• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 5件
  • マクガイヤーチャンネル 第91号 【科学で映画を楽しむ法 第2回:『コンテイジョン』――科学的正確さと映画的面白さの両立―― その1】

    2016-10-31 07:00  
    216pt
    さて、今回のブロマガですが、今回こそ「科学で映画を楽しむ法」第2回として『コンテイジョン』について書かせて下さい。
    科学的正しさは映画的面白さと対立する――そう考えられがちです。
    例えば『スター・ウォーズ』では、真空のはずの宇宙空間で、宇宙船の推進音やビームの発射音や爆発音が鳴り響きます。無重力である筈の宇宙空間なのにきっちり上下が決まっていたり、ファルコン号にもX-ウイングにも回転部が無いにも関わらず艦内にはきっちり重力が発生していたりします(スター・ウォーズ世界に「重力井戸」の設定ができたのは旧三部作完結後の1989年です)。
    これは、『スター・ウォーズ』が科学的裏づけに支えられたハードなSF映画ではなく、片手に剣、片手に美女でカッチョ良い宇宙船に乗って銀河を又にかけて冒険しまくるというスペースオペラを映画で実現しようという作品だったからです。『スター・ウォーズ』は科学的正しさよりも、『フラッシュ・ゴードン』のようなスペースオペラ的爽快感や格好よさを重視する映画でした。
    仮に『スター・ウォーズ』の宇宙シーンを無音にしたら、面白さは半減してしまうでしょう。
    例えば『シン・ゴジラ』は、政治的手続きや自衛隊の作戦行動についてはリアリティ溢れる映画です。しかし、作中に出現するゴジラは(他作品のゴジラと同じく)生物学的にありえない存在です。「上陸したら自重で歩けない」どころか骨折してしまうだろうし、エネルギーを得るために共生している細菌は元々どこに棲んでいたのか、そもそも「まるで進化だ!」と呼んでいるあの形態変化は変態なのか「進化」なのか……
    しかし、映画の面白さという観点でいえば、日本にありえない危機をもたらすための、生物学的にありえないゴジラこそが正しいのです。ゴジラが生物学的に「比較的ありえる」存在だったエメリッヒ版『GODZILLA』がどれだけつまらなかったか。ゴジラが普通のビルより小さく、ミサイルで倒される存在だったら、あれほど面白くはならなかったでしょう。
    多くの映画では、映画的面白さを優先するために、科学的正しさを犠牲にします。当然です。現実ではありえないことを描けることこそが、映画の利点なのですから。
    しかし、これはリアリティを犠牲にするという意味ではありません。
  • マクガイヤーチャンネル 第90号 【オフ会大盛況でした】

    2016-10-24 07:00  
    216pt
    さて、今回のブロマガですが、オフ会のことについて書かせて下さい。
    そもそも自分は引き篭もりで人見知り体質なので、あんまりオフ会なんてしたくなかったわけですよ。
    しかしですね、挨拶がてら参加した山田玲司チャンネルの映画上映オフ会が存外に楽しく、自分もやる気になったわけです。
    これまでマクガイヤーゼミでは様々な映像作品を話題にしてきましたが、その中にはTSUTAYAにもなかなかDVDが置いていない、視聴し難いものもあります。それを解説つきで上映するオフ会なんていいなあ、と思ったわけです。
    ただ、本当に上映できるかどうか分からなかったので、内容未定で募集を行いました。
    数人くらいしか集まらないかと思いきや、なんと30人以上の応募がありました! ありがとうございます。
  • マクガイヤーチャンネル 第89号 【川越まつりと100円のコーラを1000円で売る方法】

    2016-10-17 07:00  
    216pt
    さて、今回のブロマガですが、今回こそ「科学で映画を楽しむ法」第2回として『コンテイジョン』について取り上げ……ようかと思ったのですが、ちょっと地元のお祭り、川越まつりについて書かせて下さい。
    自分はダサイタマこと埼玉県の川越市に住んでいます。
    「どこに住んでいるのか?」と問われた時に「埼玉です」ではなく「川越市です」と答えるので有名な川越市です。大宮や所沢や熊谷とは違うぜ! というプライドがあるわけですね。
  • マクガイヤーチャンネル 第88号 【オートファジーとトリコと基礎研究の大切さについて 】

    2016-10-10 07:00  
    おはようございます。ついこの前まで大隅良典先生をみるとセーラー服おじさんこと小林秀章さんを連想する人もいるのかなーなんて思ってたマクガイヤーです。
    でも、これからは違いますね! なにせノーベル賞ですよノーベル賞。安部首相でなくても「日本の誇り!」と興奮してしまいます。
    今回こそ「科学で映画を楽しむ法」第2回として『コンテイジョン』の解説をしようかと考えていたのですが、こんな機会めったにないので、オートファジーについて解説させてください。
  • マクガイヤーチャンネル 第87号 【「自業自得でない人工透析患者とは」どんな人か?】

    2016-10-03 07:00  
    元フジテレビアナウンサーの長谷川豊さんが、
    「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」
    http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48479701.html
    というタイトルのブログを書き、盛大に炎上しています。