー・コリンズから自伝を出す予定もある(サンピエールによると、「孫子の兵法」的なものになるらしい)。アンダーアーマー社とのアパレル契約も更新したし、新たにMMAギアのハヤブサとも契約した。
    業界筋情報によると、サンピエールは全部で14のスポンサーシップ契約を持っていて、それぞれの金額は6桁規模だという(数十万ドル、つまり数千万円)。現在と過去のスポンサー契約を合計してみれば、サンピエールのリング外収入は8桁規模(千万ドル、つまり十億円以上)になるはずで、その大半はここ1年の収入なのだという。
     
  • チャンピオンの価値■大沢ケンジの「オーケンの日本格闘技化計画」

    2012-11-27 22:20  
    103pt
    最近ボクシングの日本での世界タイトルマッチや日本人世界王者の価値や扱いが一部の選手を除いて、20年ぐらい前に比べると低くなっているような気がする。
    自分がボクシングに一番はまっていた中学、高校の頃に比べると、世界王者が凄く増えていることもあり、世間での希少価値が下がってのことかもしれないが……。世界王者が増えているということは、日本のボクシング界のレベルが上がっているということもあるだろうが、自分がネットの情報などをもとにまとめると、興行を盛り上げるために世界タイトルマッチをやりたい興行側と、その都度大きなお金が入ってくる各団体の思惑が一致して、すぐに暫定王者を作り世界王者になりやすい環境が作られたようだ。やはり頂点がいくつもあると、その頂点までの高さは低くなるだろうし、登りやすくなり価値も低くなるだろう。
    こうしてボクシング業界にそれほど盛り上がらないタイトルマッチや「?」の付く王者が誕
  • 「一握の砂/石川啄木」■笹原圭一の「グレート書評インターナショナル」(GSI)

    2012-11-26 22:12  
    103pt
    大晦日の開催を発表して以来、非常に慌ただしい日々が続いていますが、今回も皆様に、マンモスうれピー書評をお届けしたいと思います。
    本コーナーでは、雑文を書きつつ、私の読んだ本を紹介しているのですが、なんだかこのスタイルもちょっと飽きてきました。「Mr.ビーン」でお馴染みの俳優さんが「50過ぎてこういった子どもじみたとをやるのが悲しくなってきた」と言っている気持ちが、今の私にはすごくよく分かる気がします。
    というわけで一つ思いついたのが、読んだことの無い本を無理矢理紹介するという「エア書評」。タイトル、作者、帯の言葉などの最低限の情報から「こんな内容なのではなかろうか」と推測する、書評界の逆サソリというか、肛門に指を突っ込む藤原組長もかくやという裏技を解禁しようと思ったのですが、さすがに夢冒険が過ぎる気がするのでヤメておきます。
    ですので、最近私の身に起こった出来事を紹介し、それに因んだ本を紹
  • 【Dropkick】藤田和之インタビュー「あのときの小川直也の本性を引き出してやる!」

    2012-11-26 19:41  
    ついに正式発表されたIGF大晦日大会の小川直也vs藤田和之の大物日本人対決! 「いまさら?」「5年前に実現していれば……」という感想を抱く方も多い中、小川不在の発表記者会見で藤田の野獣節が炸裂。「小川が活躍したっていっても寝首をかくようなことをしただけ(通称“1・4事変”と言われる橋本真也戦のこと)。やるんだったら正面きってやれよという思いで大晦日やります」「普通の競技の試合ではなくての果たし合い、潰し合い。そういう試合にそうなりますね」一寸先はハプニングのIGF。いったい何が起きるのか。
    ――藤田選手の自宅から、この九十九里浜はすぐ近くなんですか?
    藤田 はい。自宅じゃなくて別荘ですけどね。
    ――ここには年にどれくらい滞在してるんですか?
    藤田 いまはほとんどこっちですね。
    ――真夏なんかは泳いだり。
    藤田 本当に暑いときは……まあ泳ぐときはパラオに行きますよ(笑)。
    ――そちらも“別荘
  • 【全文公開】藤田vs小川、IGFでしかできない“本性暴き”への期待感 ■格闘技酔拳批評

    2012-11-25 14:21  
     さて困ったな……というのが、今年の大晦日である。もちろんさいたまスーパーアリーナの『DREAM.18&GLORY.4』を取材に行くわけだが、見たいのはそれだけじゃない。
     実はさいたまの前にアイスリボンの後楽園大会(昼興行)に行こうと思ってたんだけど、さいたまの開始時間が繰り上がったので難しそうだ。それで困ってる人はそう多くないかもしれないが、IGF両国大会も見たいし……と困ってる人はけっこういるんじゃないか。
     僕はちょっと前まで、IGF両国に関してはほぼノーマークだったのである。「あ、やるんだ」という程度。ところが『Dropkick』最新号を読んで、急に興味が出てきた。
     この大会では、藤田和之vs小川直也の一戦が行なわれると言われている。10.16TDCホール大会には小川が登場し、藤田と舌戦を展開した。
     ところが、IGF総帥のアントニオ猪木が、この対戦に疑問を投げかけている。『D
  • 【Dropkick】SF相撲三部作『五大湖フルバースト』が凄い!!

    2012-11-25 13:53  
     2XXX年、アメリカの国技は相撲になっていた! 連日沸き上がるアリーナを四十九番目の決まり手「デトロイト・スペシャル」で席巻するのは「技の横綱」五大湖。しかし謎の奇病に冒され、科学に魂を売った彼が再び土俵に立ったとき、その身体は無数の重火器とテクノロジーと融合した機械横綱と化していた……。そんな全米相撲界の危機に立ち向かうは、十字架の磔像から大復活を果たした「伝説の横綱」! さあ、このブッ飛んだ設定にどこまでついてこれる?
     どこまでも荒唐無稽、どこまでも溢れるケレン味! それにヒリヒリした親子愛までブチ込んでくる、稀代のメカニカルバイオレンスファミリー相撲漫画が『五大湖フルバースト』だ。4年前ひっそりとウェブ連載として始まり、その後『ネメシス』(講談社)に再掲載。ネットのコアな漫画読みたちの支持を受けて、ついに今年2月に上下巻が発売されたという粘り腰な一作だ。
     しかもこれ、第一部『両
  • 【Dropkick vol.8】元『週プロ』戦士・小島和宏の「活字アイドル論」

    2012-11-24 13:40  
    「いま日本で売れているCDはAKB48と嵐だけ」「アイドル見てなかった人も熱狂させるももいろクローバーZ」「メジャーから地下・地方アイドルまで集うアイドル戦国時代」……去年くらいからそんな見出しや特集をネットや雑誌で多く見かける。あなたの周りにも、この数年で突然アイドルに熱狂しだした人が1人はいるはず。一時期「冬の時代」と呼ばれていたアイドルシーンはまさに復興を果たし、8月のAKB48東京ドーム公演と共に頂点を迎えたといっていい。
     そんな現在のアイドルシーンで、元『週刊プロレス』記者の小島和宏さんがライターとして活躍しているのはご存じだろうか。『週プロ』時代はFMWの大仁田番であり、ほかにもみちのくプロレスや全女など90年代の象徴的団体の最前線を熱くレポートしてきた小島記者。その日々については著作『ぼくの週プロ青春記』(白夜書房)にも詳しい。
     しかし、その筆はいまAKB48やももいろク
  • 【Dropkick】棚橋弘至“平成ライダープロレス論”インタビュー

    2012-11-23 13:49  
    ─今日は棚橋選手に“仮面ライダー”の魅力についてお聞きしたくてやってきました!
    棚橋 おお~! それはいいですねぇ。
    ─棚橋選手といえばマット界きってのライダーファンなわけですが、10月8日の鈴木みのる戦の前に「いまのプロレス=ライダーごっこ」という言葉が話題になったじゃないですか。
    棚橋 ああ、それは鈴木(みのる)さんに言われたあとで知りました。……某氏のヤツですよね(苦笑)。
    ─そうです(笑)。あとから「ごっこ以下」と修正されたみたいですけどね。
    棚橋 それは仮面ライダーに失礼だとわかったからでしょうね。やっぱりライダーファンを敵に回したら大変なことになりますから!
    ――そうすると、ライダーの悪口は棚橋選手も黙ってられないですか!
    棚橋 あたりまえですよ。だって、いまのライダーはクオリティが相当高いですからね。あ、いまのプロレスも充分、凄いですよ。某氏はプロレスファンも敵に回してますね
  • 【Dropkickプレゼント】2代目タイガーマスク(三沢光晴)プライベートマスク!!

    2012-11-23 11:55  
    ファンご用達のプロ格ショップ「闘道館」(http://www.toudoukan.com/)から2代目タイガーマスク(三沢光晴)プライベートマスクを1名様にプレゼント!  NaughtyBoy製、メッシュ・ゲジゲジタイプ(2代目オリジナル)のマニア垂涎の逸品。応募資格はDropkickチャンネル会員の方で、以下のクイズの正解者から抽選いたします。【プレゼントクイズ コメント欄に答えを書き込もう!】絶賛発売中の『Dropkick vol.8』に元『週刊プロレス』の小島和宏記者インタビューが掲載されていますが、わたくしジャン斉藤の不手際により聞き手クレジットを入れ忘れてしまいました。さて、小島氏の聞き手は誰でしょうか? 締切は24日お昼12時まで!
  • 「最高の練習でこれまでにない仕上がり」……決まり文句の裏側■北米通信『MMA UNLEASHED』

    2012-11-23 11:19  
    103pt
    MMAの世界には、決まり文句というものがある。試合前にインタビューを受けた選手がよく口にするあれだ。「これまでにない仕上がり」「判定には持ち込まない。必ずフィニッシュしてやる」「こちらのペースを押しつけて圧倒してやる」……。
    「何を言えばいいかわからないときには、だいたいそのような決まり文句に頼ることになる」と明かすのは、ストライクフォースの女子選手ジュディ・ケンジーだ。どんな練習をしてきたか、どんなプランで試合をするのかと、あちらこちらで繰り返し聞かれていると、どんなに注意をしていても、作戦や本音を漏らしてしまいかねない。だから選手は、安全のために嘘をつく。
    だから、試合前の選手のコメントに注目してみればいい。だれもが、「これまでにないくらい、最高の合宿で練習を積んできた」と話すはずだ。ジョセフ・ベナビデスが説明する。「そりゃときには、本当のことを言っている人もいるのかもしれない。過去最高の合宿にしようとは思って、毎回必死でやっているのは確かだからね。だからといって、毎回毎回、ドンドン最高になっていくとは思わない。ものごとというのは、そういう風にはならないだろ」
    実態は、誰もがひどい合宿を1回か2回経験し、パッとしない合宿も何度か経験しているはずなのだが、選手はそういう面については口を割ろうとしない。
    リッチ・フランクリンはかつて、腕を骨折しながらチャック・リデルをKOしたが、実はあの試合の前の合宿が、とにかく最低だったのだという。「問題が次から次へと起こってね」とフランクリンは振り返る。
    ヒジの靭帯断裂、体調不良。肉離れのため走り込みもできない。ちゃんとこなせたことなど1つとしてなかった。それでも試合前インタビューでは、素晴らしい合宿だった、これまでにないほど好調だと話しておいた。もちろん真実ではない。しかし、人が聞きたがるのはそういうことなのであって、怪我の話ではない。そういう話をあえて持ち出せば、言い訳だとの批判が巻き起こる。格闘技ファンはとにかく、言い訳っぽいことには容赦がないのだ。そして、どんな風にトレーニングを変えるべきか、頼みもしないアドバイスが殺到する。フランクリンによれば、ほとんどの場合、どんなにスマートにトレーニングをしていたとしても、怪我はちょっとしたことで起きてしまうのだという。