• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 8件
  • 「シリーズ廃墟探訪・肥大化する貧困ビジネス・写真で振り返る」ニコ生ナックルズマガジンvol.41

    2013-11-15 01:00  
    398pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                                      2013/11/15    久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン                                vol.41  □日本で一番危険なWEBマガジン。ニッポンの闇をさらけ出せ!□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━日本で一番危ないWEBマガジンが創刊!『実話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』元編集長、現『日刊ナックルズ』(http://n-knuckles.com/) 編集長の久田将義が、インターネットを通して新たな「アウトローメ ディア」を始めました。その名も「久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」。久田氏をはじめ、様々なアウトロー著者陣営がどの既存メディアでも露出できない記事をお届けします。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    《新刊のお知らせ》
    『関東連合 六本木アウトローの正体』(ちくま新書)が発売されました! http://goo.gl/qm5Svx  ←amazonはコチラ!
    <告知>《目次》
    01.中田薫 寄稿記事【シリーズ廃墟探訪】さらば三重の老舗スーパー銭湯!三重県伊賀市上村『名阪健康ランド』02.【拡張!日刊ナックルズ】肥大化する貧困ビジネス03.写真で振り返る!「朝までニコ生ナックルズ」
     
  • 【拡張!日刊ナックルズ】肥大化する貧困ビジネス

    2013-11-12 01:00  
    220pt


    拡張!日刊ナックルズ
    肥大化する貧困ビジネス


     貧困ビジネスという言葉が、当たり前のように言われ出したのはいつの頃だろうか。現在では、貧困層を食い物にしている、いわば「悪徳ビジネス」というニュアンスで使われているようだ。

     「ホームレスや生活保護を受けなければならない人を救う」という美しい名目で、実はその受給金額がピンハネされていたとしたら、それは正に悪徳ビジネスと言わざるを得ない。

    少し前になるが永田町の自民党本部に行ってある人たちと昼間、食事をしてきた。出てきたメニューはいつものカレーライスだ。

     そこでテーマになったのが「●●(民主党系の人間)は貧困ビジネスをやっているのではないか」という事。テレビにも出ている有名人である。僕はその人物は詳しくは知らないがテレビ、雑誌などで取り上げられている事くらいは知っている。
    彼が関与しているとなるとちょっとしたスクープだ。なぜならば、貧困ビジネスには裏社会が介在しているケースが多いからだ。
  • 【拡張!日刊ナックルズ】大坂・西成のトイレの貼り紙の衝撃 「最近、便器に注射器を捨てる方がおられ、トイレの詰まりの原因となっております…」【写真つき】

    2013-11-05 01:00  
    220pt
    拡張!日刊ナックルズ

    大坂・西成のトイレの貼り紙の衝撃
    「最近、便器に注射器を捨てる方がおられ、トイレの詰まりの原因となっております…」【写真つき】


    貧困ビジネスが実は、ヤクザの貴重にシノギになっている事が明らかになってきている。
    http://n-knuckles.com/street/downtown/news000588.html

     日刊ナックルズでも報じたが、これはたまたま西成で発覚しただけであって、貧困ビジネスの市場は大都市圏において、相当広がっているのではないだろうか。

     大阪・西成における貧困ビジネスと言うたまに、処方箋なしの向精神薬、睡眠薬などを路上で販売していたり、あるいは覚せい剤なども密売していたりする様が雑誌に掲載されているし、テレビ番組でも盗撮でその模様が放送されていたりもする。

     その話の続きでいくと、西成のコンビニや飲食店のトイレの扉の前には「注射器を捨てないでください」といったような類の貼り紙がしているという。そういう注意書きの貼り紙をせざるを得ないという事は、よほど頻繁に注射器が捨てられているのだろう。

    という事で下に、実際その貼り紙の写真を掲載してみた。某コンビニのトイレの扉だが、下に注目して欲しい。

    「最近、便器に注射器を捨てる方がおられ、トイレの詰まりの原因となっております。今後も続きますと、皆様のトイレのご利用を禁止せざるを得なくなくなりますので、絶対お止めください」

    とある。写真がこれである。
  • 「みずほ銀行・西成のマザーテレサ事件・リバイバル!矢口真理ドロドロ離婚の真相」ニコ生ナックルズマガジンvol.38

    2013-10-18 01:30  
    398pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                                      2013/10/18    久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン                                vol.38  □日本で一番危険なWEBマガジン。ニッポンの闇をさらけ出せ!□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━日本で一番危ないWEBマガジンが創刊!『実話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』元編集長、現『日刊ナックルズ』(http://n-knuckles.com/) 編集長の久田将義が、インターネットを通して新たな「アウトローメ ディア」を始めました。その名も「久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」。久田氏をはじめ、様々なアウトロー著者陣営がどの既存メディアでも露出できない記事をお届けします。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    《新刊のお知らせ》
    『関東連合 六本木アウトローの正体』(ちくま新書)が発売されました! http://goo.gl/qm5Svx  ←amazonはコチラ!
    《目次》
    01.[久田将義] みずほ銀行、暴力団へ融資の裏側 『半沢直樹』を彷彿させるメガバンク02.【拡張!日刊ナックルズ】「西成のマザーテレサ事件」~西成署への疑問03.[片岡亮]矢口真理ドロドロ離婚の真相 ニコ生ナックルズ リバイバル!vol.0704.編集イシムラの独り言
     
  • 【拡張!日刊ナックルズ】「西成のマザーテレサ事件」~西成署への疑問

    2013-10-15 01:00  
    220pt
    「久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」日本で一番危ないWEBマガジンが創刊!『実 話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』元編集長、現『日刊ナックルズ』(http://n-knuckles.com/) 編集長の久田将義が、インターネットを通して新たな「アウトローメディア」を始めました。その名も「久田将義 責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」。編集長の久田氏をはじめ、様々なアウトロー著者陣営がどの既存メディアでも露出できない記事をお届けします。(毎週金曜日に はその週のまとめ記事を配信)

    拡張!日刊ナックルズ
    「西成のマザーテレサ事件」~西成署への疑問
     日刊ナックルズで短期連載的に掲載している、2009年11月16日に大阪市西成区、木津川で遺体となって発見された女医矢島祥子さんの事件は、矢嶋さんがマザーテレサを信奉していたのと、西成の労働者に正にマザーテレサのように医療奉仕していた様からマスコミは「西成のマザーテレサ事件」と名付けた。
     そして、日刊ナックルズでは二か月前に創刊した直後からこの事件を追い始めた。きっかけは、些細な事でライターも僕も忘れているほどだ。ただ、西成方面からこの事件を取材しないか、という誘いがあったから、という程度だった。この事件が今まで経験した事がないほど、奥深いものだとは知らずに……。
    http://n-knuckles.com/case/doubt/news000474.html
    上記のURLから入って頂ければお分かりのように、かなり危険な水域に取材は進んでいるようである。そこで、一反、取材班は西成から引き揚げるように、と編集責任者の僕は要請した。ライター、何人かいる情報提供者に危害が加えられるかも知れないという恐れが現実となってきたからだ。
     もし、話せればもう少し詳しい内容を今週木曜の「ニコ生ナックルズ編集部・アウトローニュース」でご報告出来ればと思うが、これも判断が難しい。
    <a href=
     この号では、もう少し俯瞰してこの事件を見てみたい。一番問題なのは動機である。
    テレビ局でこの事件を報道したのはテレビ朝日「スーパーJチャンネル」とTBS「報道特集」である。この中で「スーパーJチャンネル」が一番詳しく放送したのであるが、残念ながら関西では放送されていないという。この事件を風化させない為にも、是非関西方面でも放送してほしかったが、現在はユーチューブでも視聴できるので是非見て頂きたい。
     テレビでは「貧国ビジネス」を告発しようとして、矢嶋さんは殺害された、と結論づけていたが果たしてそうであろうか。今まで、僕の古巣『実話ナックルズ』を初め、「貧困ビジネス」については結構な媒体が記事化しているはずである。
     路上で処方箋なしの薬や違法ドラッグなどの売買は、ほぼ西成の住民は皆知っている事である。それを告発しようとして殺された……。どうも腑に落ちない。
     西成に入るには独特のネットワークが必要だ。テレビ局がふらっと入って、西成の深淵まで触れる事は出来ない。
     
  • 「告知!・【シリーズ廃墟探訪】あまりに広すぎた動物パラダイス・西成のマザーテレサ事件の深い闇」ニコ生ナックルズマガジンvol.37

    2013-10-11 01:00  
    398pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                                      2013/10/11    久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン                                vol.37  □日本で一番危険なWEBマガジン。ニッポンの闇をさらけ出せ!□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━日本で一番危ないWEBマガジンが創刊!『実話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』元編集長、現『日刊ナックルズ』(http://n-knuckles.com/) 編集長の久田将義が、インターネットを通して新たな「アウトローメ ディア」を始めました。その名も「久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」。久田氏をはじめ、様々なアウトロー著者陣営がどの既存メディアでも露出できない記事をお届けします。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    《新刊のお知らせ》
    『関東連合 六本木アウトローの正体』(ちくま新書)が発売されました! http://goo.gl/qm5Svx  ←amazonはコチラ!
    《目次》
    01.告知!ニコ生ナックルズ10月号02.[中田薫]【シリーズ廃墟探訪】あまりに広すぎた動物パラダイス『山口ニュージーランド村』山口県美祢市西厚保町原03.【拡張!日刊ナックルズ】西成のマザーテレサ事件の深い闇・続報
    告知!ニコ生ナックルズ 10月号10月のニコ生ナックルズで予定しております放送をご紹介致します!
    本日!10日20時からは公式放送
    その後のチャンネル限定放送はこちら!※冒頭はチャンネル会員様以外でもご覧いただけます。
    数ある週刊誌やゴシップ誌をもとに、久田将義がテレビが放送できない、アウトローなニュースをお届けします。あの事件の裏側も?!24日(木)20時からは!
    ついにニコ生ナックルズにスタァ降臨!!日刊ナックルズでも活躍の元ジャニーズ平本淳也が登場!テレビでは語れないジャニ―ズのタブーを話します!
    31日(木)23時からは!
    11月23日(土)開催!吉田豪×杉作J太郎×久田将義「人生相談番外地 無敵の三本マイク」@広島・横川シネマ - TwiPla
    こちらは放送できませんが現地に行ける方はお楽しみに!開沼博×久田将義「アウトローが潜む場所」 @kainumahiroshi @masayoshih | Peatixこちらもゲンロンの意向で放送はできませんがぜひご来場くださいませ!

    中田薫 寄稿記事【シリーズ廃墟探訪】あまりに広すぎた動物パラダイス『山口ニュージーランド村』山口県美祢市西厚保町原 
     美祢西インターチェンジから県道33号線を車で走ること約10分。たどり着いたその場所は、あまりにも広大であった。東京ドーム6個分、およそ30万平方メートルもの敷地面積を持つ『山口ニュージーランド村』の廃墟である。
     山口ニュージーランド村は、緑豊かな自然の中で羊や馬などの動物と触れあい、家族でスローなまったり時間を過ごすことができるテーマパークとして平成2年に開園した。開発したのは愛媛県西条市に本社を置く「ファーム」なる会社。都市生活者と農村の交流、地域力の活用、過疎地域の掘り起こしなどを企業理念に、全国各地で農村型観光施設を展開している会社である。
     現在、ファームが手がけた施設は「とうほくニュージーランド村」(岩手県)や「ドイツの森クローネンベルク」(岡山県)など全国13施設が営業中だが、どの自治体も観光ソフトはノドから手が出るほどほしい。
     観光資源の乏しい美祢市では、
     
  • 【拡張!日刊ナックルズ】西成のマザーテレサ事件の深い闇・続報

    2013-10-08 01:00  
    220pt

    拡張!日刊ナックルズ

    西成のマザーテレサ事件の深い闇・続報

     日刊ナックルズで短期連載の形となっている、『西成のマザーテレサ事件』。2009年11月に大阪・西成で医師矢嶋祥子さんが木津川で遺体となって発見された事件だ。

    矢嶋さんはマザーテレサに憧れ、山谷などで医師活動、ボランティアを行ってきた。大阪・西成に行き、労働者たちに対し献身的な医師活動を施してきた事から、いつしか「西成のマザーテレサ」と呼ばれた女医である。

     遺体発見当時、彼女は自殺と西成署に判断された。それは、

    遺書が見つかった

     という事によるものが大きい。ただし、矢嶋さんのご両親は医者である。我が子の遺体に異変があるのに気がついた。溺死、という西成署の死因に対して後頭部にコブがあるのを疑問に思ったのだ。
     生前、血が通っている間に出来るものがコブだ。死後にコブが出来る事はない。ご両親、及び矢嶋さんのご兄弟の嘆願により、西成署は(何と)自殺から他殺に切り替えて捜査する。

     そのコブは木津川で釣りをしていた第一発見者の二人が、遺体を発見し、引き上げようとした際に遺体をコンクリートの陸に落としてしまってつけたものだと証言。

     つまり遺書、そして第一発見者の証言によって自殺として矢嶋さんの死は片づけられそうになっていたのだ。もし、矢嶋さんのご両親が医者でなければ、またコブについて疑問を呈さなければ自殺というストーリー通りにこの事件は終わっていたと思われる。

    「ストーリー」――と、ここで述べたのにはワケがある。既にテレビでも報じられていた
    が、矢嶋さんの部屋には実は、矢嶋さんの指紋すら出てこなかった。綿密に掃除がされていのだ。チリがほとんどないような状態だった。
     誰かが、第三者の指紋を拭きとる為に事件後、部屋に入り掃除をしたのだとしか考えられない。
    そして、日刊ナックルズでは「その部屋を掃除した」と証言した人物と接触する事が出来た。
  • 「【シリーズ廃墟探訪】白河高原スキー場・【拡張!日刊ナックルズ】西成のマザーテレサ事件・写真で振り返るシリーズvol.2」ニコ生ナックルズマガジンvol.34

    2013-09-20 01:00  
    398pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                                      2013/09/20    久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン                                vol.34   □日本で一番危険なWEBマガジン。ニッポンの闇をさらけ出せ!□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━日本で一番危ないWEBマガジンが創刊!『実話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』元編集長、現『日刊ナックルズ』(http://n-knuckles.com/) 編集長の久田将義が、インターネットを通して新たな「アウトローメ ディア」を始めました。その名も「久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」。久田氏をはじめ、様々なアウトロー著者陣営がどの既存メディアでも露出できない記事をお届けします。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    《新刊のお知らせ》
    『関東連合 六本木アウトローの正体』(ちくま新書)が発売されました! http://goo.gl/qm5Svx  ←amazonはコチラ!
    《番組告知》
    《目次》
    01.[中田薫]【シリーズ廃墟探訪】穴場としての人気はあったものの……福島県『白河高原スキー場』02.【拡張!日刊ナックルズ】「西成のマザーテレサ事件」で初めて覚えた取材の恐怖03.「カワユスの源泉を探れ!」久田将義の幼少期から編集長時代までの写真を一挙公開!【写真で振り返るシリーズvol.2】

     
    中田薫 寄稿記事【シリーズ廃墟探訪】福島県西白河郡西郷村『白河高原スキー場』穴場としての人気はあったものの……
     約38万平方メートルの広大な茶褐色の原野―福島県赤面山に存在した『白河高原スキー場』の廃墟である。雪のないスキー場は殺風景で、どこか猟奇的ですらあるが、山頂に向かって続く錆びたリフト、空き屋と化したセンターハウスなどが、ここがかつてゲレンデであったことを物語っている。