• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 3件
  • [本橋信宏]今週の流行語大賞④ 「パネマジ」

    2014-03-26 10:00  
    220pt
    本橋信宏寄稿記事 今週の流行語大賞④ 「パネマジ」

     ところでいま、風俗業界はどうなっているのか?

     アベノミクスの恩恵は風俗業界にまでは及ばず、ソープ、ファッションヘルスは客が入らず青息吐息、不況に強いフーゾク、という定説も今度ばかりは通用しない。

     そんななか、客が押しかけているのが、デリヘルである。ホテルや自室に直接女性が派遣される、派遣型風俗・デリバリーヘルス、いわゆるデリヘル。
     ファッションヘルス、性感ヘルスといった店舗型ヘルスが新風営法の規制によって、新たな出店が禁じられ、おおっぴらな営業も控えるようになった一方で、無店舗型のデリヘルが大いに栄えるようになった。デリヘルはプレイ用の部屋を借りることもなく、事務所を借りればすぐに営業できる。資金がそれほどなくても開業できるとあって、新風営法以降一気に増殖した。

     デリヘルは客が先に入ったラブホテルに女性を派遣する。デリヘル店の多くは特定のラブホテルと契約を結び、部屋を使っているので、ラブホテルは思わぬデリヘル特需に活気づいている。
     デリヘル業界は過当競争に入り、表向きは本番をうたっていないが、実際は本番(性交)
    をいたす店が増え、派遣する女性も若くてきれいな子が増えている。30代~40代の熟女・人妻系も人気を集め、巨乳専門デリヘル、巨尻専門、デブ専門といったマニアックなデリヘルまで誕生し、人気を博している。

     さらに山手線鶯谷駅周辺のラブホテルを利用する韓国女性デリヘル、略して韓デリが爆発的な人気を集めている。就職難にあえぐソウルのOLや看護師、女子大生が仕事を求め日本にやってくる。3ヶ月間ならノービザで来日できるので、3ヶ月間だけ目一杯鶯谷の韓デリで働いて帰るのだ。KーPOPアイドル級の愛らしくて若い素人が、しかも本番、時間内無制限発射、多くの場合がノーコンドームという夢のようなサービスなのだから、人気の出ないわけがない。

     韓デリをはじめとするデリヘルで横行しているのが、”パネマジ”である。
  • [本橋信宏]文筆家本橋信宏の今週の裏流行語大賞【巨乳人妻デリヘル嬢の写真あり】

    2014-01-13 01:00  
    220pt
    文筆家本橋信宏の今週の裏流行語大賞 <鶯谷発>
     鶯谷発、といっても鉄道話ではない。  山手線で最も乗降者数の少ないマイナーな駅、鶯谷周辺がいま、風俗通のあいだで密かなブームとなっている。「鶯谷発」というのは、鶯谷のラブホテルにおけるデリヘルのハードなサービスを意味する。ハードなサービス、というのは、<2万円以下で遊べて、時間内無制限発射、ノーコンドーム>という、これまでの風俗体験では考えられない過激な内容のことだ。
     鶯谷駅北口広場に、ぽつんとたたずむ男たち。人待ち顔の彼らは、どこか気分が高揚した風情だ。それもそのはず、この地でデリヘル嬢と待ち合わせしているのだ。
     鶯谷のデリヘルは様々な専門店に特化している。巨乳・熟女・若妻・巨尻・SM・・・・
     ありとあらゆる女たちが男たちの待つ北口に向かう。真冬なのに胸の谷間が揺れる女。ハイヒールと網タイツのよく似合う熟女。はちきれんばかりのヒップをくねくねさせ歩く巨尻女。にやける男たちは、目当ての女と腕を組み、駅の目の前にあるラブホテル群に消えていく。
     大塚・池袋・新宿・渋谷・五反田・・・・
     山手線沿線の風俗街は数あれど、安くて、何回でもできて、しかもナマ率が高い風俗となると鶯谷を超えるものはない。

     二昔前、鶯谷風俗といえば、近くの吉原ソープで客がとれなくなった年増ソープ嬢がラブホテル街の路上で客を引く、いわゆるたちんぼが有名だった。ラブホテルで女を呼ぶホテトルだって、鶯谷では商品価値の無くなったおばさんが多かった。  ところがいまや、鶯谷発デリへルといえば、人妻・熟女のトップクラスがそろい、しかも2万から時間内で何回でもOK、そして多くの彼女たちがナマを許す。
      こんな信じられない状態になったのは、この地が持つ独特の磁場のせいだろう。
  • 【拡張!日刊ナックルズ】風俗について考えてみた

    2013-12-10 01:00  
    220pt
    拡張!日刊ナックルズ 風俗について考えてみた

     日刊ナックルズ(http://n-knuckles.com/)にこんな記事が載った。
    東京・吉原ソープランド街の生きる伝説「巨匠」がいまだ大人気なワケ http://n-knuckles.com/street/downtown/news000860.html

       「吉原の巨匠」と呼ばれる女性のエピソードである。検索で「吉原」「巨匠」と打つだけで、色々とエピソードが出てくる知る人ぞ知る女性である。かつて僕が編集人を務めた『ダークサイドJAPAN』『実話ナックルズ』でも取り上げた女性、そして実質初めて僕がテレビ出演した際の番組、テレビ東京『ゴッドタン』で紹介した「あげまん慶子」のようなイメージかと思いきや、この女性は違う。

     正に「プロ」。悪く取られると困るが「仕事人」である。日刊ナックルズに寄稿して頂いたライター阿部定治氏の言う通り、風俗通の間では有名人である。

    吉原の巨匠。

     いつか、インタビュー出来ないかと思っていたら作家・岩井志麻子先生が既に済ましていたという。さすが岩井先生である。

     岩井先生のように風俗に、あるいはAV等、「記事を読むのが恥ずかしい」と思われがちなテーマにきちんと真正面から向き合う事によって、秀逸な本を生み出すのだと思う。例えばAVなら永沢光雄著『AV女優』というように、である(他にも傑作はたくさんあるが割愛する)。

     で、風俗なのだが、読者の皆さんは男性だろうか、女性だろうか。「ニコ生ナックルズ」で二回くらいそういったアンケートを取ったが80%男性、20%女性だったので本稿をご覧の皆さんもその割合だと思われる。

     では男性で、風俗に行った事がある方はどのくらいいらっしゃるだろう。僕は案外遅くて、24歳か25歳だったと思う。それまで行く動機がなかった。彼女がいると、そちらの方にどうしても精神もお金もかける(デート代等)事になり、大学生や社会人一年目などは行く必要もなかったと言える。

     僕は当時は、広告代理店の営業部だった。元来アンダーグラウンド的なものに興味はあった。そこで、出張先の香川県高松市に泊まった時、おばあさんのポン引きに連れられ、フラフラと青線めいた所に入って行ってしまったのである。ニコ生でも原稿でも「繁華街では客引きにはついて行かないように」等とエラそうな事を言っておきながらお恥ずかしい次第である。しかし、結果的には「当たり」だった。いや、当たってはいないもののも良い風俗初体験をしたと思う。

     そこは今思うと、ちょんの間、あるいは青線跡だったと思われる。一軒家に連れて行かれ二階に上らされた。ぼったくりかも知れないが、自分が今後ろめたい事をしているような気がして妙な高揚感が僕を包んでいた。部屋に通される事、十分程度。現れた嬢はごく普通の中年の女性に見えた。太ももの大きなバラの刺青を除いては。