• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 8件
  • 首脳会談が歴史を動かす -『NEWSを疑え!』第753号(2019年3月7日号)

    2019-03-07 19:07  
    100pt
    Q:2019年1月22日に安倍晋三首相とプーチン・ロシア大統領が25回目の日露首脳会談を、2月27~28日にはトランプ米大統領と金正恩・朝鮮労働党委員長がハノイで2度目の首脳会談をおこないました。どちらも問題解決まで長い時間がかかりそうですが、成果が見えないからといって無駄とか失敗とかとは決めつけられないでしょう。今回は、そんな首脳会談の意義や重要性について、考えを聞かせてください。
  • これが最先端を行く米軍の戦傷救護だ -『NEWSを疑え!』第748号(2019年2月18日特別号)

    2019-02-18 14:31  
    100pt
    米軍の戦傷者の救命率は、朝鮮戦争・ベトナム戦争・湾岸戦争を通じて約75パーセントにとどまっていたが、今世紀のアフガニスタンとイラクの戦争の間に大幅に改善され、2016年には90パーセントを超えた。アフガン・イラク両国では即製爆発装置(IED)が米軍人の負傷の主な原因であり、しだいに強力になったにもかかわらず、救命率が向上しているのは、現場から米本土の病院に収容するまでの各段階で、米軍が戦傷救護の方法を進化させてきたからである。
  • 「憲兵」を知っていますか-『NEWSを疑え!』第740号(2019年1月17日号)

    2019-01-17 17:22  
    100pt
    Q:2018年10月から始まったNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』をめぐって、「ヒロインの夫を痛めつける憲兵の描き方がヒドい」とネットでクレームがつき、「いや、現実はもっとひどかった」と反論が寄せられ、ひと騒ぎあったようです。当メルマガは憲兵を取り上げたことがありませんが、小川さんの考えは?
  • トランプのINF全廃条約「離脱」の意味 -『NEWSを疑え!』第728号(2018年11月22日号)

    2018-11-22 21:18  
    100pt
    本号
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■小川和久の『NEWSを疑え!』 『NEWSを疑え!』第728号(2018年11月22日号)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【 メールマガジンが届かない場合】 プロバイダ・メールサービス側で、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。 ・PCメールの方は迷惑メールフォルダをご確認ください。 ・携帯電話の方はドメイン指定受信(特定受信許可・受信拒否)等ご確認ください。 ・改善されない場合は以下『ニコニコヘルプ』のページをご覧ください。 http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&tid=11115&event=FE0006&searchToken=1340075532021
    ─────────────────
  • 米軍は妨害・傍受されにくい光無線通信に移行-『NEWSを疑え!』第727号(2018年11月19日特別号)

    2018-11-19 11:47  
    100pt
    米軍は地上部隊間の無線通信を、中国軍やロシア軍が妨害したり、傍受して送信者と受信者を追跡・攻撃したり、通信内容を改変して米軍を混乱させたりする可能性を懸念している。これらの戦術を、ロシア軍が支援する武装勢力がウクライナで行い、中国軍も部隊対抗演習で電子戦を重視している一方で、米国の国防戦略は、イラクやアフガニスタンにおける対反乱戦から中国・ロシアとの「大国間の競争」へ転換しているからだ。
  • 日本に展開する防空砲兵旅団の役割-『NEWSを疑え!』第723号(2018年11月5日特別号)

    2018-11-05 16:15  
    100pt
    在日米陸軍のミサイル防衛部隊を指揮・管理する第38防空砲兵旅団司令部が、相模総合補給廠(相模原市)で10月16日に活動を開始し、31日にはキャンプ座間(座間市・相模原市)で編成式・司令官就任式を行った。同司令部は、有事に増援されるミサイル防衛部隊を指揮・統制し、自衛隊などとの多国籍作戦の調整にあたると、米陸軍の防空砲兵旅団の役割から考えられる。
  • 米陸軍の火砲は射程1600キロをめざす -『NEWSを疑え!』第719号(2018年10月22日特別号)

    2018-10-22 12:10  
    100pt
    米陸軍は敵の陸上戦力を攻撃するだけでなく、 海上優勢や航空優勢の獲得にも貢献する 「 マルチ・ドメイン・バトル (多領域戦闘)」能力の研究開発を進めている。例えば、陸軍が 長距離火力 によって敵の海上監視レーダーや対艦ミサイルを攻撃すれば、味方の艦船に対する脅威を排除できるし、敵の防空システムを破壊すれば、味方の航空機や巡航ミサイルによる攻撃の道を開くことができる。
  • 北方領土・千島列島のロシア・ミサイル -『NEWSを疑え!』第683号(2018年5月31日号)

    2018-05-31 17:28  
    100pt
    Q:2017年暮れころでしたか、ロシアが千島列島に対艦ミサイルを配備へ、という報道がありました。ロシアは北方領土にもミサイルを置いていますね。今回は、この問題を解説してください。...