• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • [本橋信宏]今週の流行語大賞④ 「パネマジ」

    2014-03-26 10:00  
    220pt
    本橋信宏寄稿記事 今週の流行語大賞④ 「パネマジ」

     ところでいま、風俗業界はどうなっているのか?

     アベノミクスの恩恵は風俗業界にまでは及ばず、ソープ、ファッションヘルスは客が入らず青息吐息、不況に強いフーゾク、という定説も今度ばかりは通用しない。

     そんななか、客が押しかけているのが、デリヘルである。ホテルや自室に直接女性が派遣される、派遣型風俗・デリバリーヘルス、いわゆるデリヘル。
     ファッションヘルス、性感ヘルスといった店舗型ヘルスが新風営法の規制によって、新たな出店が禁じられ、おおっぴらな営業も控えるようになった一方で、無店舗型のデリヘルが大いに栄えるようになった。デリヘルはプレイ用の部屋を借りることもなく、事務所を借りればすぐに営業できる。資金がそれほどなくても開業できるとあって、新風営法以降一気に増殖した。

     デリヘルは客が先に入ったラブホテルに女性を派遣する。デリヘル店の多くは特定のラブホテルと契約を結び、部屋を使っているので、ラブホテルは思わぬデリヘル特需に活気づいている。
     デリヘル業界は過当競争に入り、表向きは本番をうたっていないが、実際は本番(性交)
    をいたす店が増え、派遣する女性も若くてきれいな子が増えている。30代~40代の熟女・人妻系も人気を集め、巨乳専門デリヘル、巨尻専門、デブ専門といったマニアックなデリヘルまで誕生し、人気を博している。

     さらに山手線鶯谷駅周辺のラブホテルを利用する韓国女性デリヘル、略して韓デリが爆発的な人気を集めている。就職難にあえぐソウルのOLや看護師、女子大生が仕事を求め日本にやってくる。3ヶ月間ならノービザで来日できるので、3ヶ月間だけ目一杯鶯谷の韓デリで働いて帰るのだ。KーPOPアイドル級の愛らしくて若い素人が、しかも本番、時間内無制限発射、多くの場合がノーコンドームという夢のようなサービスなのだから、人気の出ないわけがない。

     韓デリをはじめとするデリヘルで横行しているのが、”パネマジ”である。
  • [本橋信宏]文筆家本橋信宏登場!今週の裏流行語大賞 『キーボード越え』

    2013-09-30 01:00  
    220pt
    文筆家本橋信宏登場! 今週の裏流行語大賞 『キーボード越え』


    「昨日の夜、キーボード越えしましたよ」

     照れながらもどこか誇らしげな、30代独身男が告白する。
     キーボード越え・・・・とは?
     パソコンの前に腰掛け、画面に写る悩ましげなAV女優のからみを見ながらシコり、発射。勢い余ってほとばしりがキーボードを超えて・・・・。
     という意味である。

     昭和の時代なら、天井まで飛んだ、という自慢話になるのだろう。
     21世紀になって、オナニーの形態も大いに変化した。「デラべっぴん」買ってきて、こっそり勉強部屋にこもって、畳に広げたら横になってズボンとパンツをずり下げて、シコる。こんな光景はいまや昭和の遺物になってしまった。
     パンツ下げて畳に横になってシコる、という様式がいまの30代いかにはピンと来ないらしい8キーボードを前にしてよくできる、と思うが、たしかに慣れてしまえば違和感はないゾ)。

     最近のオナニー事情によれば、パソコンでのシコ率は下がり、30代以下は圧倒的に携帯動画見ながらやるらしい。

     AVにも変化が起きた。
     大柄・色黒・饒舌の3拍子そろった男優が好まれなくなったのだ。携帯動画の画面は小さい。大柄で色黒の男優が登場すると、小さな画面では存在感がありすぎて邪魔なことこの上ない。そこで、男優も小柄・色白・無口が好まれるようになった(余談だが、昨今の男優が発射しても一物がなかなか萎まないのは、撮影前にバイアグラを粉状にして飲んでいるからだ)。

     AVでは人妻・熟女が相変わらず人気があるが、最近ではテレビ放送を動画で収録して、携帯でお世話になるパターンが多い。デビ夫人(意外と豊乳)、小泉今日子(あまちゃんで人気が再燃)、あたりが人気が高い。