• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • [緊急寄稿]総選挙前夜に行われたAKB48研究生たちの未知なる凄さ

    2013-06-06 01:00  
    220pt
    [緊急寄稿] 総選挙前夜に行われたAKB48研究生たちの未知なる凄さ
     見くびっていたのかも知れない、AKB48を。そろそろ上位メンバーも固定されてきているし、中間層が上手な入れ替えをするのならまだ、ブームは続くだろう、くらいに思っていた。
     が、本日6月5日、千代田区の日本武道館で行われた研究生のみのライブ「AKB48グループ研究生コンサート 推しメン早い者勝ち」に行ってきて、考えが変わった。まだまだAKBの時代は続くのではないか、と。
     研究生を始めて見たのは秋葉原の4年前のAKB劇場。客席と舞台が近い事もあり、また研究生のダンスのレベルがキャバクラのショーを想起させるので、今回も期待していなかった。
    ところが、今日のライブの研究生のレベルの高さが凄かった。ルックスもさることながら迫力もあった。将来、大物になる高校球児を見つけた思いだった。
    特に目を惹いた子がいた。この子は前田敦子の後継者になり得るオーラを持っていた。僕は、後継者は当初、島崎遙香だと思っていたが、その子を見たら考えを変えざるを得なかった。 ※この記事は「久田将義ニコ生ナックルズマガジン」に緊急起稿された久田将義氏の記事を一部抜粋、編集したものです。「久田将義ニコ生ナックルズマガジン」では、一部ではなく全文を閲覧することが可能です。