• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 2013年8月19日の福島第一原発作業員と除染作業員たちと

    2013-08-20 01:00  
    220pt
    2013年8月19日の福島第一原発作業員と除染作業員たちと

     9月5日に発売される『関東連合 六本木アウトローの正体』(ちくま新書)をもってひとまず、僕の作業として「関東連合という現象」を取材する事を少し離れてみたいと思う。正直、取材・執筆に疲弊したというのもあるし、福島第一原発作業員、及び除染作業員たちへの取材もかなり間があいてしまっている。

     ただ、関東連合問題(と仮にここではそう呼ぶ事にするが)はまだ、決着がついていない、という事くらいは言及しておこう。既にこの問題は、「ヤクザの論理」で動いていて、関東連合の中でもちょっとした混乱が起きており、まだそのいざこざが続いている。
     まともに商売をしている関東連合OBらは静観の構えで、「僕らはまともな商売をしている」という姿勢を崩さない。AV業界にも関東連合系の事務所が多々ある事は、知る人ぞ知る事実であるが、そこも女優の移籍が多くなっていると聞く。
     AV女優ならずとも、芸能界ではモデル藤井リナが事務所を移籍したが、その余波だ。
     と、いうようなウォッチは続けていくし、情報の網はかぶせておくが、とりあえず単行本一冊分執筆するだけのエネルギーは割けられないだろう。
                       ※
    「久ちゃんが、最近来ないからだよ」
    つい昨日電話した除染作業員でもあり、被災地出身の人間にそう言われた。返す言葉もない。6月に福島に行ったのが最後になっているからだ。たまに、作業員たちの作業中の被曝の記事が新聞などで報道されているが、本当に思い出したように表に出ている気がする。