• このエントリーをはてなブックマークに追加
背骨の調整や肩・お尻・首のストレッチ。効果的なヨガポーズ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

背骨の調整や肩・お尻・首のストレッチ。効果的なヨガポーズ

2020-02-22 07:00
    精神的な安定や健康をもたらしてくれるヨガ。家庭でも簡単にできるヨガの代表的なポーズをいくつかご紹介します。今回は半分の魚の王のポーズ(ねじりのポーズ)。

    半分の魚の王のポーズ(ねじりのポーズ)

    あなたのブラウザーは HTML5 の video に対応していません。こちらが代わりの映像へのリンクです。

    マットの上で足を前に伸ばして座ります。ひざを曲げて、足裏を床につけます。左足を右脚の下にくぐらせ、左足を右のお尻の横におきます。左脚の外側を床につけましょう。右足を左のお尻の外側に近づけるように引き寄せます。右ひざは天井に向けます。息を吸いましょう。 吐きながら、上半身を右太ももの内側に寄せるようにねじります。座骨の後ろに右手をついて支えます。左腕は右脚の外側、ひざの少し下にあてます。 上半身に右太ももを押しあてるように、上体をねじっていきます。視線は右肩の先に向けます。呼吸しながら、胸骨を引き上げて上半身をまっすぐ伸ばします。吐くごとにねじりを深めましょう。反対側も同様に繰り返します。ポーズのキープ時間は、5~10呼吸。

    壮麗な名前のこのポーズを行えば、背筋が伸び、エネルギーがみなぎってきます。背骨の調整や肩・お尻・首のストレッチに効果的で、消化器官にも刺激を与えてくれます。

    上半身を内ももに近づけるのが難しい場合は、壁を使ってみましょう。壁から一歩分離れ、壁に背中を向けて座ります。体をねじりながら、後ろの壁に手をつきましょう。ひじは軽く伸ばします(伸ばしすぎないよう注意)。腕が長い方は肩がつまらないよう、壁との距離を長めにとってください。壁に手が届いたら、壁を押して遠ざけるようにして、ねじりを深めます。上半身は長くまっすぐ保ちましょう。

    背骨や首をストレッチ

    肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    体の柔軟性を高める、基本のストレッチ12とおり

    Adele Jackson-Gibson/13 Best Yoga Stretches to Do Every Day to Ease Stiffness and Pain /Seina Ozawa(翻訳)

    RSSブログ情報:https://www.mylohas.net/2020/02/207888pvn_ex_yoga13.html
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。