• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ロード・トゥ・レッスルマニア:ロンダ・ラウジーWWEでの全仕事(前編)■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ロード・トゥ・レッスルマニア:ロンダ・ラウジーWWEでの全仕事(前編)■MMA Unleashed

2018-03-16 13:53
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは「ロード・トゥ・レッスルマニア:ロンダ・ラウジーWWEでの全仕事(前編)」です! 



    <MMA Unleashedオススメコラム>

    ■「まだUFCなんか気にしているの?」米メディアに渦巻くUFC悲観論まとめ

    ■米国人記者が語るイッテンヨン東京ドーム

    ■地球上最強男スティペ・ミオシッチは、それでも時給14ドルで消防署で働く




    2018年4月8日(米国時間、以下同)にニューオーリンズで開催される『WWEレッスルマニア 34』では、元UFC女子バンタム級王者、ロンダ・ラウジーがカート・アングルと五輪コンビを結成、悪のコーポレート軍、ステファニー・マクマホン、HHH組と対戦するタッグマッチでWWEデビューを飾ることが正式に発表された。

    そこでMMA Unleashedでは、プロレスファン、MMAファン双方にとって注目のレッスルマニアでのロンダ戦を120%に楽しむために、試合に至るまでのストーリーラインをみっちりと皆さんにご紹介することとしたい。

    ロンダは1月28日に開催されたWWEのPPV特番『ロイヤルランブル』のエンディングで初お目見えした後、2月25日に開催されたWWEのPPV特番『Elimination Chamber』のセグメントで本格的なストーリーラインに突入した。また、この特番からレッスルマニアまでの間に放送される6回分の『Raw』に、毎回ロンダが出演することも発表された。しかし実際には、今週3月12日放送の『Raw』ではロンダの出番はなかった。

    では、これまでのところ、リング上でロンダがどんな物語を紡いでいるのか、しっかり予習をしていただこう。なお、マニア直前に後編をお届けする予定である。

    2月25日『Elimination Chamber』

    リング上にカート・アングル、ステファニー・マクマホン、HHH、調印用のテーブルもセットされ、いよいよロンダの公開調印式が行われるようだ。HHHがマイクを取り、これまで自分は世界中から優秀なアスリートをスカウトしてきたが、これから紹介する人はまさにカート・アングル以来の大物、世界中の若い女性の道を開いた人、地球上最強の女性だと紹介、ロンダを呼び込む。

    ロンダ、満面の笑みで登場。アナウンサーのマイケル・コールが、会場でスタンディング・オベーションが起きていますとやや大げさに実況。ロンダ、マイクを取り、まず金メダリストのアングルへの敬意を表す。ロンダが話し出すと、会場内に小さなブーイング。後にこれをかき消すように大きなロンダコール。するとロンダは安心したような、少し涙ぐんだような表情をみせる。客席最前列でケイン・ベラスケスとダニエル・コーミエが大喜びでロンダコールをしている様子が映し出されるが、特に紹介はされない。

    次にロンダは、ロディ・パイパーこそ、自分がMMAやプロレスをやることになったインスピレーションの素だ、パイパーに褒めてもらえるように頑張りたいと、パイパーへのリスペクトを語る。



    この続きと、「プロレスとヤクザ」、中井りん、山田学、告発者B氏、安田忠夫、池田大輔などの記事がまとめて読める「15万字・24本の記事詰め合わせセット」はコチラ 
     
    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。