• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 第351号(2014年11月27日号)

    2014-11-27 12:00  
    100pt
    「国境なき医師団」という組織、今回のエボラ出血熱に対する国際社会の動きで、まず指摘しなければならないのは、WHOが満足に機能せず、初期対応に失敗してしまったこと。当初から警鐘を鳴らし続けていた国境なき医師団(MSF=Medecins Sans Frontieres)を詳しく紹介、引用している国境なき医師団日本 前会長の臼井律郎氏のインタビューも読み応えあります。