• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • [久田将義]AKB48紅白歌合戦から見たメンバーを三国志の登場人物に無理矢理に例えてみた

    2013-12-24 01:00  
    220pt

    AKB48紅白歌合戦から見たメンバーを

    三国志の登場人物に無理矢理に例えてみた


     まず、最初に。
    『三国志』が大好きだった。思い出のある作品だ(吉川英治版)。小学六年生の時、分厚い『三国志』を父の書棚から持ち出し、上中下巻、一巻ずつそれぞれ三日かけて読み通した。それから、それより前の中国の歴史の登場人物にも注目するようになり、楽毅、韓信、管仲等も含めた中学生の時は授業中に自分のオリジナルの猛将部門とか知将部門を設けてランキングを作っていたものである。
     従って僕の『三国志』は『吉川三国志』であるので、「蜀寄り」になっている事を、あらかじめお断りしておきたい。
     12月17日にAKB48グループの紅白歌合戦が、東京・水道橋のTOKYOドームシティで行われた。ドームシティ僕の好きな会場でもある。それか日本武道館。東京ドーム、日産スタジアム等は豪華な演出が見られるが、余りに広すぎてモニターでしかグループの面々を確認する事ができないのが難点だ。西武ドームは夏のライブで空調がきかない為か、過呼吸、熱中症になるメンバーが出たり、客にとっても交通の便が余りにも悪く、野球以外のライブではちょっと二の足を踏んでしまう。
     順不同で。まずは先頭で登場した小嶋真子。研究生ライブを見た時に輝きが違うと思っていたらチーム4に。次世代のセンターと言われている、顔立ちは正に「日本のアイドル」だ。言うまでもないが、彼女の魅力は笑顔だろう。前田敦子にも少し似ており、AKBのセンターの原点が前田だとしたら、その正統たる後継者は彼女になるのではないか。天狗になったり、男性問題が起きなければ順当に行ってセンターだろう。総選挙の順位が今から楽しみである。
    三国志で言うと、若き日の姜維になるであろうか。諸葛亮孔明に天才少年というような評価をされ、自分の後継者は彼だと言われた。蜀の将来を担う人物と将軍だった(と、言う事で前田敦子は諸葛亮孔明に)。
     続いてパフォーマンス、MCなど全てにおいて安定の大島優子。ただ、紅白のときは台本上そうなっていたのであろうが、MCにはほとんど参加せず、表情もいつもの明るい大島とは異なりさすがに疲れていたように見えた。ドラマ『安堂ロイド』の疲労がたまっていたのか。
    MCに参加しなかったのは、ドラマ出演の為リハーサルが出来なかったのと後輩メインMC渡辺麻友、横山由依を立てたいという気持ちもあったのであろうか。しかし、紅白ではトリを務め、ステージから客席に降りて、審査員席まで行き、審査員の一人漫画家小林よしのり氏に接近し笑顔を振りまいていたのはさすがだ。このパフォーマンスは小林氏をして「わし、理性を失った」と言わせた程。
    常に結果を出し続ける大島は関羽で。
     MCは渡辺麻友と横山由依。次世代を引っ張る二人だ。
    渡辺麻友は、
  • [ブレーメン大島]AKB48を結成当時か見てきたアイドルライターが語る!48グループ地殻変動・島崎遙香の台頭と小嶋真子らスーパー研究生たち

    2013-10-21 01:00  
    220pt
    「久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」日本で一番危ないWEBマガジンが創刊!『実 話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』元編集長、現『日刊ナックルズ』(http://n-knuckles.com/) 編集長の久田将義が、インターネットを通して新たな「アウトローメディア」を始めました。その名も「久田将義 責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」。編集長の久田氏をはじめ、様々なアウトロー著者陣営がどの既存メディアでも露出できない記事をお届けします。(毎週金曜日に はその週のまとめ記事を配信)
    今月のニコ生ナックルズで予定しております生放送をご紹介致します!

    24日(木)20時からは!
    ついにニコ生ナックルズにスタァ降臨!!日刊ナックルズでも活躍の元ジャニーズ平本淳也が登場!テレビでは語れないジャニ―ズのタブーを話します!
    31日(木)23時からは!
    11月23日(土)開催!吉田豪×杉作J太郎×久田将義「人生相談番外地 無敵の三本マイク」@広島・横川シネマ - TwiPla
    こちらは放送できませんが現地に行ける方はお楽しみに!開沼博×久田将義「アウトローが潜む場所」 @kainumahiroshi @masayoshih | Peatixこちらもゲンロンの意向で放送はできませんがぜひご来場くださいませ!

    ブレーメン大島 寄稿記事AKB48を結成当時か見てきたアイドルライターが語る48グループ地殻変動島崎遙香の台頭と小嶋真子らスーパー研究生たち
    AKB48のCDは常に100万枚以上の売り上げを叩き出し、誰もが認める国民的アイドルである。しかし中心メンバーの高齢化も進み、テレビや雑誌に出るメンバーもほぼ同じで、マンネリ化しつつあった。そんな矢先に一昨年前に大場美奈をキャプテンに迎えたチーム4が結成され、島崎遥香・山内鈴蘭・川栄李奈・入山杏奈などの次世代エース候補が集まった新チームとしてスタート。新しい波が押し寄せて、AKB48が変わりつつあったのだ。
     その流れを大きく変えるキッカケとなったのが、昨年の夏に絶対的エースだった前田敦子の卒業だ。ここでエースの世代交代が現実的になってきたのは言うまでも無い。
     そんな前田が卒業したのは昨年の8月27日。そこから約3週間後の9月18に開催された『AKB48シングル選抜じゃんけん大会』で次世代エースと呼ばれていた島崎遥香が優勝を果たし、一気にメディアの露出も増えて、今ではエースの風格も出てきた感じだ。
     島崎体制とは言わないが、それに続けとばかりに多くの若手が注目を浴びるようになり、劇場で行われている研究生による公演に注目が集まるように
    なってきた。研究生とは、まだ正規メンバーに昇格する前のメンバーである。その研究生の中でも、14期研究生の西野未姫・岡田奈々・小嶋真子(現在は3人とも新生チーム4に昇格)あたりの人気が急激に伸びてきて、中心メンバーを脅かす存在になっている。