• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • [阿部定治] ネット社会の現代でも根強い人気の『三行広告』とアングラ風俗の切っても切れない関係

    2014-03-11 01:00  
    220pt
    阿部定治寄稿記事
    ネット社会の現代でも根強い人気の『三行広告』と アングラ風俗の切っても切れない関係





    今月(2014年3月)上旬、こんなニュースが報じられた。

     

    ●中学生装い売春斡旋、容疑の経営者ら逮捕 警視庁

    中学生など未成年の少女との性交渉をうたい、売春を斡旋(あっせん)したとして、警視庁保安課は売春防止法違反(周旋)容疑で、千葉市稲毛区小仲台、売春クラブ経営、福井康行容疑者(35)ら3人を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を認めている。

     福井容疑者らは昨年5月以降、「渋谷萌(も)えぷち」などの店名で夕刊紙に広告を掲載し、小学4年から高校生までの少女と売春できると宣伝。実際には18歳以上の女にカツラなどで変装させ、90分5万~30万円の高額で売春させていた。

     逮捕容疑は今年2月25、26日、中学生を装った女(19)を90分8万円で渋谷区のホテルに派遣し、男性会社員(29)と売春させたなどとしている。

    (産経新聞より一部引用)

     

    一瞬、「すわ、第二のプチエンジェル事件か!?」と勘違いしてしまったが、よく読んでみれば18歳以上の女性を未成年風に変装させたという事で、ちょっと安心したとともに「騙す方も騙される方も何だかなあ」と思ってしまうマヌケな事件であった。



    『売春クラブ経営』と書いてある事から、デリバリーヘルス(以下デリヘル)の申請を出しているものの、実態はホテトル(本番行為がデフォルトの派遣型風俗。もちろん違法)業者なのではないかと思われる。



    都内で何店舗かの“まっとうな”デリヘルを経営するA氏はこう語る。