• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • [匿名記者]あれほど蔓延した闇金業者の末路「闇金をしていた事を反省しているか」との問いに彼は…

    2014-07-04 19:00  
    220pt
    匿名記者寄稿記事


    あれほど蔓延した闇金業者の末路

    「闇金をしていた事を反省しているか」との問いに彼は…


     今回、紹介するのはかつて闇金業を営んでいた人間である。闇金で財を築いた人間は多くいるであろう。しかし、失敗した人間も数多くいる。今回取り上げるのは失敗した人間である。その昔、闇金は 090金融 と言われていた。つまり事務所を持たずに携帯電話一本で商売可能であったからだ。

     この男も携帯電話一本で電柱などに違法なチラシを貼り付けて、闇金を始めた。元手はわずか2,30万だったと言う。失敗したと言っても元手が少ないから多少の損失で済むが、この男の場合おまけがあったのだ。

    ――始めたのは何年位前か?
    「今から17,8年前ですね」
    ――飛ばしの携帯?
    「違いますよ、プリペイドの携帯電話を買って使ってました」

     当初、090金融が流行った理由の一つにプリペイド携帯を買う際に身分証が必要無かった時代があった。それが2000年頃から身分証が必要となり、その為に090金融はプリペイドの携帯から飛ばしの携帯、つまり偽造身分証とか、多重債務者名義の携帯電話等が使われる事が多くなりどんどん悪質化していったのである。

    ――すぐに客は付いた?
    「ええ。自分はパチンコ屋の駐車場に待機して客からの電話を待っていたんですよ。その口コミが広がり、パチンコで負けた客がすぐに借りに来ていました」

    ――担保とかはどうしてたの?
    「一応身分の確認出来るものがあれば貸してました。貸すと言っても初回は1万円までですけどね」

    ――金利は?
    「週に1割です。ですから1万円を貸し付ける際に金利を先取りして相手に渡すのは7千円ですよね、それでパチンコ屋が終了すると返済してもらう。出来ない人間も多くいましたけど、殆どが近所の人間じゃないですか、だから殆どはその当時は返済してもらってましたね」

    ――用意した資金はきちんと回ってた?
    「最大で用意した資金が1千万位になった事はありました。これはおいしい商売だな、と思いましたよ」

    ――そこで手を引けば儲けは大きかったよね?
    「そうなんですよね、まさか失敗するとは思わなかったですよ」

    ――失敗とは?