• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 護衛艦の精密誘導砲弾で離島防衛を強化 - 第375号(2015年3月2日特別号)

    2015-03-02 12:17  
    100pt
    ◎テクノ・アイ:護衛艦の精密誘導砲弾で離島防衛を強化。米陸軍・海兵隊などの155ミリ榴弾・M982エクスカリバーは、安定翼を開いて弾道の頂点から滑空し、最大40キロ先の目標の数メートル以内に、慣性・GPS誘導によって垂直に着弾する。日本と欧米諸国はこの技術を水上戦闘艦の127ミリ砲弾に応用し、地上部隊に対する火力支援能力を強化するための取り組みを進めている。日本の離島が侵攻された場合、敵勢力が持ち込んだレーダーの覆域の外から護衛艦が敵を精密に砲撃できるなら、離島侵攻に対する抑止力は大きく高まるに違いない。