• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • [藤木TDC]「ビデオ・ザ・ワールド」休刊と裏ビデオ時代の終焉

    2013-05-15 01:00  
    220pt
    藤木TDC 寄稿記事  「ビデオ・ザ・ワールド」休刊と裏ビデオ時代の終焉
    「ビデオ・ザ・ワールド」という雑誌がこの連休明けに出た2013年6月号で休刊した。 
     ネット世代の読者は知ってる人も少なかろうから、まず基本的な情報から書いておこう。
    「ビデオ・ザ・ワールド」は1983年から発刊され続けたビデオ情報誌で、とくに裏ビデオとAVの情報と批評に重きをおいた内容だった。80年代後半から90年代にはおそらく10万部以上発行していたのでは? 月刊誌としてはものすごい数字である。

    ことに裏ビデオ情報については質量ともに他誌の追随を許さぬレベルの高さで、全国の裏ビデオ販売店には客用のカタログとして同誌が必ず置かれていた。筆者もAV(表ビデオ)分野で86年頃より延々25年近くにわたって寄稿と連載を続けた。

    拙著「アダルトビデオ革命史」(幻冬舎新書)は同誌を参考文献として書いたものだし、「アダルトビデオ最尖端」(コアマガジン)は同誌の連載をまとめた書籍だ。業界人の間でどういう受け止め方をされていた雑誌かについては安田理央氏のブログなどを探して読んでもらえば、抱えていた問題点も含めて少し理解していただけるかもしれない。
     休刊の理由は、