• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 5件
  • マクガイヤーチャンネル 第186号 【トークイベント三回目も盛り上がりました】

    2018-08-29 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、先週おこなったトークイベント『「山田玲司とDr.マクガイヤーの“俺の嫁”バトル」 in 阿佐ヶ谷ロフトA』について、改めて振り返らさせて下さい。

    「エロい生物」、「エロコンテンツ」と「エロ」に関わるテーマで山田玲司先生や司会のしまさんと行ってきた本トークライブも三回目、今回のテーマは「俺の嫁」ということで開催されました。

    実は、イベント前に「俺の嫁」の定義とは何か? ということで議論になったりもしました。「俺の嫁」は、だいたいゼロ年代後半ごろからネット上にてアニメやマンガにおける架空のキャラクターに対する愛情表現として用いられてきた言葉ですが、現在その意味は多様化しているからです。男性キャラクターや実在の人物、果ては非生物にまで「俺の嫁」と呼称する場合があります。
  • マクガイヤーチャンネル 第185号 【インセクター佐々木と行く東大博物館「珠玉の昆虫標本」展】

    2018-08-22 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、放送翌日の日曜日にインセクター佐々木さんと一緒に東大博物館の「珠玉の昆虫標本」展に行ってきたので報告させて下さい。
    10/14まで、東京大学総合研究博物館では特別展示『珠玉の昆虫標本 ――江戸から平成の昆虫研究を支えた東京大学秘蔵コレクション』が行われています。スペースは狭いものの、上野の昆虫展よりマニアックで貴重な標本が展示されているとの評判で、ハシゴする人も多いそうです。
  • マクガイヤーチャンネル 第184号 【科博の特別展「昆虫」で昆活してきました】

    2018-08-15 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、上野の国立科学博物館で行われている特別展「昆虫」をみにいってきましたので、報告させて下さい。
    そもそも、次回ニコ生のテーマを「俺たちも昆活しようぜ! 昆虫大特集」としたのは、この夏、国立科学博物館が昆虫展をやると聞いたからでした。

    Eテレの『昆虫すごいぜ』でお馴染み香川照之が大写しになっているポスターもインパクト抜群です。
    香川照之は『昆虫すごいぜ』での熱いべしゃりがきっかけとなって「昆活マイスター」という名のオフィシャルサポーターに就任したそうです。
    「昆活しようぜ!」のキャッチコピーはこれからも意識して使っていきたいところです。
  • マクガイヤーチャンネル 第183号 【ここがヘンだよ『未来のミライ』】

    2018-08-08 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、ニコ生の補講とまとめというか、『未来のミライ』について改めて書かせて下さい。
    ●細田守の理想とする「映画」とは?
    2012年、「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」に出演した細田守は、自身が影響を受けた80年代映画として以下の5作品を挙げていました。
    ・『台風クラブ』
    ・『雪の断章 情熱』
    ・『ときめきに死す』
    ・『マルサの女』
    ・『となりのトトロ』
    『台風クラブ』、『雪の断章 -情熱』、『ときめきに死す』はいずれも、アイドル映画やサスペンス映画のふりをした、まごうことなきカルト映画です。相米慎二作品は長回しにより、芝居ともアドリブとも、現実とも虚構ともつかぬ情念に満ちた演技を役者から引き出す演出が有名で、結果として役者が虚構を前提とした芝居をすることから「相米慎二作品は本質的にミュージカル」と言われたりするのですが、この時期の森田芳光もフィックス(すなわち同ポジ)の長まわしで同じようなことをやっていたのでした。
  • マクガイヤーチャンネル 第182号 【おれとゾイド】

    2018-08-01 07:00  
    220pt
    さて、今回のブロマガですが、ゾイドについてニコ生放送の補講のようなものを書かせて下さい。
    ●ゾイドワイルドめっちゃ良いです

    今回の放送を機にガノンタスを組んでみたのですが、ゾイドの進化っぷりにびっくりしました。
    まず、パーツが既にランナーから切り離しずみで、袋詰めにされています。レゴ感覚で組めるわけです。
    切り離し済みパーツというのはわりと鬼門で、食玩やチープトイなどではゲート跡がえぐれてたり、尖ったままだったりするものもあるわけですが、ゾイドワイルドはゲート跡の処理も綺麗です。