• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 12件
  • [久田将義]AKB48紅白歌合戦から見たメンバーを三国志の登場人物に無理矢理に例えてみた

    2013-12-24 01:00  
    220pt

    AKB48紅白歌合戦から見たメンバーを

    三国志の登場人物に無理矢理に例えてみた


     まず、最初に。
    『三国志』が大好きだった。思い出のある作品だ(吉川英治版)。小学六年生の時、分厚い『三国志』を父の書棚から持ち出し、上中下巻、一巻ずつそれぞれ三日かけて読み通した。それから、それより前の中国の歴史の登場人物にも注目するようになり、楽毅、韓信、管仲等も含めた中学生の時は授業中に自分のオリジナルの猛将部門とか知将部門を設けてランキングを作っていたものである。
     従って僕の『三国志』は『吉川三国志』であるので、「蜀寄り」になっている事を、あらかじめお断りしておきたい。
     12月17日にAKB48グループの紅白歌合戦が、東京・水道橋のTOKYOドームシティで行われた。ドームシティ僕の好きな会場でもある。それか日本武道館。東京ドーム、日産スタジアム等は豪華な演出が見られるが、余りに広すぎてモニターでしかグループの面々を確認する事ができないのが難点だ。西武ドームは夏のライブで空調がきかない為か、過呼吸、熱中症になるメンバーが出たり、客にとっても交通の便が余りにも悪く、野球以外のライブではちょっと二の足を踏んでしまう。
     順不同で。まずは先頭で登場した小嶋真子。研究生ライブを見た時に輝きが違うと思っていたらチーム4に。次世代のセンターと言われている、顔立ちは正に「日本のアイドル」だ。言うまでもないが、彼女の魅力は笑顔だろう。前田敦子にも少し似ており、AKBのセンターの原点が前田だとしたら、その正統たる後継者は彼女になるのではないか。天狗になったり、男性問題が起きなければ順当に行ってセンターだろう。総選挙の順位が今から楽しみである。
    三国志で言うと、若き日の姜維になるであろうか。諸葛亮孔明に天才少年というような評価をされ、自分の後継者は彼だと言われた。蜀の将来を担う人物と将軍だった(と、言う事で前田敦子は諸葛亮孔明に)。
     続いてパフォーマンス、MCなど全てにおいて安定の大島優子。ただ、紅白のときは台本上そうなっていたのであろうが、MCにはほとんど参加せず、表情もいつもの明るい大島とは異なりさすがに疲れていたように見えた。ドラマ『安堂ロイド』の疲労がたまっていたのか。
    MCに参加しなかったのは、ドラマ出演の為リハーサルが出来なかったのと後輩メインMC渡辺麻友、横山由依を立てたいという気持ちもあったのであろうか。しかし、紅白ではトリを務め、ステージから客席に降りて、審査員席まで行き、審査員の一人漫画家小林よしのり氏に接近し笑顔を振りまいていたのはさすがだ。このパフォーマンスは小林氏をして「わし、理性を失った」と言わせた程。
    常に結果を出し続ける大島は関羽で。
     MCは渡辺麻友と横山由依。次世代を引っ張る二人だ。
    渡辺麻友は、
  • 「AKB48グループ地殻変動・神秘の国日本・写真で振り返る!ジャニーズ闇」ニコ生ナックルズマガジンvol.39

    2013-10-25 01:00  
    398pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                                      2013/10/25    久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン                                vol.39  □日本で一番危険なWEBマガジン。ニッポンの闇をさらけ出せ!□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━日本で一番危ないWEBマガジンが創刊!『実話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』元編集長、現『日刊ナックルズ』(http://n-knuckles.com/) 編集長の久田将義が、インターネットを通して新たな「アウトローメ ディア」を始めました。その名も「久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」。久田氏をはじめ、様々なアウトロー著者陣営がどの既存メディアでも露出できない記事をお届けします。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    《新刊のお知らせ》
    『関東連合 六本木アウトローの正体』(ちくま新書)が発売されました! http://goo.gl/qm5Svx  ←amazonはコチラ!
    《目次》
    01.[ブレーメン大島]AKB48を結成当時か見てきたアイドルライターが語る!48グループ地殻変動・島崎遙香の台頭と小嶋真子らスーパー研究生たち02.【拡張!日刊ナックルズ】神秘の国日本03.写真で振り返る!平本淳也×久田将義「ジャニーズの闇」04.編集イシムラの独り言
     
  • [ブレーメン大島]AKB48を結成当時か見てきたアイドルライターが語る!48グループ地殻変動・島崎遙香の台頭と小嶋真子らスーパー研究生たち

    2013-10-21 01:00  
    220pt
    「久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」日本で一番危ないWEBマガジンが創刊!『実 話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』元編集長、現『日刊ナックルズ』(http://n-knuckles.com/) 編集長の久田将義が、インターネットを通して新たな「アウトローメディア」を始めました。その名も「久田将義 責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」。編集長の久田氏をはじめ、様々なアウトロー著者陣営がどの既存メディアでも露出できない記事をお届けします。(毎週金曜日に はその週のまとめ記事を配信)
    今月のニコ生ナックルズで予定しております生放送をご紹介致します!

    24日(木)20時からは!
    ついにニコ生ナックルズにスタァ降臨!!日刊ナックルズでも活躍の元ジャニーズ平本淳也が登場!テレビでは語れないジャニ―ズのタブーを話します!
    31日(木)23時からは!
    11月23日(土)開催!吉田豪×杉作J太郎×久田将義「人生相談番外地 無敵の三本マイク」@広島・横川シネマ - TwiPla
    こちらは放送できませんが現地に行ける方はお楽しみに!開沼博×久田将義「アウトローが潜む場所」 @kainumahiroshi @masayoshih | Peatixこちらもゲンロンの意向で放送はできませんがぜひご来場くださいませ!

    ブレーメン大島 寄稿記事AKB48を結成当時か見てきたアイドルライターが語る48グループ地殻変動島崎遙香の台頭と小嶋真子らスーパー研究生たち
    AKB48のCDは常に100万枚以上の売り上げを叩き出し、誰もが認める国民的アイドルである。しかし中心メンバーの高齢化も進み、テレビや雑誌に出るメンバーもほぼ同じで、マンネリ化しつつあった。そんな矢先に一昨年前に大場美奈をキャプテンに迎えたチーム4が結成され、島崎遥香・山内鈴蘭・川栄李奈・入山杏奈などの次世代エース候補が集まった新チームとしてスタート。新しい波が押し寄せて、AKB48が変わりつつあったのだ。
     その流れを大きく変えるキッカケとなったのが、昨年の夏に絶対的エースだった前田敦子の卒業だ。ここでエースの世代交代が現実的になってきたのは言うまでも無い。
     そんな前田が卒業したのは昨年の8月27日。そこから約3週間後の9月18に開催された『AKB48シングル選抜じゃんけん大会』で次世代エースと呼ばれていた島崎遥香が優勝を果たし、一気にメディアの露出も増えて、今ではエースの風格も出てきた感じだ。
     島崎体制とは言わないが、それに続けとばかりに多くの若手が注目を浴びるようになり、劇場で行われている研究生による公演に注目が集まるように
    なってきた。研究生とは、まだ正規メンバーに昇格する前のメンバーである。その研究生の中でも、14期研究生の西野未姫・岡田奈々・小嶋真子(現在は3人とも新生チーム4に昇格)あたりの人気が急激に伸びてきて、中心メンバーを脅かす存在になっている。
     
  • 【拡張!日刊ナックルズ】AKB48ジャンケン大会はガチだった説

    2013-09-24 01:00  
    220pt
    AKB48ジャンケン大会はガチだった説
    吉田豪氏の連載、「ほぼ日刊吉田豪」(http://n-knuckles.com/serialization/yoshida/ )のAKB48グループのジャンケン大会の「からくり」が大好評だ。 「AKBでビジネスしてる人がもっと身体を張った援護すべき」 AKBじゃんけん大会のその後 『ほぼ日刊 吉田豪』連載49 | 日刊ナックルズ
     要するに、ガチがガチでないか?という論争に一つの終止符を打つ形になった原稿なのだ(ここではネタばれするので書きません)。
    当日、僕も現場で観覧していたのだが、ジャンケンはガチだろう、と思う。既に各方面から指摘されている通り、選抜メンバーが松井珠理奈、北原里英以外入っていないのだから。
     ジャンケン大会は第一回優勝者、内田以外は全て選抜メンバーがセンターを取っている。篠田、島崎、そして松井珠理奈。特に、島崎遙香に関しては、僕は二年前から指摘していた通り(自慢ぽくてすみません)、カップヌードルのCMに出演したのを見て、「この子はかなりの所までいくのでは」と予想し、『ニコニコ生放送 AKB総選挙特集』で注目の子に入れておいた。総選挙でもこのままいけば、神7に入る可能性もある。篠田、板野が抜けた現在。
  • 「《「関東連合」最高幹部独占インタビュー》の裏側・AKB48なりすまし事件の巧妙・告知!ニコ生ナックルズ」ニコ生ナックルズマガジンvol.23

    2013-07-05 01:00  
    398pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                                       2013/07/05      久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン                                 vol.23   □日本で一番危険なWEBマガジン。ニッポンの闇をさらけ出せ!□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日本で一番危ないWEBマガジンが創刊!『実話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』元編集長の久田将義が、インターネットを通して新たな「アウトローメ ディア」を始めました。その名も「久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」。久田氏をはじめ、様々なアウトロー著者陣営がどの既存メディアでも露出できない記事をお届けします。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《目次》
    01. 週刊文春7月4日号掲載 《「関東連合」最高幹部独占インタビュー》の裏側を読む 02.[片岡亮]やっぱり出会い系サイトだった 「AKB48なりすまし事件」の巧妙 03.告知!ニコ生ナックルズマガジン7月号
  • 「AKB総選挙総括・一流企業の黒歴史暴露本と本屋大賞・プロ野球ペナントレース」ニコ生ナックルズマガジンvol.20

    2013-06-14 01:00  
    398pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                                       2013/06/14      久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン                                 vol.20   □日本で一番危険なWEBマガジン。ニッポンの闇をさらけ出せ!□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日本で一番危ないWEBマガジンが創刊!『実話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』元編集長の久田将義が、インターネットを通して新たな「アウトローメ ディア」を始めました。その名も「久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」。久田氏をはじめ、様々なアウトロー著者陣営がどの既存メディアでも露出できない記事をお届けします。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    《目次》
    01. 波乱!AKB48グループ総選挙総括と 週刊文春・週刊新潮に更に標的にされる?指原莉乃 02.[藤木TDC]シャッター商店街で入手した一流企業の黒歴史暴露本と本屋大賞「海賊と呼ばれた男」の欺瞞 03.[愛甲猛]『球界の野良犬・愛甲猛』のプロ野球ペナントレースを斬る!
  • 波乱!AKB48グループ総選挙総括と 週刊文春・週刊新潮に更に標的にされる?指原莉乃

    2013-06-10 01:09  
    220pt

    波乱!AKB48グループ総選挙総括と
    週刊文春・週刊新潮に更に標的にされる?指原莉乃

     まずは土曜放送の居酒屋ナックルズ「AKB48第5回選抜総選挙総括!果たして波乱はあったのか?!」久田将義×ブレーメン大島×ゆうじのタイムシフトが途中で停止してしまう不具合について、ご迷惑をおかけしている事、申し訳ございません。運営の方に、僕も改善して欲しい旨、直接メールをしておきました。視聴者の皆様におかれましては、重ねてお詫び申し上げます。恐らく、何らかの対処を運営がしているものと思われます。大変申し訳ございません。(文責・久田将義)

     土曜の『居酒屋ナックルズ』の放送内で言った事と重なるかも知れませんが、第五回AKB48グループ総選挙について総括したいと思います(興味のない人、本当にすみません)。
     2013年6月8日。満員の日産スタジアム。ここはサザンオールスターズ、B‘z、SMAPなど日本を代表するアーティストが公演をする事で知られている、国内屈指の「大箱」です。秋葉原・AKB劇場の数人の客から始まって、いま、7万人を集客している――。初期メンバー、関係者らも感無量だったのではないでしょうか。
     僕は、日産スタジアムはB‘zの結成二十周年記念ライブに行った以来でしたが、そのキャパの広さから余程のアーティスト、エンターテイナーでないとこの場所ではライブを開けないと思っていましたから、改めて「 AKBの勢いは未だ衰えず 、なのか」と感じた次第です。事実、その時のB‘zのパフォーマンスは素晴らしいものでした。ファンの間では未だに語り草になっていると聞きました。
    その日産スタジアムで――。
    「三位 渡辺麻友」、このコールがなされた時点で僕の順位予想( 去年の1位2位を的中させた久田将義が(自慢・苦笑)予想する AKB48総選挙予想 )は 根底から覆されました 。その時、既に 会場は異様にどよめいていました 。それは指原一位への期待か、大島推しの人たちの不安からか。僕はまだまだ分析力が甘いという事を思い知らされました。未熟者ですね。

    それでも、「一位 大島優子」の座は揺るがないと思っていましたが、

    「二位 AKB48……」

     と司会の徳光和夫氏が読み打上げた時点で、僕は「えええ!」と声を挙げてしまいました。言うまでもなく、その後のコールが「一位 指原」になるからですが。

     なぜ、大島の一位は固いと思っていたのか。
     
    パフォーマンスが飛びぬけている事、そして芸能界で生きていく上で必要な「芯の強さ」を持っている事、映画『闇金ウシジマくん』での演技。テレビ番組でピンで出演しても場持ちしている事。
     などを総合して、一位という座が、もしタレントとしての輝きを加味してセレクトされるなら大島優子が研究生を合わせれば数百人いる48グループでは抜きん出ていると思ったからでした。 アイドル原則論 に沿っての予想でした。

    しかし。

     指原の勢いが勝った、という事でしょう。また、 「次世代のエース」 と常に言われてきた 「未完の大器 渡辺麻友」 が今回も三位。アイドルグループとAKB48を位置づけるのであれば、 「総合力の大島」 か「ルックスの渡辺」が一位に収まるのが妥当だと僕は、考えていました。結果、 指原の持つタレント能力 が優ったと解釈しています。
     今回の「一位指原」によって「AKB48が変わる」、という人がいますがそうでしょうか。数百人のメンバーの頂点に立った指原莉乃の左右を総合力の大島優子とザ・アイドル渡辺麻友が固めるという布陣は中々魅力的だと思いました。
     ところで指原は、実は久しぶりに目にしました。僕は、バラエティ番組はほとんど見ないからです。しかし、久しぶりに見た指原は明らかに変わっていました。
    ※この記事は「久田将義ニコ生ナックルズマガジン」に起稿された久田将義氏の記事を一部抜粋、編集したものです。「久田将義ニコ生ナックルズマガジン」では、一部ではなく全文を閲覧することが可能です。
  • AKB48グループの地殻変動

    2013-03-26 01:00  
    220pt
    AKB48グループの地殻変動 中堅が続々脱退のAKBは生まれ変われるのか~ 「戦力」を三国志に重ね合わせてみた
    2 月の話になるので、恐縮だが日本テレビの AKB48 出演の「ガチガセ」 ( 前身「なるほ どハイスクール」 ) が最終回が視聴率 9% 弱で終わった事で「 48 グループ」の神話が崩壊するのでは、との記事が度々掲載される。「サイゾーウーマン」などもそのように報じた。
    http://www.cyzowoman.com/2013/02/post_8080.html

    僕は実はこの「なるほどハイスクール」もリニューアル後の「ガチガセ」にも文化人枠で出演したので、少し言わせて頂くが
  • AKBドキュメント映画のパンフに書ききれなかった事

    2013-01-24 13:48  
    220pt
    AKB側から依頼があって2012年の「AKBニュースベスト5」を選んでくれという。で、二月一日公開DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』のパンフの中に原稿を書いたのだが、500文字というオファーを僕の聞き間違いで一つのコーナーにつき500字だと思い、入稿したものの大幅に削る事になった。そこで削る前の原稿を思い出しながら書いていこうと思う。  一言で言って、去年のAKB48、いや48グループはトラブルと世代交代の年であった。ではとりあえずニコニコニュース用の記事では一位から三位を羅列してみる。
    一位 ぱるるの進化 二位 総選挙渡辺麻友二位 三位 指原HKTへ  本来なら四位の前田敦子卒業を一位にもっていくのだが、当たり前すぎるので2013年以降のAKB48はどうなのか、という意味を込めて次世代をテーマにランキングしてみた。
    一位 ぱるるの進化  去年は中堅が地方分散化、いや上海とジャカルタも合わせれば世界分散化といっていいAKBだった。メディア選抜も含むが、主にアンダーガールを中心とした中堅メンバーをAKBから散らばせた。ネタばれは防ぎたいので詳細は省くが、映画でも勿論、じゃんけん大会の優勝者ぱるること、島崎遙香もかなり登場頻度は多いのだが今の所、トップ10……は無理だとしてもメディア選抜に食いこむ可能性は少なくないだろう。
    「ポンコツ」というイメージがいい意味で逆に作用し個性を発揮出来ている。ここ数か月の進化は「次世代のエース」を予感させる。それはかつて、指原が「ヘタレ」キャラを逆手にとってファンの心をつかんだように、ファンにとっても「自分たちが何とかしなくては」という、AKB結成時を彷彿させるようなキャラ。
    いわば原点回帰を思わせるのが島崎だ。
     そして中堅メンバーが拡散した事によってニューカマーのSKE、NMB(といってもNMBの山本彩などはエースとして安定しているが)らの台頭が去年の総選挙から目立っていたが、今年はそれがさらに加速化するのではないか。
     去年のニコニコ生放送の番組『総選挙スペシャル』では杉作J太郎さん、ブレーメン大島氏らとともにトップ3を予想し、それ以外にも一人だけ注目のメンバーを選ぶという企画をやったのだが、僕の予想は一位大島、二位渡辺、三位指原。そしてダークホースとして島崎遙香だった。 
     カップヌードルのCMで初めて見たくらいだったが、その透明感がアイドルとしてのいい意味でのつかみどころの無さを醸し出している点と、決してモデルのような美人ではないが誰からも好かれそうなルックスに注目した。 そしてバラエティ対応がいい意味でも悪い意味でも慣れてしまったように感じられるメディア選抜、特に神7のメンバーと比べると、当然ながら新鮮に映るのは仕方あるまい。かつて劇場のMCもぐだぐだで「ポンコツ」と言われた彼女の個性が花開きつつあると、見ているのは僕だけだろうか。
    二位 総選挙二位渡辺麻友 二回目、三回目の総選挙は彼女にとって不本意だったと思う。次世代エースと言われ続け、四位まで順位を上げて、順調だったように見えたが五位に下がった。負けず嫌いの彼女は会場で泣きじゃくっていた。そして今回はどうか――。 上記のように僕は去年の総選挙ベスト3をニコニコ生放送で予想した時、一位の大島は鉄板だと思った。二位の渡辺もその活躍から見て妥当だと予測したのだが、意外にもファンや古参の人間は松井珠理奈、松井玲奈をあげていたりしていた。不思議だった。 僕は古参でもヲタでもない。しかし「普通」目線で見ていたら、渡辺の二位か三位は「当然」のように思える。
    そういった一般の目線に立つと正統派の渡辺の存在が大きく思えてくる。
    ライブ会場に行くとどのような人がファンなのか見えてくる。当然、目立つのは特攻服のようなものを着たり、うちわやグッズを持っている人たちなのだが僕は、まず小学生の子らが親に連れられて見にくる姿に気を取られる。「そうか、こういう子どものファンが重要なのではないか」と。小学生だけでなく中学生低学年くらいの男の子、女の子も合わせて。  そうすると「まさにアイドル」然とした渡辺が上位に入ってこないはずはなのである。その彼女も19歳。センターを取るには十分な経験を経ている。が、前田や大島のような圧倒的な存在感があると言えば疑問は残る。
    三位 指原HKTへ 去年の総選挙での指原の勢いは凄かった。それは当然テレビ、ラジオの露出量によるものであるが、彼女の才能はもしかしたら並みの芸人でも構わないほどバラエティ対応が上手い事にある。自分を「ヘタレ」キャラに設定してそこから放つ言葉は、嫌味がない。
    そして彼女のバラエティでの才能は一言、「場持ち」である。
    「場持ち」が出来るタレントはなかなかいない。フリートークで失敗してもそれが「味」であるように見せられるのが「場持ち」だ。彼女にはそれがある。その勢いのままの総選挙四位という大躍進。
    が、直後に彼女にとっては大スキャンダルが待っていた。週刊文春の元恋人のタレこみである。こういったスキャンダルの結末としては通常、脱退という名の卒業なのだろうが指原のAKBにおける影響は大きい。実際、彼女のトークと場持ちでライブはどれだけ助かっているか。これについても映画では触れられており、あるメンバーの痛烈な一言がツイッターでRTされていた。 僕はオールナイトニッポンで彼女の生放送を聴いた。果たして、何と釈明するのだろうか。内容自体は、まあ、アイドルのスキャンダルというより政治家のスキャンダルに似たような歯切れの悪いものだったが、秋元康氏の出した指令は意外なものだった。
    HKT移籍。
    「????」僕は意味が分からなかったが、謹慎という意味なのかと解釈した。が、今は少し違う。彼女のHKT移籍のおかげでそれまで名前が分からなかったHKTメンバーの中にも可愛い子がいる、それはSKEもそうだがAKBの中堅メンバーが拡散したおかげでそれぞれのチーム知名度が上がったはずである。  そして何より、トップ10は揺るぎ難いものの、ルックスやアイドルとしての素質は持っているのに、メディア選抜やアンダーガールズに入ってもおかしくない地方のメンバーが入る可能性が出てきた事ではないだろうか。つまり、世間で言われている世代交代である。指原の移籍は偶然だったとしても秋元戦略はそれに乗じた世代交代作戦をではないか。……これは邪推か。 (久田将義) ※この記事は久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジンから一部抜粋・編集したものになります。
  • 現場の雰囲気から読み取れる次世代エース揃い踏みのAKB第三回じゃんけん大会

    2012-09-19 12:34  
    220pt
     昨日、九段下の日本武道館のAKBじゃんけん大会に行ってきた。まず、ツイッターでもつぶやいたが
    「いい大人が小娘のたかがジャンケンで一喜一憂してくだらない」
    という批判がある。確かに、そう見えても仕方がない部分もあるし、否定はしない。人は批評・批判する自由が保証されている。ただ、「たかがジャンケン」をあそこまでのイベントに昇華させた秋元康氏や運営のアイディアと演出は評価せざるを得ない(格闘家たちが相撲を取るという番組もヒットしたが、何となくそれに近い匂いがした)。しかし、やはりジャンケンはジャンケンなのでずーっと見ていると飽きるのは確か。僕は第一回目のジャンケン大会も見ていたがテレビ中継がないためか、選抜メンバーが決まり、一位二位三位が決定してからも十数人の順位を決めるジャンケンをやっていた。これはちょっと睡魔が襲ってきたほど。ジャンケンそのものも飽きてきたし、何よりも知らないメンバーが(

    記事を読む»