• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 2件
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「僕らオタクが『ブレードランナー』から受け取るべきこと」

    2017-11-01 06:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/11/01

    ───────────────────────────────────今回の記事はニコ生ゼミ10/22(#201)よりハイライトでお送りします。


    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive
    ─────────────────────────────「僕らオタクが『ブレードランナー』から受け取るべきこと」



     じゃあ、この『ブレードランナー』と『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の違いというのを、僕らのようなオタクの問題に繋げていくとどうなるのか? 

     まず、フィリップ・K・ディック的に、
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「“レプリカント”にリドリー・スコットが込めた意味」

    2017-10-31 06:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/10/31

    ───────────────────────────────────今回の記事はニコ生ゼミ10/22(#201)よりハイライトでお送りします。


    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive
    ─────────────────────────────「“レプリカント”にリドリー・スコットが込めた意味」



     『ブレードランナー』の原作小説、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を書いたフィリップ・K・ディックは、1982年の3月2日に死んだんだ。
     なので、結局、劇場公開されたブレードランナーを