• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

☆ ほぼ日刊惑星開発委員会 vol.002 ☆ 「ゲーム研究者・井上明人 インタビュー 義足がドーピング扱いされる時代に~パラリンピックが問う近代スポーツの前提」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

☆ ほぼ日刊惑星開発委員会 vol.002 ☆ 「ゲーム研究者・井上明人 インタビュー 義足がドーピング扱いされる時代に~パラリンピックが問う近代スポーツの前提」

2014-02-04 07:00
    「ゲーム研究者・井上明人インタビュー
      義足がドーピング扱いされる時代に~
    パラリンピックが問う近代スポーツの前提」
    ☆ ほぼ日刊惑星開発委員会 ☆
    2014.2.4 vol.002
    http://wakusei2nd.com

    453b73976b2cd7283030b21c0281e832d8f7b396

    PLANETS vol.9に参加する井上明人さんがいま興味を持っているのは障がい者スポーツ。 気鋭のゲーム研究者が語る独自の視点はオリンピックが抱える"暗黙の前提"に迫るものでした。

    【PLANETS vol.9(P9)プロジェクトチーム連続インタビュー第1回】

    この連載では、評論家/PLANETS編集長の宇野常寛が各界の「この人は!」と思って集めた、『PLANETS vol.9 特集:東京2020(仮)』(P9)制作のためのドリームチームのメンバーに連続インタビューしていきます。2020年のオリンピックと未来の日本社会に向けて、大胆な(しかし実現可能な)夢のプロ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。