• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<無料記事>金原弘光、整骨院をオープン! 格闘家のセカンドライフとは何か?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<無料記事>金原弘光、整骨院をオープン! 格闘家のセカンドライフとは何か?

2016-07-27 00:00
    7a40de6aaca0151f7e55183403e1cb50817206d7
    伝説のプロレス団体UWFインターナショナルでデビューして、キングダム、リングス、PRIDEと渡り歩いた日本格闘技の生き証人金原弘光が格闘技界黎明期を振りかえる連載インタビュー。今回は用賀にオープンした「かねはら整骨院」(kanehara-seikotsuin.com)について!

    前回はコチラ
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1055243





    ――「かねはら整骨院」オープンおめでとうございます!

    金原 いやあ、始まったばかりだけど大変だよ。治療は慣れたもんだけど、お会計のレジとかやったことないからさ(笑)。

    ――治療以外の仕事が難しいんですね。

    金原 レジ打ちの練習はしてたけど、本番になると「あれ、あれ……」って戸惑っちゃうよね。25年間プロレス格闘技の世界に浸かってたから、まさかレジ打ちをやるとは思わなかったよ。若い頃、とんかつ屋でバイトしたことはあったけど、レジは任せられなかったからね。

    ――治療だけじゃなくて経営を考えなきゃいけない立場なんですね。

    金原 そうそう。だから「お店の照明が暗いんじゃないか」とか言われると、違う照明を買おうかなって気になっちゃうし(笑)。

    ――いろいろと考えちゃうわけですね(笑)。

    金原 治療は国分寺でもやってたんだけど。自分で言うのもなんだけど評判がいいんだよ。

    ――国分寺ではどういうかたちでやられてるんですか?

    金原 極真空手でMMAの指導をやってるんだけど。最初はそこの師範を見たんだよね。松葉杖を突いて歩いたのが治っちゃって。

    ――凄いですね!(笑)。

    金原 国分寺は何も宣伝していないのに口コミで広がっていって。炎症とかは急には治らないけど、骨関係は動かせば治るから。

    ――金原さんはこうして整骨院を開いたわけですけど、セカンドライフをどう考えてたんですか?

    金原 それは凄い悩んでいてさ。みんな飲食店をやったりするけど、プロレスラーってなかなか潰しがきかないもんね。ずっと現役でできるわけじゃないんだけど、やめられない。それは次にやる仕事がないから。プロレスなんてあんなキツイ仕事、年を取って次の仕事があるならやめてると思うよ。

    ――歳を取るとキツイ仕事ですよね。金原さんは「次の仕事」を考えて、柔道整復師の専門学校に通われてたんですよね。

    金原 3年間通ったけど、朝9時から月曜から金曜日までだから普通の学校だよね(笑)。テストも13教科くらいあるんだけど、国家試験の中で柔整の免許が一番難しいんだよ。

    ――しかし、3年間は長いですよねぇ。

    金原 学校を出ないと国家試験を受ける資格が取れないんだよ。もうちょっとゆるい学校もあるんだけど、そこは合格率が低い。俺が通った学校は厳しいんだけど、国家試験の合格率は90パーセントくらいあるから。入学したのは夜間を含めて90人くらいで、3年生まで進んだのは70人くらい。卒業できたのは55人くらいで国家試験を通ったのは50人くらい。

    ――3年も通っても合格できない人がいるんですねぇ。

    金原 大変だったけど、格闘技をやるよりは楽でしょ。格闘技のほうがつらいもん(笑)。

    ――そういうもんなんですね(笑)。

    金原 格闘技はいつ試合が決まるかわからないのに練習しなきゃならないし、先が見えないのが怖いよね。学校はテストがいつあるかわかるから。

    ――卒業しても自分のお店を開くには資金が必要ですよね?

    金原 学校の授業料に400万、お店の開店資金に500万だよ(笑)。

    ――ひえ〜(笑)。

    金原 この初期投資を回収しないといけないんだよ〜。これを読んだ方は治しに来てほしいよ(笑)。

    ――現役中からこの仕事をやろうとは考えてたんですか?

    金原 現役のときからケガは絶えなくて、いろんな病院には通ってたんだよね。Uインターのときはお抱えの鍼治療があったけど、それはケガしたときだけ診てもらう。で、リングスのときはトレーナーが道場に常駐してて。

    ――素晴らしい環境ですね!(笑)。

    金原 身体に違和感があったらすぐに診てもらえて。そのトレーナーは名古屋の有名な先生の弟子なんだけど。前田(日明)さんがその先生にお世話になっていて、道場に弟子を派遣してもらってたんだよね。昔の新日本もその先生と関係があったのかな。

    ――新日本プロレスの選手もお世話になっていたんですね。

    金原 猪木さんもその先生に診てもらっていて、そこから前田さんに繋がっていて。プロ野球や大相撲の力士のお抱えの先生なんだよね。

    ――凄腕なんですね。

    金原 まだリングスが掌底ルールだったときに手を痛めちゃってさ。手が付けないし、もう痛くて痛くて。そのときは新幹線に乗って名古屋の先生のところまで行くんだけど。

    ――道場のトレーナーがいるのに?

    金原 まず弟子のトレーナーに診てもらうんだけど、それで治らない場合は名古屋の先生。新幹線代とホテル代は会社からちゃんと出るんですよ。

    ――凄いなあ。

    金原 いま考えるとリングスは素晴らしい団体ですよ(笑)。俺は地元が愛知だから実家に泊まるんだけど、選手によっては1週間近く名古屋のホテルに泊まって。

    ――それも会社がちゃんと払ってくれるんですね。

    金原 やっぱりちゃんと治すなら維持しないといけないから。10が正常な状態だとして、みんな3くらいになったら病院に行くでしょ。一回診てもらえば6にはなるけど、10に戻るまで治療しないとまた3になっちゃうからね。あと俺は行ったことないけど、リングスは大分県の整体にも繋がっていて。成瀬(昌由)さんが腰をやったときは大分の温泉に入りながらじっくりと治してたんだよね。

    ――それも経費で!

    金原 プロ格闘技って感じがするでしょ?(笑)。そんなわけで俺は名古屋の先生の治療テクニックはずっと見てて「なんでこんな治療をするんだろう?」と考えていて。自分が柔整の学校に通いだして解剖を勉強したら、理にかなっていたことがわかったんだよ。学校では基本的に知識を学ぶ場なんだけど、自分なりの体験を交えて勉強できたよね。

    ――格闘技時代の経験を活かしてる。じゃあ天職とも言えるんですかね。

    金原 いやあ、最初は「どうなんだろうな……」って考えちゃったよ。

    ――1000万円近くかけてるのにですか?(笑)。

    金原 マッサージって先輩に命令されてやらされるものって感覚があったんだよ(苦笑)。Uインターの頃、よくTさんにやらされたもん。

    ――この連載毎度おなじみTさんのトラウマですか!(笑)。

    金原 新弟子の頃、Tさんが「おい、ここを揉んでくれ!」って偉そうに言ってくるんだよ。高田(延彦)さんだったら団体のトップだし、頼まれるのは光栄ですよ。でも、Tさんは違うからさあ。

    ――お小遣いもくれたり、後輩の面倒見がいいわけではないですし(笑)。

    金原 唯一よかったのは、寮でTさんの部屋だけエアコンが効いててさ。マッサージをやりにいくと涼しいんだよね〜。

    ――ハハハハハ! 寮の王様の部屋だけエアコン付き(笑)。

    金原 マッサージにはイヤな思い出があったから、国分寺で治療を始めたときもやらされてる感じがあったんだよね。お金をもらってるから仕事なんだけど。でも、評判が良くて何回もリピートしてくれる患者さんがいることで気持ちも変わっていって。

    ――感謝がTさんの呪いを打ち砕いたんですね(笑)。 

    金原 いまは治療に集中してるから「どこの筋肉が原因なのか」って考えながらやってるんだけど。他人の身体を使って作品を作ってる感じなんだよね。もし途中で変な動きをしたら「俺の作品に何をするんだ!?」って怒りたくなっちゃうくらい(笑)。

    ――ぜひ読者の方も金原さんの作品になってほしいですね(笑)。そういえば、ここ用賀にはUインター取締役だった鈴木健さんの「市屋苑」がありますね。安生(洋二)さんも働いていて。

    金原 プロレスファンのお客さんが多いから、営業を兼ねてこないだ2日連続で行ってきたよ。安生さんもいたけど「金原、俺たちは石ころなんだ。顔がよくなきゃスターになれない」「いまは気付いてます」「俺はハタチの頃に気付いたよ〜」ってしみじみ言ってて(笑)。

    ――20歳で自分の将来を見切っていた!(笑)。

    金原 「かねはらはリングスで12連勝したけど、7連勝のときに気づかないとダメだよ。普通7連勝もすればスター扱いだよ〜」。周りのお客さんは大爆笑でさ(笑)。

    ――たしかにあのルールで12連勝っておかしなことですからね(笑)。

    金原 「金原がもがいてるのを見るのが楽しかったよ〜」だって。俺も安生さんも第2の人生で、もがいていくんだけどね(笑)。皆さん、ぜひ治療に来てください!(http://kanehara-seikotsuin.com/


    Dropkickメルマガロングインタビューの一覧表。
    試し読みもできます! 名前をクリックすると記事に飛びます!



    【昭和プロレス】

    桜田一男
    喧嘩日本一見参! ケンドー・ナガサキ「SWSは全部で99億円使った」 

    ミスター高橋with田山正雄
    レフェリーの魔術「試合はこうして壊れていく――」 

    平田淳嗣
    おまえ平田だろ!「スーパーストロングなプロレス人生」 

    新倉史祐
    道場破りから前田日明vsルスカまで……「俺が見た昭和・新日本プロレス伝説」 

    康芳夫
    世紀の呼び屋「猪木vs人喰い大統領アミンはぜひやりたかったね」 

    猪木快守
    猪木一族の事業欲とは何か? 



    【新日本プロレス系】

    小原道由
    小原道由「石澤が止めなかったら、俺は◯◯を殺していたでしょうね」


    草間政一
    私が戦った暗黒・新日本プロレス 

    永島勝司
    アントニオ猪木と北朝鮮 

    田中ケロ
    ケロちゃんの新日本プロレス伝説 


    西村修
    「独裁者・長州力に逆らうってエネルギーが必要なんです」 


    中村祥之インタビュー
    負けたら即引退試合SP、過激な舞台裏「新日本プロレスはあのとき橋本真也がいらなかったんです」 

    中村祥之インタビュー
    ZERO-ONE激動の旗揚げ 

    中村祥之インタビュー
    破壊王・橋本真也の死――不倫とゼロワン崩壊



    高岩竜一
    「90年代ハチャメチャ新日本プロレスと俺が愛した橋本真也」 


    村上和成
    平成のテロリスト・村上和成――格闘家が挑んだ命懸けのプロレス道!! 


    高岩竜一×田山レフェリー
    理不尽とは何か? 90年代新日本プロレス居酒屋トーク 


    田口隆祐
    将棋を語る 

    岡倫之
    ブシロードクラブの怪物「プロレスラーが世界最強であることを証明します!」 



    斎藤文彦INTERVIEWS】

    プロレス史上最大の裏切り「モントリオール事件」■ 


    オペラ座の怪人スティング、「プロレスの歴史」に舞い戻る 


    なぜ、どうして――? クリス・ベンワーの栄光と最期



    【90年代インディ】

    上田勝次

    FMWを支えたキックボクサー「アイツが死んで以来、ヒジは使ってないよ…」 


    金村キンタロー
    理不尽小僧「インディで年収1500万……一銭も残ってないです!」 


    ウルトラマンロビン
    「あんなにネットで叩かれたら普通は自殺しますよ!」 

    髙田龍・前編
    90年代インディの夢と地獄…レッスル夢ファクトリーとは何だったのか? 

    髙田龍・後編
    男たちのプロレス屋形船…友情とカネが砕け散ったWJ 


    保坂秀樹インタビュー
    「朝4時にジョージさんと空き地で極めっこをやらされるんです」



    【全日本プロレス】

    更級四郎
    “Uと馬場”を支えた黒衣の絵描き 

    更級四郎×ターザン山本
    G馬場ブレーンの語らい――全日本プロレスが再生した日 

    北原光騎
    男が男に惚れる天龍劇場「俺にとって天龍さんは“神様”だよ」 


    倉持隆夫
    元・全日本プロレス中継アナウンサー「作られたスポーツを実況するということ」 


    ウォーリー山口
    プロレスなんでも屋「ジャイアント馬場と竹内宏介、ふたつのG魂」 


    安西伸一×小佐野景浩
    天龍源一郎が生きた時代~『週プロ』と『ゴング』の天龍番対談~ 


    【90年代格闘技】

    木村浩一郎
    90年代・灰色の狂気――「FMWとリングスで俺はこの業界をナメてしまったんですよ」 

    中井祐樹
    「ボクシングができるアントニオ猪木が理想でした」 

    朝日昇
    “奇人”が語る「本当に恐ろしい昭和格闘技」 


    山田学
    初代シューターにしてパンクラシストの大冒険 

    麻生秀孝
    関節技の帝王!サブミッションアーツレスリング総帥 
     
    鶴巻伸洋
    W☆ING発、リングス行き! 怪しい格闘家人生 

    KEI山宮
    パンクラシストの憧れと死を見つめて 



    安西伸一
    元『格闘技通信』名物記者の「俺が愛したグレイシー柔術 」 




    【UWF系】

    船木誠勝
    「俺は真剣勝負がやりたかったわけじゃないんです」 

    中野巽耀
    「一番尊敬できた先輩は高田延彦だよ」 


    尾崎允実
    元パンクラス代表「前田日明とも仲は良かったんですよ」 

    山本宜久
    「ヒクソンと戦ってるとき、放送禁止用語が聞こえてきたんですよ…」 


    石川雄規
    バトラーツの奇跡と絶望! “情念”のロングインタビュー

    謙吾
    「スーパールーキーが見たリングスvsパンクラス仁義なき戦い」 

    滑川康仁
    地獄のリングス前田道場卒業生 

    横井宏考
    リングスの怪物くん「格闘技は前田さん、プロレスは橋本さんが師匠でした」 


    中村大介
    2014年のUWF――「それでもボクはUスタイルで戦い続けます」 

    入江秀忠
    修斗とUを漂流した男「俺は自称UWFじゃないんですよ」 


    ターザン山本
    「佐山サトル、前田日明、高田延彦、船木誠勝、石井館長たちがプロ格という魔物を作ったんですよ」 



    【ゼロ年代MMA検証系】

    塩崎啓二
    元レフェリーの衝撃告白「私はPRIDEで不正行為を指示されました……」 

    菊田早苗
    「PRIDEの弁当に毒が入ってるんじゃないかって……」 

    大山峻護
    愛と苦しみのPRIDE物語「ハイアン戦の恐怖はしばらく消えませんでした」 

    “雀鬼”桜井章一×笹原圭一
    「PRIDEと生きた時代」 

    中村和裕
    PRIDE崩壊後に見えたもの―― 


    高瀬大樹
    「俺は悪い奴だった……」元カリスマブロガーの懺悔録 

    大沢ケンジ×礒野元
    「格闘技とルール」桜庭vs秋山、Dynamite!! USAの舞台裏 

    大沢ケンジ
    語ろう青春の和術慧舟會!~ゼロゼロ年代格闘技界の裏側~ 




    【立ち技系】

    小笠原和彦
    リアル・空手バカ一代!「ボクは“やっちゃっていいよ”組なんです」 


    青柳政司
    「左目を失っても打倒プロレスの旅は終わらない」 


    天田ヒロミ
    K-1天国と地獄「谷川さんがやるようになってK-1はダメになりました」 


    小比類巻貴之
    「ミスターストイックのキャラは正直、しんどかったです」 


    ノブ・ハヤシ
    K-1逆輸入ファイター 白血病からの復帰 

    武田幸三
    キックに命を懸けた男 

    小林聡
    野良犬の哲学「選手もプロモーターも群れてちゃ面白くないんですよ」 

    佐藤嘉洋
    判定問題のせいで闇に葬り去られていますけど、魔裟斗戦はMAX史上最高の盛り上がりだったと思います 


    佐藤嘉洋
    マット界初! 選手組合「日本キックボクシング選手協会」とは何か? 


    木村ミノル
    K-1毒舌王「いまの格闘技界はお客さんの目線を気にしすぎなんですよ」 





    【MMA】

    榊原信行
    「僕のことは嫌いになっても、格闘技のことは嫌いにならないでください!」 


    クロン・グレイシー
    グレイシーを10倍楽しむ方法 


    酒井正和
    “格闘技団体”としてのあり方――パンクラス 

    菊野克紀
    「最近は武器の型もやってます」沖縄拳法に震えろ! 

    鈴木信達
    極真、米軍、行政書士!! 破天荒人生 

    北岡悟
    「パンクラスイズム横浜」設立 

    渋谷莉孔
    「プロ相手でも勝てるようになったので“地下格禁止令”が出たんですよ」 


    マキシモ・ブランコ
    「日本は最高の国。街を一人で歩いても殺されない」 

    佐野哲也
    リアル神代ユウ「格闘技を続けるために警察学校をやめたんですよ」 


    松田干城
    高校球児がアメリカに渡りUFCデビューするまで 


    内藤のび太

    修斗世界王者は仮面を脱いでも“のび太”だった!! 


    内藤のび太
    「噛ませ犬なのに空気読めよって思ってますよね……」



    【金原弘光】


    鬼が作るUインターの激ウマちゃんこ

    UWFが柔術を知った日〜道場はどう変わっていったのか〜 


    現代から見るアントニオ猪木vsモハメド・アリ



    【ハッスル】

    中村祥之インタビュー
    ファイティングオペラ『ハッスル』とはなんだったのか 


    若鷹ジェット信介
    黒歴史ファイティングオペラ――ハッスルの最期を看取った男 




    【骨法】

    矢野卓見
    ヤノタク、堀辺正史と骨法を語る――愛と悲しみの17000字インタビュー 

    矢野卓見
    再び堀辺正史を語る――「先生も知らない骨法の秘密」 

    追悼・堀辺正史
    矢野宅見「ダメなお父さんでしたねぇ……」 


    漫画家・中川カ~ル
    骨法会員番号229番が見た「骨法変節の瞬間」 


    ヤノタク×中川カ~ル
    俺たちが愛した喧嘩芸骨法 


    矢野卓見
    武道の幻想と現実「合気の達人は存在しますよ」 




    【SP対談】

    佐藤大輔×藤井健太郎
    佐藤大輔はなぜガチ相撲に激怒していたのか? 


    天龍源一郎×神取忍
    男と女の壮絶プロレスとは何だったのか? 


    桜井マッハ速人☓猫ひろし
    巣鴨凸凹マラソン部 




    【小佐野景浩のプロレス歴史発見】
     
    嗚呼、阿修羅・原……修羅ごときそのレスラー人生!!

    冬木弘道は「俺はやっぱり死ぬんだな」とニヤリと笑った…

    完全無欠のプロレスラー!! ジャンボ鶴田

    超獣ブルーザー・ブロディ

    【涙のカリスマ】大仁田厚の邪道プロレス人生


    癌に勝った絶対王者・小橋建太

    “プロレス巨大組織”NWAとは何だったのか?

    呪われたIWGPが最高権威になるまで

    悲運の闘将ラッシャー木村、耐えぬき続けた人生 

    燃える男、アニマル浜口――!!

    “天龍番”が感傷に浸れなかった天龍源一郎引退試合


    全日本プロレスを二度は裏切れない……」秋山準


    馬場死去、三沢離脱……その後の全日本プロレス

    ジョー樋口、和田京平…全日本プロレスを支えたレフェリーたち 


    我らが英雄ザ・ファンクスの凄み! 
    レスラーの野心が謎を生み出す……SWSに狂わされた男たち!


    【女子格闘技】

    浜崎朱加
    INVICTAアトム級世界王者インタビュー 

    中井りん
    アジア人初のUFC女子ファイター!「日米友好親善と世界平和のために参戦します!!」 

    中井りん
    「恥ずかしいけどテレビに初めて出ました!」 

    しなしさとこ
    総合格闘技と女性の戦い 


    RENA×浜崎朱加
    SBとMMAの女王対談 


    森谷吉博
    「MMA?絶対に無理!!」未来へ飛んだRENA――大晦日出撃その舞台裏! 






    【その他】

    柳龍拳
    この男は実在する!!合気道の達人ロングインタビュー 


    管理人に直撃!

    インディ興行の聖地”新木場1stRINGとは何か? 



    三富政行(元・潮吹豪)
    「私が博報堂を辞めてプロレスに浸かる理由」



    鈴木秀樹
    ビル・ロビンソン最後の弟子「弱いプロレスラーは迷惑なだけです」 

    鈴木秀樹
    「はぐれIGF軍団」誕生秘話 


    山本淳一
    元・光GENJI、プロレスデビューを語る 


    大家健
    ガンバレ☆プロレス代表の麻雀放浪記 


    矢野啓太
    ピエロの狂気「胸いっぱいのプロフェッショナルレスリング論」 



    HARASHIMA
    「学生プロレス時代、真壁さんとスクワットを延々やってましたね」 



    「多重ロマンチック」漁師JJ
    アナタはなぜブログを更新するのか 



    “中条ピロシキ”橋本吉史
    学生プロレスとラジオ 

    今成夢人
    「ガクセイプロレスラー・ライジング 卒業後のリアルなリング」 


    福田洋
    ジョーカーの狂気とアメリカンプロレス 




    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    Dropkick
    更新頻度: ほぼ毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。