• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 8件
  • 中国が南シナ海を重視する理由を整理しよう- 小川和久の『NEWSを疑え!』 第447号

    2015-11-30 12:28  
    100pt
    南シナ海での中国の動向について、テレビ番組の短い時間に説明しようとしても、言い尽くせないことばかりで欲求不満が募ります。 専門家の立場から、中国は対米安定路線に舵を切っていると説明しても、その部分を時系列の表にでもしない限りは、納得してもらえないようです。…
  • 現場を見れば外務省OBの混同は明白 - 小川和久の『NEWSを疑え!』 第446号

    2015-11-26 12:20  
    100pt
    2015年9月に安保関連法案が成立し、自衛隊は新しい法律に基づく任務に向けて準備を進めていますね。ところが、これは違うのではないか、と思う外務省OBの主張が目に止まりました。私(坂本)も本づくり(『生きのびよ、日本!! 』2003年12月、朝日新聞出版刊)を手伝ったことがある岡本行夫さんが、海賊対処を「集団的自衛権の行使」と見ているようなのです。小川さんの考えを聞かせてください。...
  • 米国の政治・軍事を動かしてきた日系人 - 小川和久の『NEWSを疑え!』 第445号

    2015-11-19 13:00  
    100pt
    ちょっと前のメルマガで、日系軍人ベン・クロキについて初めて知ったという読者が少なからずいたようです。日本からアメリカに渡った移民の歴史は古く、その子孫の日系人も、政治や軍事の分野でかなり活躍しているようですね。今回は、そんな話を聞かせてください。...
  • ロシア旅客機爆発を捉えた米国の早期警戒衛星 - 小川和久の『NEWSを疑え!』 第435号

    2015-11-16 12:25  
    100pt
    ニコニコチャンネルのブロマガを更新しました。
    『NEWSを疑え!』第444号(2015年11月16日特別号)
    【今回の目次】
    ◎テクノ・アイ(Techno Eye)
    ・ロシア旅客機爆発を捉えた米国の早期警戒衛星
    (静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
    ◎編集後記
    ・自衛隊音楽祭に込められたメッセージ(小川和久)
    ---
    IS(イスラム国)の関係組織を名乗る「イスラム国シナイ州」は10月31日、その日にエジプト・シナイ半島のリゾート地シャルム・エル・シェイクからロシア・サンクトペテルブルクに向かって飛行中のコガリムアビア航空9268便を、同半島に墜落させたと犯行声明を出した。ロシア政府は当初、犯行声明は信憑性に乏しいとしていたが、11月6日、爆弾テロの可能性を認め、エジプトとロシアを結ぶ民間航空便の運航停止とエジプト在留ロシア人約8万人の帰国を決めた。…
    ---
  • 今井一という思想家 - 小川和久の『NEWSを疑え!』 第443号

    2015-11-12 14:07  
    100pt
    東京新聞2015年10月14日朝刊の特報面「こちら特報部」は、「平和のための新9条論」という問題提起でした。記事が最初に紹介したのが、ジャーナリスト今井一さんの新9条案です。今井さんは、右か左かでいえば左のほうの人で、安倍晋三政権には批判的。しかし、一方で、「何が何でも憲法改正反対。現行の9条を守るのだ」という護憲派に対しても非常に批判的ですね。どう考えますか?...
  • 嗚呼!同志社大学 - 小川和久の『NEWSを疑え!』 第442号

    2015-11-09 11:08  
    100pt
    同志社大学学長の村田晃嗣さんが学長選に敗れたニュースが、特に安保法制反対を掲げるメディアに「それ見たことか」「ざまを見ろ」といった臭いがぷんぷんする形で取り上げられました。同志社大・村田学長が落選 安保法制肯定に学内から批判…
  • ベン・クロキを知っていますか? - 小川和久の『NEWSを疑え!』 第441号

    2015-11-05 13:09  
    100pt
    2015年9月上旬、太平洋戦争中に日本を空襲した唯一の日系人ベン・クロキ氏がアメリカで亡くなった、という報道がありました。ヨーロッパ戦線で活躍した日系人部隊は知っていましたが、この人のことは初めて知りました。今回は、クロキ氏や日系人部隊の話を聞かせてください。...
  • 朝鮮語ができないのに北朝鮮に潜入? - 小川和久の『NEWSを疑え!』 第440号

    2015-11-02 12:15  
    100pt
    ロシアの軍事的介入がシリアのアサド政権の対反政府勢力や対イスラム国(IS)の戦いで効果を上げているのを無視できなくなってきたのでしょうか、米国のオバマ政権も少し本腰を入れはじめたようです。…