• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 5件
  • マクガイヤーチャンネル 第104号 【松方弘樹と『脱獄広島死刑囚』】

    2017-01-30 07:00  
    216pt
    さて、今回のブロマガですが、先日亡くなった松方弘樹さんについて語らせて下さい。
    自分のようなアラフォー世代にとって、松方弘樹といえばまず「『元気が出るテレビ』で上ずった声で笑っている大物俳優」というイメージなわけですよ。周囲に気を使う性格なのか異常なテンションで笑ったり、一人ハンカチや丸めたタオルで汗をぬぐったりするさまが印象的な人も多いでしょう。
    次に思い浮かぶのは、なんといっても「世界を釣る人」でしょう。『松方弘樹 世界を釣る』シリーズは定期的に放送されており、その時々の旬なグラドルや若手俳優を脇にはべらせつつ、クルーザーでカリブ海や南洋やハワイに繰り出してはマグロやカジキを釣りまくり、それを旧知の中である「辰兄い」こと梅宮辰夫がさばいて、皆で酒飲みながら食う姿は、「大人になったらおれもこんな暮らしがしてえなあ」と憧れたものです。
  • マクガイヤーチャンネル 第103号 【独断と偏見でお薦めしたい、Amazonプライムで観られるスーパー戦隊傑作回 後編(その2)】

    2017-01-23 07:00  
    さて、今回のブロマガですが、前々回の続きとしてAmazonプライムで観ることができる『スーパー戦隊』シリーズのお薦め回について独断と偏見で語らせて下さい。
    初めに書いときますが、今回で終わりませんでした!
    ●『轟轟戦隊ボウケンジャー』20話 『新たなる巨人』
    ●『轟轟戦隊ボウケンジャー』42話 『クエスターの時代』
    スーパー戦隊シリーズ第30作である『ボウケンジャー』は、會川昇が初めてメインライターを務めた作品です。
    以前、『コンクリート・レボルティオ』の特集回でお話ししましたが、自分は會川昇が脚本を書くアニメがかなり好みだったのです。
    會川昇が原作にもクレジットされたり、中心となって参加する作品には、幾つかの特徴があります。
    1、劇中劇、劇中キャラを利用したメタフィクション
    2、近現代史への接続と読み替え
    3、チーム同士の抗争
    4、「正義」とはなにか? 「ヒーロー」とはなにか? を浮き上がらせるような作劇
    1、については歴代ロボットをモチーフにした敵のデザイン、2、については伝奇もの要素の採用などが挙げられますが、そもそも通常の『スーパー戦隊』という枠ではやり辛かったのか、本作では薄味です。
    3、については、敵組織が複数(4つ)あるという、挑戦的な形(他の東映作品では類似例があったのですが)で実現しています。
    いかにも會川昇らしいと感じるのは、4についてでしょう。
  • マクガイヤーチャンネル 第102号 【手塚治虫版『やれたかも委員会』】

    2017-01-16 07:00  
    216pt
    さて、今回のブロマガですが、前回の放送のまとめというか、『紙の砦』と『すきっ腹のブルース』について改めて語らせて下さい。
    ●『紙の砦』について
    1989年に手塚治虫が亡くなった時、色んな人が色んな媒体でお悔やみの言葉を書きました。
    COMIC BOXの手塚追悼号にて宮崎駿がアニメ制作者としてダンピングを始めた手塚治虫を批判したことは有名な話ですが、自分の記憶に強烈に残っているのは週刊少年ジャンプの最終頁、作家投稿欄です。
    「『ブラックジャック』が好きでした!」とか「『アトム』が心に残っています」とかいったコメントは少数派で、ほとんどが『紙の砦』の名前を挙げていたのです。
    当時中学生だった自分は父親の影響で手塚作品の大半を読んでいて、『紙の砦』もその続編である『すきっ腹のブルース』も既に読了済みでしたが、「普通に面白い」以上の感想を持っていませんでした。何故ジャンプの錚々たる漫画家たちが『火の鳥』でも『ジャングル大帝』でもなく『紙の砦』を挙げるのか不思議でした。
    しかし、その後自分もそれなりに自分の文章なり「作品」なりを作るようになってきて、ようやく意味が分かってくるようになりました。『紙の砦』は手塚にとって創作の原点を打ち明ける話だったのです。
    『紙の砦』の舞台は太平洋戦争末期の大阪、主人公は中学生で、「大寒哲郎(おおさむてつろう)」という名前です。絵柄も、名前も、どこからどうみても手塚治虫本人と思ってくれて構わないという意思表示ですね。
    主人公は、戦時下でもとにかく漫画を描くことばかり考えています。出版統制令下でも漫画、防空壕掘りしていても漫画、軍需工場で勤労動員されてもトイレを偽って抜け出し漫画、空襲警報が鳴って皆が防空壕に入っても「こりゃ静かでいいや」と描き続けます。
    そんな哲郎は宝塚音楽学校に通うヒロイン岡本京子に出会います。見目麗しい京子ちゃんに一発で惚れてしまいます。
  • マクガイヤーチャンネル 第101号 【独断と偏見でお薦めしたい、Amazonプライムで観られるスーパー戦隊傑作回 後編(その1)】

    2017-01-09 07:00  
    さて、今回のブロマガですが、前々回の続きとしてAmazonプライムで観ることができる『スーパー戦隊』シリーズのお薦め回について独断と偏見で語らせて下さい。
    ●『救急戦隊ゴーゴーファイブ』27話『イエロー戦線離脱』
    『ゴーゴーファイブ』といえば、強烈に覚えていることが二つあります。
    一つはみやむーこと宮村優子です。声優業をやりつつJACにも所属していたみやむーは長年戦隊好きを公言してきましたが、本作で隣のお姉さん的なセミレギュラーポジションを勝ち取りました(「闇村悠ノ介」名義で敵側のマスコット的存在童鬼ドロップの声もやってます)。
    てっきり、途中で第六の戦士に変身するものとばかり思っていたのですが……声優業が忙しかったのか、Vシネでのみ変身することになったのはちょっと残念でした。
  • マクガイヤーチャンネル 第100号 【質問コーナー 第5回】

    2017-01-02 07:00  
    216pt
    さて、今回のブロマガですが、新年1回目、さらに通算100回目を記念して、皆様からお寄せ頂いた質問に答えますよ。

    なお、質問文は内容を変えない範囲で一部加工している場合があります。

    ちなみに前回までの質問コーナーはこちら。

    質問コーナー 第1回
    http://goo.gl/qbrJEa

    質問コーナー 第2回
    http://goo.gl/WBWZ6Y

    質問コーナー 第3回
    http://goo.gl/y7yjrC

    質問コーナー 第4回
    https://goo.gl/WZSS6g