• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 語り処_2020.10.31

    2020-10-31 20:00
    330pt

    小沢一郎語り処_2020.10.31目次

    1.ひとことオピニオン(国会で菅首相の肉声を引き出せ
    2.季節の話題(鮭よ戻って来い!
    3.ご質問を受けて(辺野古基地問題と日米関係
    +お知らせ


    1. ひとことオピニオン
    国会で菅首相の肉声を引き出せ

    就任後40日を経て、ようやく10月26日、菅首相の所信表明演説が行われました。また一日おいた28日には、野党第一党である立憲民主党の枝野代表の代表質問が行われ、新内閣下での臨時国会がやっとスタートしました。

    菅首相はもともと表芸が得意ではなく、どちらかと言えば裏芸でここまでのし上がってきた人物です。それだけに、臨時国会が始まるまでも、近年まれに見る非常に閉鎖的な記者会見を行ったり、日本学術会議の任命拒否問題で説明を拒むなど、就任直後からその体質が良く表れていました。菅首相の今までの政治キャリアや経歴、行動パターンなどからみて、当初から予想していた通り

  • 語り処_2020.09.27

    2020-09-27 17:35
    330pt

    小沢一郎語り処_2020.09.27目次

    1.ひとことオピニオン(枝野代表のリーダーシップに期待する
    2.季節の話題(どこかにアナログな部分を残そう
    3.ご質問を受けて(デジタル庁創設と民主主義


    1. ひとことオピニオン
    枝野代表のリーダーシップに期待する

    2017年秋の衆議院議員総選挙からほぼ3年。いろいろな機会に、いろいろな人と話し合いを行い、野党結集の構想を進めてきた一人として、ようやく野党が一つの政党になったことを大変喜んでおります。もちろん、新しい立憲民主党はできたばかりで、いろいろな問題が山積していますし、議員一人ひとりもまだまだ自覚が足りない部分もあります。それでも、あまりよい表現ではないかもしれませんが、曲がりなりにも、政権を狙える政党ができたことは、日本の議会制民主主義にとって大きな出来事だと思います。

    11月には社民党も合流する予定です。そうなると、共産党は別格にして

  • 語り処_2020.08.28

    2020-08-28 21:15
    330pt

    小沢一郎語り処_2020.08.28目次

    1.ひとことオピニオン(1年以内に政権交代だ!
    2.季節の話題(急上昇! 岩手県民の郷土愛
    3.ご質問を受けて(米中新冷戦と東アジアの安定


    1. ひとことオピニオン
    1年以内に政権交代だ!

    私が長年一貫して訴えてきた「野党の総結集」が、ようやくひとつの形になり、政府・自民党と対峙する構図ができ上がりました。結論を先に言うと、これで3回目の政権交代が可能になったのです。

    1回目の政権交代は1993年8月に誕生した非自民連立の細川政権です。これにより、55年体制以来40年近く続いてきた、自民党一党支配体制に風穴を開けることができました。そして2度目は、2009年9月誕生の民主党政権です。これは戦後初めてとも言うべき、二大政党下での本格的な政権交代でした。その民主党政権のとき私は、権力の乱用と暴走による冤罪で、検察とメディアからの不当な追及にあっていま