• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • ゴーストライター経験がある文筆家本橋信宏氏が分析!佐村河内守氏問題で一躍注目を浴びた裏流行語大賞「ゴーストライター」

    2014-02-10 01:00  
    220pt

    本橋信宏寄稿記事 ゴーストライター経験がある文筆家本橋信宏氏が分析

    佐村河内守氏問題で一躍注目を浴びた裏流行語大賞 「ゴーストライター」

     にわかに脚光を浴びているのが、「ゴーストライター」である。
    「全聾(ろう)の作曲家」として知られる佐村河内守氏。
     NHKが放送した特番で「全聾の作曲家」佐村河内守氏が大きく取り上げられ、ハンディをものともしないで作曲活動を続ける佐村河内守氏に賞賛と感動の嵐が巻き起こった。

     ところが佐村河内守氏作曲の18万枚というヒットとなった交響曲第1番「HIROSHIMA」、ソチ五輪フィギュアスケート男子代表の高橋大輔選手が使う「バイオリンのためのソナチネ」も、佐村河内氏が作った曲ではなく、実はゴーストライターがいたといのだ。
       ほとんどの作品は、桐朋学園大非常勤講師で作曲家の新垣隆氏が作っていたことが発覚。新垣氏自身があれは私が書いたもの、と記者会見までしたのだった。
      音楽業界では、芸能人が作詞・作曲した楽曲宇があるが、なかにはプロの作詞家作曲家が代作したものがあるとされる。

     しかし代作した側、いわゆるゴーストライターが舞台裏を暴露したのは前代未聞だった。
     ゴーストライターとは何か?