• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 5件
  • [ニコ生タックルズ放送まとめ!]【2014年5月22日放送】週刊!東京ブレイキングニュース(仮)

    2014-05-28 23:00  
    「久田将義責任編集 ニコ生タックルズマガジン」日本で一番危ないWEBマガジンが創刊!『実話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』元編集長の久田将義が、インターネットを通して新たな「アウトローメディア」を始めました。その名も「久田将義 責任編集 ニコ生タックルズマガジン」。編集長の久田氏をはじめ、様々なアウトロー著者陣営がどの既存メディアでも露出できない記事をお届けします。(毎週金曜日に はその週のまとめ記事を配信)
    《TS視聴可能な番組》
    《今後の生放送予定》
     

    [ニコ生タックルズ放送まとめ!]【2014年5月22日放送】週刊!東京ブレイキングニュース(仮)
    皆様、こんばんは!(こんにちは!)ニコ生タックルズの編集を担当しております、石村と申します。今回は5月22日に放送した「週刊!東京ブレイキングニュース(仮)」のまとめ記事になります!↑タイムシフト視聴は5月29日23:59となって
  • [匿名記者]拡張!東京ブレイキングニュース『日本最大の暴力団山口組の今』

    2014-02-18 01:00  
    220pt
    拡張!東京ブレイキングニュース 『日本最大の暴力団山口組の今』
     ドラマ、映画、漫画では様々な形で、山口組を想像させる組織が登場してくる。我々もそれらを通して間接的にではあるが、この日本一の規模の暴力団に触れている事になる。東京ブレイキングニュースで「山口組の餅つきの様子の動画」を報じたが、餅つきしているだけで話題になる組織は珍しい。 最高幹部の姿も...山口組「餅つき大会」の投稿動画が話題に http://n-knuckles.com/street/underground/news001212.html

    六代目司忍組長が五代目渡辺芳則組長の跡を継いだのが2005年の事である。産経新聞が服役後の司組長の単独インタビューに成功したが、原則的に、取材拒否の山口組はほとんど表に出る事はない。とは言え、島田紳介引退や中田カオス問題など、芸能界を揺るがす事件の時には山口組の名前が出てくるは周知の事実だ。

    では、その日本最大の指定暴力団であり、構成員13000人を超える、この巨大組織について可能な限りお伝えしてみたい。

    山口組の最高幹部は
    若 頭 - 高山清司
    舎弟頭 - 入江 禎(二代目宅見組組長)
    統括委員長 - 橋本弘文(極心連合会会長)
    本部長 - 大原宏延(大原組組長)

    の他に若頭補佐などが執行部になる。
    これら執行部で組の方針を決め、毎月行われる月寄りで直参組長に伝えられる。直参組長は北海道から九州まで存在している。東京にも約二十五年前の八王子抗争により、山口組が進出した。関東の暴力団は「多摩川は越えさせない」とよく言っていたものだが、それもままならなくなった。
     今や、東京の繁華街、新宿、六本木を初めほとんどの街に山口組の事務所があるのは周知の事実である。この事が、関東連合や怒羅権などの準暴力団が暗躍する遠因になったのだと思われるがそれはまたの機会に。
  • [久田将義]拡張!東京ブレイキングニュース【都知事選と徳州会問題~15年前に徳田虎雄氏と名刺交換した際の印象】

    2014-01-14 01:00  
    220pt

    [久田将義]拡張!東京ブレイキングニュース 【 都知事選と徳州会問題~15年前に徳田虎雄氏と名刺交換した際の印象 】と、 今後の当ブロマガ配信内容

     今のところ当ブロマガのタイトルは『久田将義のニコ生ナックルズ』ですが、日刊ナックルズの改題によりタイトル募集を引き続きしております。その番組は1月17日20時放送です。

    さて、今後の当ブロマガです。

    ●毎週三本~二本の新着記事。 色々なライターさんに書いて頂くマガジン形式
    因みに昨日は業界の大先輩、本橋信宏さん。明日は普段は実名で書いておりますが内容が危険なのでペンネームにして頂いたライターさんの原稿。と、いうようにです。

    ●月に四回の生放送
     お馴染みになりました、月末放送吉田豪君との二窓放送 『居酒屋ナックルズ』 、僕の一人語りの『アウトローニュース』の他、ゲストを招いての放送。 『未解決事件特集』『ヤクザとは何か』『右翼幹部へのインタビュー』『都市伝説特集』『芸能界スキャンダル』 から 『熟女セクシー女優が語る、あるある話』 までふり幅広く放送します。

    そして、新たな試みとしては
    ●ニュースサイト『東京ブレイキングニュース』とのコラボ放送。
    実際にはテストケースで週に一回、 『夕刊東京ブレイキングニュース』(仮) を15分番組として流す。また、スポンサーが付きそうですので(!?)、 『風俗すべらない話』(仮) を毎月、ゲストを招いてすべらない話をして頂こうかなと考えています。

    基本、この四本立てで配信していきますので、今後とも当ブロマガを宜しくお願い致します。なお、動画も充実しています。過去動画で気になったものについては、会員であればいつでも自由に視聴できます。

                    
    では、いつもの「拡張!東京ブレイキングニュース」へ。
    今週気になったものと言えば、都知事選の行方という事になるだろうが、これについても番組を当ブロマガで放送するかも知れない。また、都知事選開票翌日の2月10日(月曜日)にはロフトブラスワンで司会・プチ鹿島さん、ライター畠山理仁さんと僕。そして、落選した都知事候補をゲストに招いてトークイベントを開くので、お越しになれる方は是非、足を運んで頂ければと思う。

     で、忘れがちなのが猪瀬前都知事の徳洲会問題。
     僕は実は、元気な頃の徳洲会理事徳田虎雄氏と名刺交換をし、酒を飲んだ事がある。自由連合を率いていた頃だから約16年前になるだろうか。場所は、歌舞伎町・ゴールデン街のカウンターのみの会員制のバーだった。

  • [久田将義]拡張!東京BREAKING NEWS【今年注目すべき事件とは…… 『餃子の王将社長殺人事件』】

    2014-01-07 08:30  
    220pt

    [久田将義]拡張!東京BREAKING NEWS 【今年注目すべき事件とは…… 『餃子の王将社長殺人事件』】


    同業者と集まると、大体、表題にあるような議論になる。
    今一番、気になり、そして不気味でもあるのが「餃子の王将社長殺害事件」であろう。皆さんがよく利用するであろう、アノ有名チェーン店の社長が……という事でも注目を集めた。

    一般企業の方が巻き込まれた事件と言えば1994年、住友銀行名古屋支店長射殺事件が思い浮かぶ。こちらは犯人逃亡中である。同年富士フィルム専務の刺殺事件が起きた。一流会社の幹部の殺人事件という事で今も記憶に残っている。

     『餃子の王将』も一部上場企業である。その大会社の社長がなぜ殺されなければならなかったのか。

    ニュースサイト『日刊ナックルズ』改め『東京BRAKING NEWS』http://n-knuckles.com/ にもアップされており、続報も掲載予定だが、今の所『被害者に激しい憎悪を持つ人間』『殺害方法がプロ』くらいしか判明できないのではないだろうか。

     記者たちの間では『餃子の王将』の成り立ちや、社内事情等からの動機が語られているようだが、犯人逮捕によってようやく、動機が明るみになるかどうか、という所だろう。

     殺害方法は25口径の銃を使用。住民たちが銃声を聞いていない事からサイレンサーか、もしくはそれに類似した付属物を付けていたと思われる。そして、四発中、四発当てている。

     拳銃を扱った人間に話を聞いてみた。一人は警官。一人は元暴力団。
    両方に共通した言葉は「映画ではない。片手でピストル持って当たるものじゃない。両手でしっかり固定し、呼吸を整えて、そっと引き金を引く。それで10m離れた的に当たるか当たらないか、だ」「至近距離、5mでも当たらない。特に緊張していると」

  • [久田将義]『ニコ生ナックルズ』新タイトル募集と 『東京BREAKING NEWS』の連動のお知らせ

    2014-01-06 01:00  


    『ニコ生ナックルズ』新タイトル募集と

    『東京BREAKING NEWS』の連動のお知らせ


     本ブロマガをお読みの皆様には、仕事始めのご挨拶になるかと思います。改めて本年も宜しくお願い申し上げます。

     さて、去年夏にスタートしたニュースサイト、『日刊ナックルズ』はおかげ様で何とか形になってまいりました。

    今年からタイトルを『  東京BREAKING NEWS 』としました。

    意味は『BREAKING NEWS』は「速報」の事。『東京』は言うまでもなく東京ですが、編集部が東京にあるゆえ、「東京から発信するニュース」という意味です。
    また、海外へ向けての配信も視野に入れてのタイトル変更です。既に、アメリカ、中国、台湾、香港などの読者がいらっしゃるのでそこから、より読者層を広げていきたいとの意向です。

    URL http://n-knuckles.com/ も内容、連載陣、方向性も今まで通りですがタイトルのみを変えました。

    それと共に、「ニコ生ナックルズ」もタイトルを変えたいと思います。是非、皆様のアイディアをお貸し頂ければ幸いです。その為の番組も設けます。

      つまり『東京ブレイキングニュース プレゼンツ 久田将義の~~』という感じになりますので、『久田将義の』から『~~』を募集致します。

     また、通常の僕が一人でニュース解説をする『アウトローニュース』や月末の吉田豪氏との二窓放送『居酒屋』等の基本、四本の放送の他に 週一の15分くらいの短い放送『夕刊東京BREAKING NEWS』(仮タイトル)を設けたいと考えております。

      当ブロマガ『ニコ生ナックルズ』(改題予定)と『東京BREAKING NEWS』が連動するような形 で、皆様にいつも以上により濃く、ニュースの裏側や時には下世話な話等を硬軟織り交ぜて、放送・配信できればと運営会社メディウム様と考えておりますので、是非お楽しみにして頂ければと存じます。

     定点観測 http://live.nicovideo.jp/watch/lv163919711などはその試みの一つであり、また会員様が可能な 過去の動画も充実させて頂いております。
     吉田豪氏との芸能やサブカルの裏側が視聴できる『居酒屋ナックルズ』や元ジャニーズ平本淳也氏とのジャニーズ談義から、ジャーナリスト青木理氏を招いての民族派団体幹部たちのインタビュー等々、盛りだくさんになっております。


    最後に御礼の言葉を少々述べさせて頂きす。
    『東京BREAKING NEWS』のより詳しい趣旨はこちらに http://n-knuckles.com/ 書いてありますが、『ニコ生ナックルズ』について、です。

     おかげ様で、 当番組は本日で、累計来場者数が110万人 を越えた番組となりました。これも一重に視聴者の皆様、スタッフの皆様、運営の皆様のご協力あっての事と思い、まずは御礼を申し上げます。

    『ニコ生ナックルズ』は僕がミリオン出版在籍時、『実話ナックルズ』編集長(兼発行人)だった為、『ニコ生』と『ナックルズ』を足して付けた名前でした。僕が退社した後も、名前は継続してきました。

     僕が退社した後も(時期は忘却しましたが)ミリオン出版から『ニコ生ナックルズ』という本を僕の編集の元に制作致しました(まだ在庫があるかも知れませんので宜しかったらお買い求めを)。

    『日刊ナックルズ』を創刊する際は、ミリオン出版社長でもありその親会社大洋図書小出会長の元に出向き、ニュースサイト開始のご挨拶と『ナックルズ』という名前の使用のお願いに伺ったものです。その時に断られたら、別のタイトルにするつもりでしたが、小出会長に快く許諾して頂き、「わざわざ来なくても電話でいいのに」とおっしゃっていた事を記憶しています。また、電話で現『実話ナックルズ』N編集長にもお断りを入れました。

    今回のタイトル改題する際も電話で、小出会長にご報告しました。にこやかに、了解して頂きました。小出会長、及び『実話ナックルズ』編集スタッフの皆さんには改めて、御礼を申し上げます。

     今後は『東京BREAKING NEWS』と新タイトル募集なので今の所『ニコ生ナックルズ』を連動する事によって、よりユニークでおもちゃ箱をひっくり返したような意外性のある番組にしたいと思っておりますので、本年も宜しくお願い申し上げます。

    ブロマガ発行人 久田将義