• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 「東京5キロメートル――知ってる街の知らない魅力」 第2回 二子玉川――おしゃれベッドタウンに潜むアナーキースポット 【毎月配信】 ☆ ほぼ日刊惑星開発委員会 vol.633 ☆

    2016-07-01 12:001時間前

    チャンネル会員の皆様へお知らせ

    PLANETSチャンネルを快適にお使いいただくための情報を、下記ページにて公開しています。
    (1)メルマガを写真付きのレイアウトで読む方法について
    (2)Gmail使用者の方へ、メルマガが届かない場合の対処法
    (3)ニコ生放送のメール通知を停止する方法について
    を解説していますので、新たに入会された方はぜひご覧ください。

    「東京5キロメートル――知ってる街の知らない魅力」
    第2回 二子玉川
    ――おしゃれベッドタウンに潜むアナーキースポット
    【毎月配信】
    ☆ ほぼ日刊惑星開発委員会 ☆
    2016.7.1 vol.633

    ZiF3dVse2883YvOIk2kD-0WPKhs9gGTkfnkkMLHy

    今日は、宇野常寛とPLANETS編集部・学生スタッフによる、街歩きの企画をお届けします! 今月のエリアは、二子玉川駅周辺です。おしゃれな駅前の再開発だけでなく、住宅街の隠れた魅力や、自然たっぷりな癒やしスポットまで、たくさん歩きました。ご感想、お待ちしてます!



    ◎構成:松田理沙+PLANETS編集部
    ◎写真:蜷川 新+PLANETS編集部


    今回歩くのは、二子玉川駅から等々力駅までの約5kmのコースです。いわゆる、「にこたま」のエリアです。
    哲学者である野矢茂樹先生のエッセイ『哲学な日々』を読んでいたら、「『穴』場のお寺」という章で玉川大師の非常に面白そうな紹介文が載っていたので、二子玉川を歩くことにしました。以前から行きたいと思っていた都内有数の自然スポット「等々力渓谷」も近くにあったので、二つの目玉スポットを巡るコースを作成しました。

    二子玉川2.png

    渋谷から東急田園都市線の急行に乗って2駅目が、二子玉川駅です。ホームに降り立ったとき、とても明るい雰囲気に驚きました。
    ホームはたくさんの光が入るように設計されていて、改札を出る前から「おしゃれ」な雰囲気が漂っています。
    改札を抜け、太陽に照らされた道にでると、休日のひとときを楽しむ人々がたくさんいました。家族連れの人、ペットと一緒に散歩をする人……道行く人は皆、ファッションに気をつかっていて、表情が明るくて、とても幸せそうな印象でした。記事だからこう書いているのではなく、本当に、全面的に「明るい」雰囲気が漂っているのです。


    (1)ランチ「neu」

    今日のランチをいただくのは、「neu(ノイ)」というお店。駅から徒歩3分くらいの、ちょっとわかりづらい道を行ったところにあるビルの2階のお店です。

    xJaaePbf8yksV6vREzBphXfqdr4wuIluh7mU-8YV

    お客さんは女性だけ! お母さま方から、若い女性までいましたが、私たちのグループ以外に男性のお客さんは一人もいませんでした。必然的に少し浮いてしまうPLANETS一行……。

    ここはハンバーグが目玉のお店のようです。通常時は前菜が2種類のみ出てくるようですが、「今日だけ特別に、前菜が取り放題なんですよ」と店員さん。とてもラッキーでした。見た目も味もお洒落な前菜たち……! こちらのお店は、岩手県盛岡産の野菜をたくさん使用しているそうです。

    RPqZ_RXxj9GnvPZE-HjLbSxrmd9U-P9B9FaR573y
    ▲カウンターに並べられた色鮮やかな前菜から、好きなものを好きなだけとることができました。

    ハンバーグが売りなのに、私はクラムチャウダーを注文してしまいました。運ばれてきたクラムチャウダーはたまねぎが芸術のようになっていてびっくりしましたが、スープはもちろん、白身魚もバケットも美味しくて大満足でした。

    54ekyvuJALntKEYa1xtGZSkz0idwIjmoi28L9fuA
    ▲宇野さんが注文したハンバーグ。肉汁があふれています。

    腹ごしらえが完了したところで、二子玉川の街歩きスタートです!


    (2)諏訪神社

    当初のコースには入っていませんでしたが、諏訪大社が大好きなので寄らせていただきました。長野県に本社がある諏訪神社は、「どこからでも参拝できるように」と勧請されたものが全国に約2万5000社もあります。こちらもそのうちの一つです。

    9tQgbb-hllgnLgEyEGG-CUzxnzAT1wPLFf9qVFeH
    ▲諏訪大明神。鳥居のすぐ近くに階段がある珍しい神社でした。

    境内の入り口はこじんまりとしていて、しばらく参道を歩くと明神鳥居があります。
    こんな神社がおしゃれな街・二子玉川にもあるのだなあと嬉しくなりました。


    (3)玉川商店街

    さらに歩いて行くと、昭和な雰囲気が漂う商店街が始まります。どのお店もそれぞれ歴史がありそうな店構えをしていて、明るくて新しい街がすぐ近くの二子玉川駅前にひろがっているとは考えられないような街並みでした。

    5g2HBOwp5aF1Y1m6aa8Q5uYWuVlz0h-8xaIOqmi7
    ▲昔ながらの雰囲気がある理容室

    写真では確認しづらいですが、サインポールに「CUT & PURM HIGH SENSE」と書いてあるところにお店の歴史を感じて、ほっこりしました……。

    商店街を歩いていたら、軒先にある、何のために使うのか全く見当もつかない機械が目に入りました。

    FYzh8WsAhboMWZfd4sRMqLLcePkfdOFeOY74NobD
    ▲正体不明の機械。不思議な雑貨屋さんの前にて。

    中に入って店員さんに聞いてみようと思ったのですが、他のお客さんと話しこまれていて聞けませんでした。これは一体なんだったのでしょうか……。

    _5gr6O1MYIyxEqKmP0YWSW77i6ocn7ojzAb7SZZS
    ▲玉川大師のすぐ近くの道沿いに幾つもあった、なぜか綺麗に割れている岩。不思議な形です。 


    (4)玉川大師

    さて、こちらが冒頭で触れた今回の目玉スポットです。住宅街のど真ん中に、この大きなお寺が位置しています。入り口が少しわかりづらいのですが、駐車場の奥にお寺があります。この日はお坊さんの説法中で、たくさんの人が訪れていました。

    FXhox6XL_ZmkkaTsYH6q2mXNKFuOumHDKSrqua13
    ▲お寺の中に入り切らないくらい、たくさんの人が訪れていました。

    wHq3plclojWAwaYuU2qODBGXYDryO0-gSY0h4frw

    0afzU3awBV6LsflKbuEFS3OdIOq7fKQZX0IiEziG

    oQ26-390_hC6imye9CSuv4PTAgoElN91OYA6nb-C

    KdEnaO35L2fSsxipGuvukq4vtZNyNVNOZDZDfj-r

    SdJ3LJ7Kzp8sk4aKHHUOcd98rvOsSk-u8PFhC8A1
    ▲境内には、なんとうさぎ「こっちゃん」が飼育されていました! かわいい!

    4EGyTATnd7mPvZl4KTl7LJrtbXTPRKGOqIF4X0yW
    ▲お寺の下駄箱。古い仮名遣の、手書きの案内がたくさんあります。

    このお寺の魅力は地下にあります。お寺の本堂から境内の下へと続く地下経路があり、そこに大量の仏像や壁画が存在しているのです。この地下霊場は、「歩くだけでお遍路ができる場所」として有名なのだとか。

    地下霊場が目的地だったのですが、カメラを持って入ろうしたら「写真撮影は禁止です。カメラはこちらで預かります」と言われてしまったので、中の写真は一枚も撮ることができませんでした……。

    2BK5GAKD9xQ2v3etuR4zUm3oTH1x5T7RkyNGi8eG 
    ▲「素足で御修行下さい」。ひんやりとした真っ暗な道を進みます。

    靴を脱ぎ、本堂の奥に進むと、地下霊場へ続く急な階段があります。この階段、降りると全く光のない暗闇が広がっていて、どこまで続くかわからないのです。参拝料を払って靴下を脱ぎ、手すりにすがりながら、おそるおそる下っていきます。

    目を閉じていても開けていても変わらないくらいの暗闇なので、道がどのように曲がっているのか、天井はどれくらいの高さなのか、前の人とはどれくらいの距離が空いているのか、何もかもわかりません。私たちは、普段いかに視覚情報に頼って生活しているのかを実感させられます。こんなに完璧な暗闇はなかなか体験できるものではありません。私は宇野さんのすぐ後ろを進んでいたのですが、距離感が全くわからず何回もぶつかってしまいました。後ろの人同士も同じような状況だったようで、暗闇のなかで時々「あっ、すみません」という小声が飛び交う空間になっていました。完璧な暗闇が不安を誘い、知らない人同士でも妙な連帯感が生じていました。

    途中で、急に視界が開けて明るくなったかと思うと、両脇の壁に仏像がずらり。

    地下.jpg
    ▲両脇には仏像が並びます。(写真はお寺の紹介サイトより)

    仏像が並ぶ間を通りすぎた後はまた暗闇に戻り、長い経路をしばらく歩くとようやく地上へと戻る階段が見えました。やっと、地下経路の旅が終了です。

    KBn6yYiz3zkqSWQqtm2m2ipf2FwmWvsuHY9exjMh
    ▲出入り口にあるお線香の香りが、本堂の周辺に漂っていました。

    「地下霊場に300体以上の仏像があるらしい」ということで行ってみたのですが、予想をはるかに上回るすごさに、しばらく動揺がおさまりませんでした。
    「想像以上にアナーキーなスポットだったね」と宇野さんもびっくりしていました。何らかのイニシエーションを経た後のような、自分自身がどこか成長したかのような気持ちになりながら、二子玉川駅方面に戻ります。


    (5)二子玉川ライズ

    mjHmpIycSI-s0dgPl63DOW7IiJgtmdeH0umiyam8
    ▲駅前にそびえ立つ「二子玉川ライズ」。

    玉川大師を出て、駅前に戻ってきました。ショッピングモール「ライズ」がそびえ立っています! 駅前一体に敷地が広がって、とても大きい。歩いても歩いても、ライズのビルが続きます。


    (6)蔦屋家電

    噂には聞いていたけれど、なかなか行く機会がなかった「蔦屋家電」。せっかくここまで来たのだからということで、ふらりと訪れました。

    お店の中は、本棚の周りに、関連したジャンルの家電を展示したスペースが広がっています。また、スターバックスのカウンターと、ゆったりした机もたくさん配置してあります。
    スターバックスの飲み物を片手に、勉強したり本を読んだりしている人が大勢いました。
    驚いたのは、予想していたよりも家電の要素が少ないことです。
    内装から、たくさん並んでいる洋書雑誌の表紙まで、ひたすら「おしゃれ」な空間でした。 

    WHbIk5dpOFZayChk4HX0k7bBuVDEKEEUnyINNz0K
    ▲歩いても歩いても「二子玉川ライズ」が続きます。かなり大きい商業施設です。

    二子玉川の駅前は、スーパーや銀行、クリーニング店、理美容店など生活に密着した店のみならず、誰かとご飯を食べる場所も映画館も素敵な雑貨屋さんも、なにもかもが豊富にそろっている印象でした。「にこたまに住んでいる人はここだけで生活を完結させることができるね」と宇野さん。


    (7)BETTY

    二子玉川ライズから徒歩10分ほどで、クレープ屋さん「BETTY」に到着です。

    6Qt3oSHNGlNMnieh5VrwPY6me0opvor7tkrn4UUz
    ▲クレープのいい香りが漂い、とってもおいしそう!

    クレープを注文して出来上がるのを待っていたら、同じくクレープを買いに来た、おしゃれなお姉さんに話しかけられました。

    「ここのクレープは量もあって、本当に美味しいですよね。他のクレープ屋さんで食べても満足できなくなっちゃう。息子が、ここのクレープが好きでね……」とお姉さん。

    KLJ8h6d3xNPy6stUirHpJ_aIxzqyMPUOEdvWP8KY
    ▲ラムレーズンカスタード味。生地がもちもちして、とても美味しかったです!

    確かに、こちらのクレープはメニューも豊富で、おいしそうなものが他にもたくさんあるので、私も通いたくなってしまいました。


    (8)二子玉川公園

    クレープ屋さんBETTYから少し歩くと、二子玉川公園に到着です。

    damZvWwtL8MY9Ip7l4p0VuT6GL-dz3CBJ7-uhFNW
    ▲公園では、休日をまったり過ごす人たちがたくさんいました。

    多摩川沿いに建つこの2本の建物を見たとき、二子玉川に来たのだなあと実感しました。
    ちなみに、ここに住むにはどれくらいお金を払えば良いのだろうと出来心で見てみたところ、中古の2LDKで一億円を優に超えていたので溜息がでました。

    Gr0YzGkp7WSDE2onIlzdXCFeEZBOik2J5puObXUh
    ▲川の向こう側には、大きな建物はありません。

    二子玉川公園を通りぬけ、多摩川沿いの道を等々力渓谷に向けて歩きます。当時放送中だった、ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』の話をしながら歩きました。瀬戸康史さん演じるカフェ店員・諒太郎くんか、徳井義実さん演じる商社マン・桜井さんか、はたまた恋愛を指南してくれる和食屋の店主・十倉さんか……どの人物が好きか、主人公はどんな選択をするのかなど、たいへん盛り上がりました。

    7H34vZmekVC3eaBOBquT8OWMFEbWPxMrzAYbjBSQ
    ▲だだっぴろい河川敷に、ぽつんとライオンが。何故……?

    しばらく歩いたところに、突然、ライオンを見つけました! こちらをみて微笑んでいる様子がなんとも言えません。あまりのシュールさに、一同爆笑。
    なぜこんな河川敷に一匹のライオンが放置されているのでしょうか。棄てられたのでしょうか……。
    不思議だったので近づいてみたところ、腰回りが妙にセクシーでますます笑ってしまいました。街歩きをすると、いつも不思議なものに出会います。


    (9)等々力渓谷

    多摩川沿いをどんどん歩き、閑静な住宅街を抜けると等々力渓谷に到着します。等々力駅から訪れる人が多そうな場所なのですが、私たちは二子玉川側から逆走しつつ渓谷を楽しみました。

    等々力駅から訪れる人がほとんどですが、PLANETS一行は二子玉川側から歩いて向かったのでどこから入れば良いのかわからず、少し迷ってしまいました。

    OX4veKXH1mLQJRd9V0D-G904wgx7_tNMWvIjfExt
    ▲等々力駅側にある入り口の看板。

    渓谷の近くに一歩足を踏み入れると、そこは別世界です。渋谷から20分ほどでここまで緑豊かな場所があるのか、と驚かされます。

    iW9vUePV6T7Sgx5CqeCaPzpA02agMvkOjGFnss2X
    ▲水がさらさらと流れています。水面はとても静か。

    渓谷は、意外と長い距離で広がっていました。歩道がきちんと整備されており、誰でも手軽に自然を楽しむことができます。

    hwmKkp3_CabrgcJuVCEbhyKUWwjIBOxEjGep2txI
    ▲一面の緑の中で、赤が映えます。

    UZJY8kNmVY5fg4Li4SxaQ0d8qYbyM4Kr4Zx5Gm5Q
    ▲川が流れているすぐそばに、敷き詰められたように白い花が咲いていました。

    この日は土曜日だったせいか、私が思っていたよりも多くの人が訪れていました。都内有数の自然あふれるスポットです。みなさんも水の音やたくさんの緑に癒されに来てはいかがでしょうか?


    ■終わりに

    清々しい渓谷を歩き終え、等々力駅に戻ってきました。今回の街歩きはこちらにて終了です。

    ZyjCDo_JFmlOsNjmqMQKUI7kAmuKOVmzK7w7PwO1  
    ▲等々力駅。駅も電車もこじんまりとしていて、非常に可愛らしいです。

    今回の目玉スポットはやはり玉川大師と等々力渓谷です。二子玉川駅前のおしゃれで明るい雰囲気に圧倒されてしまった心を癒してくれました。
    中でも、玉川大師の地下霊場で体験できる暗闇は素晴らしかったです。普段お寺に行かないという方でも、ぜひ一度足を運んでみてください。

    歩く前は、ただひたすらおしゃれなベッドタウンという印象だった二子玉川でしたが、実際に行ってみるとそれだけではない、むしろその他のところに魅力がある場所だということがわかりました。
    次回の街歩きでも、知っている街の知らない顔を発見できたらいいなと思います。

    (続く)


    【本日開催!まだチケット間に合います】7/1(金)19時〜 イケダハヤト×石川涼×馬場正尊×宇野常寛×吉田尚記「東京再発見――いま、いちばんおもしろい街決定戦」@渋谷ヒカリエ(Hikarie+PLANETS 渋谷セカンドステージ vol.12)

    KujaWLuyBQZepozHLL7AzoFXdxhjvV-qSfpz6Jdv

    2020年を見据えた都市開発が盛んな東京。これからいちばんおもしろくなる街はどこか?そもそも東京は本当に地方より魅力的なのか?東京の未来を正面から語り合います。
    チャンネル会員限定の割引もあります! 詳細は下記リンクから。


    『PLANETS vol.9 東京2020 オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト』好評発売中です!

    FApF3qm4EAXNrLnbUmhxeXBXesCQXuIq5pFPZMK3

    『PLANETS vol.9』は2020年の東京五輪計画と近未来の日本像について、気鋭の論客たちからなるプロジェクトチームを結成し、4つの視点から徹底的に考える一大提言特集です。リアリスティックでありながらワクワクする日本再生のシナリオを描き出します。

    ★Amazonでのご購入はこちらのリンクから。
    ★販売書店リストはこちらのリンクから。

    ご感想をぜひ、ツイッターハッシュタグ #planets9 までお寄せください!
    また、Amazonレビューもぜひ、お待ちしております!
    長文のご感想・お便りは wakusei2ndshop@gmail.com まで。


    【告知】編集部からのお知らせ
    PLANETSからの耳寄りな情報を、どこよりも早くお届けします。


    ☆★今週のPLANETS★☆

    ▽ニコ生情報
    7/1(金)19:00〜イケダハヤト×石川涼×馬場正尊×宇野常寛×吉田尚記「東京再発見――いま、いちばんおもしろい街決定戦」【イベント生中継】
    ☆渋谷ヒカリエで開催のトークショーの様子を生中継します! 東京再開発の未来について考えます。
    チケットまだまだ発売中!
    生中継URLは

    7/2(土)23:00〜「朝までオタ討論! 25th ROUND――AKB総選挙2016とは何だったのか!?」
    ☆今年もアツく燃え上がったAKB総選挙について、終わった後だから言えることも含めてぶっちゃけます!

    ▽出演情報
    毎週木曜日8:00〜日テレ「スッキリ!!」
    ☆レギュラーコメンテーターとして、宇野常寛が出演しています。

    ▽書籍・雑誌情報
    落合陽一著『魔法の世紀』(PLANETS)発売中!
    ☆「映像の世紀」から「魔法の世紀」へ。研究者にしてメディアアーティストの落合さんが、この世界の変化の本質を、テクノロジーとアートの両面から語ります。

    ☆連載「月刊カルチャー時評」では、ゲームクリエイターのイシイジロウさんと映画「ズートピア」を語りました。

    ☆特集「『朝ドラ』ブームを読み解く」にて、宇野常寛のインタビューが掲載されています。
  • 京都精華大学〈サブカルチャー〉論 第4回 〈ジャンプ〉の再生と少年マンガの終わり(毎週金曜配信「宇野常寛の対話と講義録」)☆ ほぼ日刊惑星開発委員会 vol.632 ☆

    2016-07-01 07:006時間前
    540pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


    チャンネル会員の皆様へお知らせ

    PLANETSチャンネルを快適にお使いいただくための情報を、下記ページにて公開しています。
    (1)メルマガを写真付きのレイアウトで読む方法について
    (2)Gmail使用者の方へ、メルマガが届かない場合の対処法
    (3)ニコ生放送のメール通知を停止する方法について
    を解説していますので、新たに入会された方はぜひご覧ください。

    京都精華大学〈サブカルチャー〉論
    第4回  
    〈ジャンプ〉の再生と少年マンガの終わり
    (毎週金曜配信「宇野常寛の対話と講義録」)
    ☆ ほぼ日刊惑星開発委員会 ☆
    2016.7.1 vol.632

    RXvkbwCnYtnfdTfcKcf5siLMiOZnEMFYc9_sWntc

    今朝は、「京都精華大学〈サブカルチャー〉論」をお送りします。今回は90年代の黄金期終焉以降、「週刊少年ジャンプ」が復活するまでの様々な試行錯誤を、『ONE PIECE』『HUNTER×HUNTER』『銀魂』『DEATH NOTE』などの作品を例に取りながら語ります(この原稿は、京都精華大学 ポピュラーカルチャー学部 2016年4月29日の講義を再構成したものです)。

    毎週金曜配信中! 「宇野常寛の対話と講義録」配信記事一覧はこちらのリンクから。


    ■樹林伸とマガジンの逆襲

     1995年から翌年の96年にかけて、週刊少年ジャンプの黄金期を支えた三大連載が終了し、その直後にライバルであった週刊少年マガジンの発行部数が――ほんの少しの間ですが――ジャンプを追い抜きます。
     この90年代半ばのマガジンの原動力になったのが『金田一少年の事件簿』で、この作品を立ち上げたのがカリスマ編集者として有名な樹林伸ですね。彼は講談社の編集者として、そして事実上の原作者として『金田一少年の事件簿』『シュート!』『GTO』など数々のヒット作を世に送り出しました。その後独立して、「天樹征丸」をはじめとして様々なペンネームでマンガ原作を手がけるようになっていきます。
     この樹林伸という編集者の手法は2つの点で革命的でした。ひとつは一本のマンガ作品をひとりの作家とその担当編集者のタッグで作っていくのではなく、原作者、シナリオライター、作画者といったチームによる制作手法を洗練させたことです。いま挙げた作品の中では『金田一少年の事件簿』がこの手法で制作されています。
     最近映画化もされた『バクマン。』で題材になっていますけれど、ジャンプ編集部はほとんどこういう作り方をしませんね、あくまで才能のありそうな若い作家を編集者が一対一で鍛え上げていくというやり方にこだわっています。ある種の作家主義的な信仰が強いのがその編集方針の特徴です。対してマガジンにはこうした信仰があまりない。『巨人の星』や『タイガーマスク』で60年代後半のマガジンを支えたのが梶原一騎という原作者だったことが象徴的ですが、マガジンには原作者を別に立てたマンガが相対的に多かったし、何より編集者が事実上の原作者として機能するケースが以前から多かったようです。そして樹林伸はこうしたマガジンの編集文化を発展させて、企画のできる編集者、しっかりしたシナリオが書けるライター、絵の上手いマンガ家のチームというスタッフワークで作品を生むシステムを組み上げた。
     たとえば当時、島田荘司を代表格とする「新本格」といわれるミステリ小説の潮流があったのですが、そのノウハウを上手く少年マンガに落とし込んで成功させたのが『金田一少年の事件簿』だった。要するに、隣接ジャンルの流行りものを、ブレーンをつけて調べさせてそれを少年マンガのフォーマットに落とし込めるようにしていったんですね。
     たまたまですが、僕の友人には講談社のマンガ編集者が何人かいて、この樹林伸の弟子筋にあたる人を2、3人知っています。彼らはやっぱり憧れがあるんでしょうね。アイドルだったりゲームだったり、他のジャンルの流行を意識した企画色の強い編集主導の作品を作りたがる傾向があります(笑)。
     そしてこれは彼らから聞いた話ですが、樹林伸が確立したもうひとつの手法が、マンガのコマ割りに関するものだそうです。彼は、独自にコマ割りの演出方法を分析して、その理論を理解すれば経験不足の若手編集者でもマンガ家のコマ割りを必要があればある程度直せる理論を開発した、と言われています。要するに樹林伸という人はマンガに対して、物語やコマというものに対してとても工学的な発想を持っている人なのだと思います。もっと言ってしまえば、究極的には特定の作家の才能に頼らなくても質の高いマンガを作ることができる、と考えているという確信が彼の思想を支えている。もちろん、その思想はまだ完全に実現されたとは言えません。少なくともマンガの世界では、まだまだジャンプが代表する作家主義のほうが主流です。しかし樹林伸のような集団的なクリエイティビティの優位を主張している人たちの存在感は、この頃よりもずっと大きくなっているのは間違いないですね。たとえば、ちょうどマガジンがジャンプに追いつこうとしていた時期に、『トイ・ストーリー』を引っさげて世界をあっと言わせたアメリカのピクサー・アニメーション・スタジオがそれです。ピクサーはいま、事実上の経営統合によって仮想敵だったディズニーを乗っ取り、世界のアニメーションの頂点に君臨しています。あるいは、国内で言えばこの数年、ニコニコ動画やピクシブなどの創作系SNSを舞台にしたボーカロイドなどの二次創作が一大市場を形成するようになっています。こちらは、ピクサーのようなプロフェッショナルによる集団創作というよりは、ソーシャルメディアの特性を活かしたボトムアップの集合知的な創作ですが、どちらにせよ、僕たちが未だに強固に抱いている作家性の神話、とくに個人の天才だけが創作に寄与して集団的な思考はそれを阻害する、という物語はこの時期から内外で大きく相対化されはじめたと言えます。そしてこの時期のジャンプ対マガジンの戦いは、実はその一局面でもあるわけです。


    p-OmnlmEthk0z8kHlMRP9PSEzmmsjEyYxOUyeGnB
    【ここから先はチャンネル会員限定!】
    PLANETSの日刊メルマガ「ほぼ日刊惑星開発委員会」は今月も厳選された記事を多数配信します! すでに配信済みの記事一覧は下記リンクから更新されていきます。
     
  • 地方局、ライヴハウス、ご当地フェス――80年代バンドブームを演出した「周縁の力」(市川哲史×藤谷千明『すべての道はV系に通ず』第4回) ☆ ほぼ日刊惑星開発委員会 vol.631 ☆

    2016-06-30 07:001
    540pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


    チャンネル会員の皆様へお知らせ

    PLANETSチャンネルを快適にお使いいただくための情報を、下記ページにて公開しています。
    (1)メルマガを写真付きのレイアウトで読む方法について
    (2)Gmail使用者の方へ、メルマガが届かない場合の対処法
    (3)ニコ生放送のメール通知を停止する方法について
    を解説していますので、新たに入会された方はぜひご覧ください。

     地方局、ライヴハウス、ご当地フェス
    ――80年代バンドブームを演出した「周縁の力」
    (市川哲史×藤谷千明『すべての道はV系に通ず』第4回)
    ☆ ほぼ日刊惑星開発委員会 ☆
    2016.6.30 vol.631

    QUzOrQDt7VXIaoZPSSEF4yrL35__72bEK307JW-3

    今朝のメルマガは市川哲史さん、藤谷千明さんによる連載『すべての道はV系に通ず』をお届けします。前回(第3回/昨年8月25日配信)から引き続き「地理と文化(V系)の関係」がテーマ。90年代V系ブームを準備した80年代のバンドブーム、そして地方ライヴハウスとメディアの関係について論じます。


    ▼プロフィール
    市川哲史(いちかわ・てつし)
    
1961年岡山生まれ。大学在学中より現在まで「ロッキング・オン」「ロッキング・オンJAPAN」「音楽と人」「オリコンスタイル」「日経エンタテインメント!」などで歯に衣着せぬ個性的な文筆活動を展開。最新刊は『誰も教えてくれなかった本当のポップ・ミュージック論』(シンコーミュージック刊)。

    藤谷千明(ふじたに・ちあき)
    1981年山口生まれ。思春期にヴィジュアル系の洗礼を浴びて現在は若手ヴィジュアル系バンドを中心にインタビューを手がけるフリーライター。執筆媒体は「サイゾー」「Real sound」「ウレぴあ総研」ほか。

    『すべての道はV系に通ず』これまでの配信記事一覧はこちらのリンクから。 

    ◎司会:編集部
    ◎構成:藤谷千明


    ■ 80年代アンダーグラウンドシーンの胎動

    ――久しぶりの配信になりますが、前回まではヴィジュアル系カルチャーが郊外・地方発ならではの「ヤンキー性」を持っているということについて語ってもらいました。今回は、「地理と文化(V系)の関係」についてさらに掘り下げて整理していければと思います。

    藤谷 まず、市川さんが著書でも書かれているように、例えばX JAPANは千葉、LUNA SEAは神奈川や東京の町田市出身ですが、「東京(23区)」出身じゃない人たちによる文化だからこそ大衆性を獲得して全国区のブームになりえたわけですよね。

    でも、そもそも90年代のヴィジュアル系バンドを育んだ「場所」って、大まかに「ライヴハウス」と、テレビ・ラジオ・雑誌などの「マスメディア」の2つだったということでいいんでしょうか?  私はリアルタイムでは経験していないので、よく分かっていないところがあるんですが。

    市川 まず、前回話したように日本の80年代のアンダーグラウンドな音楽シーンには<メタル(ジャパメタ)>と<パンク(ハードコア・パンク)>という2つの部族がおり、両者は本当に不毛な暴力的抗争を繰り広げておりました。そしてそんな野蛮な不良たちとは距離を置いて、ニューウェイヴの連中が自分たちの居場所をこっそり確保しておったのです。

    ――日本昔ばなしですか(笑)。あの、そのパンクとニュー・ウェイヴって一括りにされてる場合もあればきっちり区別されてる場合もあるんですけれど、この2つの違いや機微ってどういうものだったんですか?

    市川 誤解を怖れずものすごく単純に比較すると<パンク×ニューウェイヴ>は、ヤンキー×オタク、衝動×感性、開放×閉鎖、馬鹿×小利口、みたいな(爆笑)。そもそもは衝動一発の「皆死んじまえ」全否定ロックだったパンクにどうしても体質が合わない文系者たちが、センスと理屈を頼りに始めた一見スマートなパンクが、ニューウェイヴ@ロンドン&NY。だからファッションでもアートでも映画でも文学でもテクノでも、お洒落で頭よさそうに見えるものなら何でも食べちゃう雑食性が武器だった。日本に置き換えれば、ヤンキー的な不良に「絶対なりたくない」けど、とにかく他人とは違うことを「ポップ」にやりたかった草食系かしら。

    で、後のV系との絡みでいえばこの時期に<男なのに化粧>が始まっているわけ。メジャー処だとイエロー・マジック・オーケストラ【1】が1978年頃に出てきて、その後の1982年に坂本龍一と忌野清志郎がコラボした「い・け・な・いルージュマジック」のPVでは化粧した男同士でキスしたりして、やたら話題になる。それで「ああ、バンドの人って化粧するんだ」ということが、世間に一応、どうでもいい情報として潜在的に刷りこまれたわけ。するとニューウェイヴ者がモード系に向かうのをよそに、ハードコア・パンクの連中は動物の示威行為のようにモヒカンとピアスを突き詰めて「人間凶器」的ヴィジュアルを志し、ジャパメタのほうもハノイ・ロックス【2】みたいな洋楽ロックバンドを見て、こっちはとにかく派手でグラマラスな化粧に邁進していったよねぇ。
    【1】イエロー・マジック・オーケストラ(YMO):1978年に結成された細野晴臣・高橋幸宏・坂本龍一の3人による音楽グループ。80年代のテクノ / ニュー・ウェーヴのムーブメントを牽引した。アメリカやヨーロッパで受け入れられ、その後に逆輸入のかたちで日本でもヒットを飛ばし、79年には2ndアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』がオリコン・チャートの最高1位にランクインした。
     【2】ハノイ・ロックス(HANOI ROCKS):フィンランド出身のロックバンドで、1980年代前半に活躍。ガンズ・アンド・ローゼズやスキッド・ロウ、日本ではZIGGYなどに影響を与えたと言われる。音楽性は「グラム・ロック」「グラム・メタル」などと言われるもので、長髪にメイク、個性的なファッションも後代のバンドに多大な影響を与えた。


    ncPE81LCDcfa_xDkPuDIS7KAbu_FBtxSf0zZBrjt
    【ここから先はチャンネル会員限定!】
    PLANETSの日刊メルマガ「ほぼ日刊惑星開発委員会」は今月も厳選された記事を多数配信します! すでに配信済みの記事一覧は下記リンクから更新されていきます。