• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【無料記事】AbemaTV格闘技チャンネル担当者インタビュー「格闘技ファンの力で大きくなりました!」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【無料記事】AbemaTV格闘技チャンネル担当者インタビュー「格闘技ファンの力で大きくなりました!」

2016-08-11 23:00
  • 1
今年の春より開設されたインターネットテレビ局「AbemaTV」。テレビ朝日とサイバーエージェントの共同事業によるネットテレビは、ニュース、バラエティ、映画、アニメ、麻雀、音楽……ありとあらゆるコンテンツを取り揃えて放送されていることはご存知だろう。そしてうれしいことに総合格闘技も、世界最高峰の舞台UFCのみならず、未知の強豪感があった海外団体ベラトールやONE、国内では修斗やDEEPなどを中継! しかも無料で見れる!! そのうえ格闘技専門だけの特設チャンネルを開設! これまで有料ないしは取り扱っていなかった団体を「AbemaTV」が無料放映することで、格闘技との距離をグッと縮めてくれた。格闘技ファン支持率ナンバーワン、それがAbemaTVなのであるが、ここまで格闘技にチカラを入れてくれるのはなぜか? 担当者の方に話を聞いてきました!








◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉
非会員でも購入できる大好評インタビュー詰め合わせセット! part30は大好評インタビュー11、コラム9本、13万字オーバー540円!!(税込み)  試し読みも可能です!

http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1076915


■修斗初代王者/仮面シューター・スーパーライダー 渡部優一 ロングインタビュー
修斗黎明期から「東映呼び出し事件」、高野拳磁の秘話、同級生・三沢光晴の思い……


■「斎藤文彦INTERVIEWS④」は超獣ブルーザー・ブロディ! 壮絶! アントニオ猪木との7度のシングルマッチ、プエルトリコの非業の死を振りかえる―― 

■マスコミは何が起こるのかを知っていた?
安生洋二の前田日明襲撃事件〜カミプロとFAKE〜松澤チョロインタビュー


西村修が語るプロレスの神様――「ゴッチさんはもう一度、日本に来たがってたんです。でも……」


小佐野景浩のプロレス歴史発見
「俺のほうがUWFより強い!」 誇り高き仮面貴族ミル・マスカラス――!!


金原弘光、整骨院をオープン! 格闘家のセカンドライフとは何か?


事情通Zの「プロレス 点と線」
新日本プロレスはなぜ青木真也をスルーしたのか/天山広吉とプロレスファン、真夏の真剣勝負/5選手も!? W−1選手退団劇!

大沢ケンジ師匠の格闘技が10倍面白くなる方法
復帰2連勝も……ヒョードルはもう通用しないのか?/「五味隆典が復活する方法」「チェ・ドゥホ魔法の右ストレート」「レスナー薬物アウト!」


オマスキファイトのMMA Unleashed
・アンダーグラウンドの王、エディ・アルバレス ついにメジャーベルト獲得!
スタン・ハンセンの謎かけ?  プロレスの「カーペンターズ」とは何か
浅田真央も所属するUFC新オーナー「WME-IMG」とは何者か
・米MMAがボクシング化? モハメド・アリ法がMMAにやってくる?


二階堂綾乃コラム
・飲み会で上司がするメンドくさい話題1位が「昔のプロレス」だった件
鍛える女子のモテ講座♡

MMAオレンジ色の手帳
・「パンクラスイズム横浜」「natural9」「リバーサルジム新宿Me.We」…ジム飯2016〜2ndRound
・格闘技 実況・解説アレコレ〜AbemaTV時代のオススメ解説者〜

中井祐樹の「東奔西走日記」

http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1076915

◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉





北野雄司氏 テレビ朝日 AbemaTV担当
徳山宗佑氏 サイバーエージェント宣伝本部 宣伝広報グループ


――今日は格闘技界の“救世主”と呼ばれているAbemaTVの担当者の方々にお話をうかがいにきました!

北野 よろしくお願いします。まずボクの立場から説明しますと、AbemaTVはテレビ朝日とサイバーエージェントの共同事業ですが、ボクは「テレビ朝日のAbemaTV担当」として、主にスポーツコンテンツの編成と調達に関わっています。

徳山 自分はサイバーエージェント宣伝本部の宣伝広報グループの人間になります。

――コンテンツに関しては北野さんがプロデューサー的役割を果たされてるんですね。格闘技ファンはAbemaTVがここまで格闘技をプッシュしてくれることを大歓迎すると同時にちょっと戸惑ってるんです。どうしてここまでやってくれるの?と。

北野 ボクはキックボクシングジムに通ってますし、格闘技を見ることも大好きなんですが、AbemaTVでここまで格闘技を扱うことになるとは想像もしていなかったんですよ(笑)。

――あら、そうなんですか(笑)。

北野 新生K−1さんはAbemaTV発足当初から放送させていただいていましたが、UFCを中継したり、ベラトールと正式契約することになるとは……。

徳山 やってる自分たちがビックリですよね(笑)。格闘技のコンテンツが増えてきたことで、7月31日から「格闘チャンネル」を開設することになりましたが、1カ月前にはそんな予定もありませんでした。

――AbemaTVとしても想定外の路線なんですね(笑)。

北野 ごらんのとおり、AbemaTVはいろんなコンテンツを扱っていますが、格闘技はあくまでその中の一つであって。「AbemaTVが仕掛けた」という見方をしていただくことは多いですけど、格闘技放送の反響が大きかったことで、AbemaTVとしても「もっと格闘技を取り上げたほうがいいんじゃないか?」という方向にシフトしていったところはあります。

――というと、予想以上に格闘技コンテンツの反響が大きかったわけですね。

北野 はい。AbemaTVには番組ごとに述べ総視聴数が表示されていますが、ボクらは「いま何人見ているのか」「滞在時間はどれくらいか」など、細かいことまでわかるんです。
で、格闘技中継はほかのコンテンツと比べても数字はよかった。なのでUFCやベラトールの中継をしたことで、格闘技ファンから「AbemaTVありがとう!!」という声が挙がっていますが、ボクらからすれば「格闘技ファンありがとう!」と言いたいくらいなんですよね。格闘技ファンの力で大きくなったんですよ、と。

徳山 本当にそのとおりですよね。格闘技ファンの後押しがなかったら、ここまで拡がっていなかったと思いますし。

――その言葉には格闘技ファンも喜びますね(笑)。

北野 AbemaTVがきっかけを作ったといえばそうなんですけど、あとはコンテンツの力ですからね。ボクらは出場する選手もカードも決められないですから。

――ちなみに格闘技のほかに意外と数字がよかったコンテツはなんですか?

北野 『フリースタイルダンジョン』ですかね。あれも格闘技と同じ匂いを感じるけど。

徳山 いつかコラボさせたいですよね。あとは麻雀と釣りもいいですね。

――釣りは意外ですね。

徳山 マス向けではないけど、熱狂度の高いものをチャンネル化すると人がだんだんと集まってきて、習慣化するということですね。AbemaTVは始まって間もないサービスということもあって、どんなコンテンツも蓋を開けてみるまでどうなるかわからないところはあったんですよ。実績なんてあってないようなものですから。

北野 成長が早いから1カ月前と今日ではユーザーも変わっていますし。

徳山 そうですよね。全然違いますね。

北野 1カ月前は350万ダウンロードだったのがいまは600万になっていますから。そうなると全然規模が違ってきますし、常連さんじゃなくて一見さんを相手にする部分も出てきますから。

――350万から600万だと、半分近くは御新規さんですもんね。

北野 新しいユーザーに格闘技がどう見えるのかは不安でもあり、楽しみでもありますね。

――当初はここまで格闘技を取り扱う予定はなかったということですが、MMAでいえばベラトールやONE Championship(以下ONE)をいきなりライブ中継しましたね。

北野 放送することになったのは、ONEやベラトールの関係者とのご縁があったことが大きいんですけど。ボクは『ゴング格闘技』を年間購読するくらいの格闘技ファンでもあるので、やっぱり自分でも「見てみたい!」という気持ちは強かったんです。

――自分が見たい!(笑)。

北野 いやあ、やっぱり見たいですよね(笑)。去年の大晦日『RIZIN』にベラトールからキング・モーが派遣されていましたけど、ひとりだけ次元が違ったじゃないですか。ヨーロッパから来た荒削りに見える若手たちと比べて、キング・モーは凄く洗練されたボクシングをしてましたし。そのキング・モーですらアメリカでは負けるときもある。そんなハイレベルな格闘技を日本でも放送したかったし、多くの人に見てもらいな、と。

――ベラトールは世界ナンバー2のMMA団体ですけど、日本未放送でした。

北野 マイケル・チャンドラーやキング・モーの試合が昼間に日本で放映したら最高だなと思って、ベラトールの関係者に相談させてもらったんです。

――一般的にはほとんど知られていない団体ですけど、数字的には不安はありませんでした?

北野 入り口はある程度の数字を取らないと続けられないなとは思ってました。でも、そのベラトールのカードには、ランペイジ・ジャクソンvs石井慧選手の試合があったんです。このカードならいろんなところに話がしやすいし、昔格闘技を見ていた人たちにも訴えられますよね。

――PRIDEファイターと柔道のオリンピック金メダリストという看板ですね。

北野 社内の説明にするのにわかりやすいじゃないですか。でも、ONEのときは、自分もろくに見ていないのに「これは凄いイベントなんです!」って押し切って放送までこぎつけたところはあるんですけど(笑)。

――熱だけで押し切ったんですね(笑)。

北野 ONEをどうしても放映したい動機があったのもたしかなんです。ボクは一昨年、タイでビジネスをしていたので、月に1回くらいはタイに行っていて。そのときタイで目の当たりにしたのは、アジア経済は凄く元気だけど、日本はそうじゃないという現実で。その現状が日本にはイマイチ伝わってないところがあるので、ONEを通じてアジアの熱気が伝わればいいなと思ったんですよね。

徳山 ONEやベラトールは場内演出に力を入れているので、テレビショーっぽいのもよかったですよね。格闘技を知らない人でも見やすいというか。AbemaTVは高画質が売りとしてあるんですけど、演出も高画質で伝わったと思います。

――ああ、AbemaTVの画質は素晴らしかったですね。

北野 テレビ放送と同じ、衛星を使って映像を受けていますし、HDクオリティですからね。そのONEと交渉する中で感じたのは、ONE代表のビクター(・クイ)もテレビマンの感性を持ってるなってことなんです。格闘技ビジネスへの先進性が高いですし、テレビのプロダクションに対して発言する内容が「わかってる人間」のものでした。テレビ局員同士じゃないですけど、通じ合うものがあったというか。ベラトールCEOのスコット・コーカーにはまだお会いしていないですけど、ビクターと同じように感じるものはありますね、

――そのベラトールとONEとAbemaTVは正式契約を結びました。

北野 良いコンテンツがあれば、中・長期的なパートナーシップを築いたほうが、付き合いの長い相手になればこそのメリットも出てきますので。ワンショットだとそれなりの関係になってしまいます。選手だって1試合だけの契約と、5試合だけの契約ではきっと働きぶりは違うじゃないですか。

――ONEの放映で火がついて、ベラトールで燃え上がり、そして「UFC200」を含むUFC3日間連続中継で大爆発した感じがありました。 

徳山 その表現はまさにという感じですね(笑)。

――UFCは今年の春にWOWOW中継が消滅し、ニコニコ生放送で現地中継をそのまま流してはいましたが、AbemaTVではどういう経緯でUFCを放送することになったんですか?

北野 UFCに関しては格闘技の話から外れてしまうんですが、いまインターネットにおけるスポーツ中継の権利ってもの凄く値段が高くなっていて。いままでテレビの地上波しか相手にしていなかった代理店の皆さんが各プラットフォームを積極的に回ってるんですよ。格闘技にかぎらずいろんなコンテンツの紹介を受ける中、ヨーロッパのサッカー中継の関係者から今回のUFCの話をされたんです。

――意外な方向から話は転がってきたんですね。大会放映前のどれくらい前ですか?

北野 3週間前ですかね。

――そこからよくまとまるもんですねぇ。

徳山 急な話だったので、朝から緊急会議をやりましたよね(笑)。

北野  「UFC中継を3日間連続でやろうと考えてます!」ってことで(笑)。大きな企画なのでそこからが大変でした。AbemaTVの中にはUFCを知らない方が多かったですし、宣伝部署には格闘技をまるで知らない女性の方もいますので。

徳山 決裁権を持っている部長ですら「UFC? わからねえな」って感じで(笑)。そこを北野さんがなんとか説明して……。

北野 紙芝居みたいなものを作って「これはモンスターvsモンスターの闘いで〜〜」という感じで説明しましたね(笑)。あのときボクらが恵まれていたのは、マーク・ハントやブロック・レスナーとか名前を知られている選手が出場することだったんですね。

――コアファン以外にも知られてる名前があったんですね。

北野 いろいろと話をしているうちに、AbemaTVの中にUFCファイトパスに入っている役員の方がいて(笑)。その方が「UFC中継、いいじゃないですか!」と推してくれたんです。あれは嬉しかったなあ。

徳山 格闘技中継が好調ということもあるので、社内にも格闘技好きが増えてる印象がありますね。

北野 隠れていた人が表に出てきたんだと思う(笑)。

――隠れ格闘技ファンが名乗り上げてきましたか(笑)。UFCの初日は平日午前中でしたから、数字的には不安はありませんでした?

北野 不安といえば、格闘技にかぎらずすべてにおいて不安なんですけど。本当ならば3ヵ月間くらい放送してUFCを認知させてから、あの3日間を迎えたかったんですけどね。

――ああ、今回は突然メインディッシュが運ばれてきたようなもんですよね。

徳山 たしかに煽って煽ってポーンとやりたかったですよね。

北野 プロモーションのプレッシャーも凄かったよね?

徳山 そうですよねぇ……日程もタイトでしたし。

北野 プロモーションがどこまでうまくいってるかという指標があるんですけど、じつはそこはあまりよくなかったんですよ。思った以上にUFCというイベントが知られていなくて。

――MMAという言葉の意味すら、わからない方は多いでしょうねぇ。

北野 最終的には平日も2日目の内容が凄かったから、最終日につながりましたけど。

徳山 宣伝部としては最終日が一番盛り上がるように布石を打っていたことで、期待以上の数字が出ました。

北野 あれだけの試合内容なんで、もっと数字が伸びてもいいかなという手応えはあったんですけど……。放送前とは認知度が違うので、いまやったらもっと凄い数字になると思います。

徳山 AbemaTVの格闘技コンテンツのプロモーションとしても、今回のUFCをやらせてもらうことは大きかったですね。

北野 ただ、放送までの過程で感じたことは、ボクの大好きなMMAというコンテンツがここまで知られなくなっていたのか、村の中に閉じこもってしまったのか……ということなんです。

――地上波全盛だったゼロゼロ年代と比べて、世間にアクセスするチャンスが激減したことで、ジャンルとして閉ざされていたところはありますね。

北野 ボクは週末になると、奥さんに嫌がられながら家でUFCを見てるので。自分では最高に面白いと思っていたものが、いまの世の中では受け入れられていなかったと知ったショックはありましたね。それは内容よりも、格闘技を視聴できる環境がなくなってしまったからなんでしょうけど。

――そこで気になるのは、UFCの日本中継は今夏から「DAZN」というライブストリーミングで扱われることが発表されていますね。

徳山 それは自分たちもどんなサービスなのか早く見てみたいところです。

北野 他社さんのことなのでどういう概要になるのかはわかりませんが……これはあくまで格闘技ファンとしての立場で言いますと、どこでもいいからUFCが日本で見られ続けてほしいですね(笑)。

――AbemaTVじゃなくてもいいから!(笑)。

北野 そこに尽きます。AbemaTVで放送したいというより、多くの人間に見られてほしい気持ちが強いってことですね。今回の件で、地上波がなくなったことで、こんなに格闘技が知られなくなってしまったことを痛感したので。

――北米MMAはPPVと地上波のバランスが取れてますけど、日本はどちらも厳しいですね。

北野 アメリカは映像で見ることにお金を払うことのハードルがずっと低いですから。

――「DAZN」の開始時期が具体的に決まっていないからなのか、8月のUFC中継もAbemaTVで取り扱いますね。

北野 まだ「DAZN」が始まらないからAbemaTVができるのかな? という認識です(笑)。川尻(達也)選手やネイト・ディアスvsコナー・マクレガーの再戦が放映できるのはボクとしても幸せですし、仕事なのか趣味なのかわからなくなってますよね(笑)。

徳山 「UFC200」にしても巡り合わせがよかったですよね。こんなに注目度の高いナンバーシリーズはなかなかないですし。

北野 そういう意味では振りかえれば振りかえるほど、タイミング的に恵まれてるなって。あとはやっぱり格闘技の地力。ボクはずっとそこを信じているつもりだったんですけど、ちょっと卑屈になっていたところもあったのかなって。

――卑屈ですか?

北野 世の中で言われてるより格闘技というコンテンツは素晴らしいものだと思ってるんですけど。地上波で流れなくなったことで、格闘技はダメになってしまったんじゃないかな、もう届かないんじゃないかなって卑屈になっていたのかなって。

――なるほど。世間向けの変化球を投げないと、格闘技は通用しないというムードもありますね。それで格闘技ファンはしぶしぶボブ・サップを飲み込むというか(笑)。

北野 特定の団体を言うわけじゃないですけど、去年の大晦日もファンのあいだでそういう議論は起きたじゃないですか。でも、今回いろんな団体を放送してみて、ストレートにやってもいいんだなって思いました。「そうだよな、これでいいんだな」って勇気づけられましたね。

――それは格闘技ファンも勇気づけられる話ですね。

北野 卑屈さが消えました(笑)。いろんな格闘技団体の皆さんと話をしていると、みなさん現状を打破したいという思いが強くて。きっとみなさん心のなかで思ってるんですよ、自分たちがやってる格闘技はもっと人気が出るはずだって。

――環境が整えさせすれば、絶対に届くという。その環境ができつつあるんですね。

北野 格闘家って20年30年続けられる仕事ではないですし、自分たちの骨身を削ってるわけですから、もっと多くの人に知られたい、有名になりたいという気持ちが出てくるのは自然じゃないですか。誰にも届かなかったら、なんのために練習をしてるのか、なぜキツイを試合をしてるのか。もう一度、格闘技が世の中に届くためのお手伝いをしたいと思ってますね。

徳山 そういえば、反響でひとつあったのは、もともと自分の周りに格闘技好きな友達が多かったんですけど。それまで自分の仕事に興味を持ったことのなかったのに、AbemaTVでONEの中継をやるとなったと聞いて「これ、おまえのところのサービスじゃない?」という連絡がけっこうあったんですよね。かなりコアな格闘技ファンですけど、反響を間近で受けたことが印象に残ってますね(笑)。

――潜在的格闘技ファンはかなり多いですし、一方でPRIDEを知らない若い世代にもどんどんと届いてほしいですね、

北野 ユーザーには20代から30代も多いんですね。その層がどういう視点でUFCやベラトールを見るのかは興味深いですよね。ONEやベラトールを定期放送することで認知度が高まって、いずれ日本大会をやってくれたら最高です(笑)。

――夢は広がりますねぇ。そのときはぜひAbemaTV主催でお願いします!(笑)。



Dropkickメルマガロングインタビューの一覧表。

試し読みもできます! 名前をクリックすると記事に飛びます!





【最新追加インタビュー記事】

斎藤文彦INTERVIEWS④
超獣ブルーザー・ブロディ


修斗初代王者/仮面シューター・スーパーライダー 渡部優一
「東映の許可? 取ってますよ(笑)」



安生洋二の前田日明襲撃事件〜カミプロとFAKE〜


小佐野景浩のプロレス歴史発見
「俺のほうがUWFより強い!」 誇り高き仮面貴族ミル・マスカラス


金原弘光
整骨院をオープン! 格闘家のセカンドライフとは何か?


西村修が語るプロレスの神様
「ゴッチさんはもう一度、日本に来たがってたんです。でも……」



【昭和プロレス】

桜田一男
喧嘩日本一見参! ケンドー・ナガサキ「SWSは全部で99億円使った」 

ミスター高橋with田山正雄
レフェリーの魔術「試合はこうして壊れていく――」 

平田淳嗣
おまえ平田だろ!「スーパーストロングなプロレス人生」 

新倉史祐
道場破りから前田日明vsルスカまで……「俺が見た昭和・新日本プロレス伝説」 

康芳夫
世紀の呼び屋「猪木vs人喰い大統領アミンはぜひやりたかったね」 

猪木快守
猪木一族の事業欲とは何か? 



【新日本プロレス系】

小原道由
小原道由「石澤が止めなかったら、俺は◯◯を殺していたでしょうね」


草間政一
私が戦った暗黒・新日本プロレス 

永島勝司
アントニオ猪木と北朝鮮 

田中ケロ
ケロちゃんの新日本プロレス伝説 


西村修
「独裁者・長州力に逆らうってエネルギーが必要なんです」 


中村祥之インタビュー
負けたら即引退試合SP、過激な舞台裏「新日本プロレスはあのとき橋本真也がいらなかったんです」 

中村祥之インタビュー
ZERO-ONE激動の旗揚げ 

中村祥之インタビュー
破壊王・橋本真也の死――不倫とゼロワン崩壊



高岩竜一
「90年代ハチャメチャ新日本プロレスと俺が愛した橋本真也」 


村上和成
平成のテロリスト・村上和成――格闘家が挑んだ命懸けのプロレス道!! 


高岩竜一×田山レフェリー
理不尽とは何か? 90年代新日本プロレス居酒屋トーク 


田口隆祐
将棋を語る 

岡倫之
ブシロードクラブの怪物「プロレスラーが世界最強であることを証明します!」 



斎藤文彦INTERVIEWS】

プロレス史上最大の裏切り「モントリオール事件」■ 


オペラ座の怪人スティング、「プロレスの歴史」に舞い戻る 


なぜ、どうして――? クリス・ベンワーの栄光と最期



【90年代インディ】

上田勝次

FMWを支えたキックボクサー「アイツが死んで以来、ヒジは使ってないよ…」 


金村キンタロー
理不尽小僧「インディで年収1500万……一銭も残ってないです!」 


ウルトラマンロビン
「あんなにネットで叩かれたら普通は自殺しますよ!」 

髙田龍・前編
90年代インディの夢と地獄…レッスル夢ファクトリーとは何だったのか? 

髙田龍・後編
男たちのプロレス屋形船…友情とカネが砕け散ったWJ 


保坂秀樹インタビュー
「朝4時にジョージさんと空き地で極めっこをやらされるんです」



【全日本プロレス】

更級四郎

“Uと馬場”を支えた黒衣の絵描き 

更級四郎×ターザン山本
G馬場ブレーンの語らい――全日本プロレスが再生した日 

北原光騎
男が男に惚れる天龍劇場「俺にとって天龍さんは“神様”だよ」 


倉持隆夫
元・全日本プロレス中継アナウンサー「作られたスポーツを実況するということ」 


ウォーリー山口
プロレスなんでも屋「ジャイアント馬場と竹内宏介、ふたつのG魂」 


安西伸一×小佐野景浩
天龍源一郎が生きた時代~『週プロ』と『ゴング』の天龍番対談~ 


【90年代格闘技】

木村浩一郎

90年代・灰色の狂気――「FMWとリングスで俺はこの業界をナメてしまったんですよ」 

中井祐樹
「ボクシングができるアントニオ猪木が理想でした」 

朝日昇
“奇人”が語る「本当に恐ろしい昭和格闘技」 


山田学
初代シューターにしてパンクラシストの大冒険 

麻生秀孝
関節技の帝王!サブミッションアーツレスリング総帥 
 
鶴巻伸洋
W☆ING発、リングス行き! 怪しい格闘家人生 

KEI山宮
パンクラシストの憧れと死を見つめて 



安西伸一
元『格闘技通信』名物記者の「俺が愛したグレイシー柔術 」 




【UWF系】

船木誠勝
「俺は真剣勝負がやりたかったわけじゃないんです」 

中野巽耀
「一番尊敬できた先輩は高田延彦だよ」 


尾崎允実
元パンクラス代表「前田日明とも仲は良かったんですよ」 

山本宜久
「ヒクソンと戦ってるとき、放送禁止用語が聞こえてきたんですよ…」 


謙吾
「スーパールーキーが見たリングスvsパンクラス仁義なき戦い」 

滑川康仁
地獄のリングス前田道場卒業生 

横井宏考
リングスの怪物くん「格闘技は前田さん、プロレスは橋本さんが師匠でした」 


中村大介

2014年のUWF――「それでもボクはUスタイルで戦い続けます」 

入江秀忠
修斗とUを漂流した男「俺は自称UWFじゃないんですよ」 


ターザン山本
「佐山サトル、前田日明、高田延彦、船木誠勝、石井館長たちがプロ格という魔物を作ったんですよ」 



【ゼロ年代MMA検証系】

塩崎啓二
元レフェリーの衝撃告白「私はPRIDEで不正行為を指示されました……」 

菊田早苗
「PRIDEの弁当に毒が入ってるんじゃないかって……」 

大山峻護

愛と苦しみのPRIDE物語「ハイアン戦の恐怖はしばらく消えませんでした」 

“雀鬼”桜井章一×笹原圭一
「PRIDEと生きた時代」 

中村和裕
PRIDE崩壊後に見えたもの―― 


高瀬大樹
「俺は悪い奴だった……」元カリスマブロガーの懺悔録 

大沢ケンジ×礒野元
「格闘技とルール」桜庭vs秋山、Dynamite!! USAの舞台裏 

大沢ケンジ
語ろう青春の和術慧舟會!~ゼロゼロ年代格闘技界の裏側~ 




【立ち技系】

小笠原和彦
リアル・空手バカ一代!「ボクは“やっちゃっていいよ”組なんです」 


青柳政司
「左目を失っても打倒プロレスの旅は終わらない」 


天田ヒロミ
K-1天国と地獄「谷川さんがやるようになってK-1はダメになりました」 


小比類巻貴之
「ミスターストイックのキャラは正直、しんどかったです」 


ノブ・ハヤシ
K-1逆輸入ファイター 白血病からの復帰 

武田幸三
キックに命を懸けた男 

小林聡
野良犬の哲学「選手もプロモーターも群れてちゃ面白くないんですよ」 

佐藤嘉洋
判定問題のせいで闇に葬り去られていますけど、魔裟斗戦はMAX史上最高の盛り上がりだったと思います 


佐藤嘉洋
マット界初! 選手組合「日本キックボクシング選手協会」とは何か? 


木村ミノル
K-1毒舌王「いまの格闘技界はお客さんの目線を気にしすぎなんですよ」 





【MMA】

榊原信行
「僕のことは嫌いになっても、格闘技のことは嫌いにならないでください!」 


クロン・グレイシー
グレイシーを10倍楽しむ方法 


酒井正和
“格闘技団体”としてのあり方――パンクラス 

菊野克紀
「最近は武器の型もやってます」沖縄拳法に震えろ! 

鈴木信達
極真、米軍、行政書士!! 破天荒人生 

北岡悟
「パンクラスイズム横浜」設立 

渋谷莉孔
「プロ相手でも勝てるようになったので“地下格禁止令”が出たんですよ」 


マキシモ・ブランコ
「日本は最高の国。街を一人で歩いても殺されない」 

佐野哲也
リアル神代ユウ「格闘技を続けるために警察学校をやめたんですよ」 


松田干城
高校球児がアメリカに渡りUFCデビューするまで 


内藤のび太

修斗世界王者は仮面を脱いでも“のび太”だった!! 


内藤のび太
「噛ませ犬なのに空気読めよって思ってますよね……」



【金原弘光】


鬼が作るUインターの激ウマちゃんこ

UWFが柔術を知った日〜道場はどう変わっていったのか〜 


現代から見るアントニオ猪木vsモハメド・アリ



【ハッスル】

中村祥之インタビュー
ファイティングオペラ『ハッスル』とはなんだったのか 


若鷹ジェット信介
黒歴史ファイティングオペラ――ハッスルの最期を看取った男 




【骨法】

矢野卓見

ヤノタク、堀辺正史と骨法を語る――愛と悲しみの17000字インタビュー 

矢野卓見
再び堀辺正史を語る――「先生も知らない骨法の秘密」 

追悼・堀辺正史
矢野宅見「ダメなお父さんでしたねぇ……」 


漫画家・中川カ~ル

骨法会員番号229番が見た「骨法変節の瞬間」 


ヤノタク×中川カ~ル
俺たちが愛した喧嘩芸骨法 


矢野卓見
武道の幻想と現実「合気の達人は存在しますよ」 




【SP対談】

佐藤大輔×藤井健太郎
佐藤大輔はなぜガチ相撲に激怒していたのか? 


天龍源一郎×神取忍
男と女の壮絶プロレスとは何だったのか? 


桜井マッハ速人☓猫ひろし
巣鴨凸凹マラソン部 



【小佐野景浩のプロレス歴史発見】
 
嗚呼、阿修羅・原……修羅ごときそのレスラー人生!!

冬木弘道は「俺はやっぱり死ぬんだな」とニヤリと笑った…

完全無欠のプロレスラー!! ジャンボ鶴田

超獣ブルーザー・ブロディ

【涙のカリスマ】大仁田厚の邪道プロレス人生


癌に勝った絶対王者・小橋建太

“プロレス巨大組織”NWAとは何だったのか?

呪われたIWGPが最高権威になるまで

悲運の闘将ラッシャー木村、耐えぬき続けた人生 

燃える男、アニマル浜口――!!

“天龍番”が感傷に浸れなかった天龍源一郎引退試合


全日本プロレスを二度は裏切れない……」秋山準


馬場死去、三沢離脱……その後の全日本プロレス

ジョー樋口、和田京平…全日本プロレスを支えたレフェリーたち 


我らが英雄ザ・ファンクスの凄み! 
レスラーの野心が謎を生み出す……SWSに狂わされた男たち!


【女子格闘技】

浜崎朱加
INVICTAアトム級世界王者インタビュー 

中井りん
アジア人初のUFC女子ファイター!「日米友好親善と世界平和のために参戦します!!」 

中井りん
「恥ずかしいけどテレビに初めて出ました!」 

しなしさとこ
総合格闘技と女性の戦い 


RENA×浜崎朱加
SBとMMAの女王対談 


森谷吉博
「MMA?絶対に無理!!」未来へ飛んだRENA――大晦日出撃その舞台裏! 






【その他】

柳龍拳
この男は実在する!!合気道の達人ロングインタビュー 


管理人に直撃!

インディ興行の聖地”新木場1stRINGとは何か? 



三富政行(元・潮吹豪)
「私が博報堂を辞めてプロレスに浸かる理由」



鈴木秀樹
ビル・ロビンソン最後の弟子「弱いプロレスラーは迷惑なだけです」 

鈴木秀樹

「はぐれIGF軍団」誕生秘話 


山本淳一
元・光GENJI、プロレスデビューを語る 


大家健
ガンバレ☆プロレス代表の麻雀放浪記 


矢野啓太
ピエロの狂気「胸いっぱいのプロフェッショナルレスリング論」 



HARASHIMA
「学生プロレス時代、真壁さんとスクワットを延々やってましたね」 



「多重ロマンチック」漁師JJ
アナタはなぜブログを更新するのか 



“中条ピロシキ”橋本吉史
学生プロレスとラジオ 

今成夢人
「ガクセイプロレスラー・ライジング 卒業後のリアルなリング」 


福田洋
ジョーカーの狂気とアメリカンプロレス 










チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
Dropkick
更新頻度: ほぼ毎日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。