• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

悪いヤツほど得をする? 米MMA反則事情■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

悪いヤツほど得をする? 米MMA反則事情■MMA Unleashed

2018-07-08 09:17
    宴もたけなわのワールドカップ2018ロシア大会。筆者のようなサッカー音痴でも、さすがにワールドカップくらいは、と思って要領も得ないままに観戦してみると、思わずニヤリとさせられることにシミュレーション(ファールされたふりをすること)がある。あたかもプロレスで大技を食らってセールをするがごとく、もんどり打って苦しむサッカー選手たち。ありもしないファールをでっちあげるわけだから、プロレスラーも顔負けの表現力である。もっとも、本当に負傷をして試合を退く選手もいないわけではないので、ちょっとした底が丸見えの底なし沼である。

    翻ってMMAの反則に関する最近の事情はどのようになっているのであろうか。米大手スポーツサイト『ブリーチャー・レポート』が、MMAによくあるさまざまな反則についてまとめている。

    ●目つぶし

    目つぶしは最近のMMAでは問題にされることが多い反則である。そもそもMMAファイターはオープンフィンガーグローブを着用していることから、指が露出しており相手の目に入りやすい。しかもいったん指が相手の目に入れば、目に重大な障害をもたらす可能性もある。

    最新のMMAユニファイドルールでは、相手に指を向けた状態で打撃を行うことが反則と定められるなど、目つぶし攻撃を厳しく防止しようという気運が高まっている。

    それでも、今年2月に行われたUFC 221では、ホラー映画もビックリの目つぶし攻撃が見られた。ジェイク・マシューズが中国のリー・ジャンリンをギロチンチョークに捉えたところ、ジャンリンがチョークから逃れようと、両手でマシューズの顔を持ち、苦し紛れに指を目に突っ込み始めたのだ。思わず技を解いたマシューの目からは血が流れ落ちる。

    この試合を解説していたジミー・スミスは、「これはひどい。プロレスと代わらない。これではアブドーラ・ザ・ブッチャーじゃないか」と激怒していた(もっともブッチャーが相手の目を本当につぶしたことはないが)。

    この試合は結局、マシューズが判定勝ちを収めたのだが、リーのこの反則行為に対してレフリーは、なぜか減点を行われなかった。また、全体として熱戦であったことは確かだったため、UFCも両選手にベストファイトボーナスを支給したのである。

    この続きと、マサ斎藤、マシン引退、天心vsロッタン、北原光騎、WWEvs新日本……などの記事がまとめて読める「11万字・記事19本の詰め合わせセット」はコチラ http://ch.nicovideo.jp/article/ar1639388

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。