• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 米陸軍の火砲は射程1600キロをめざす -『NEWSを疑え!』第719号(2018年10月22日特別号)

    2018-10-22 12:10  
    102pt
    米陸軍は敵の陸上戦力を攻撃するだけでなく、 海上優勢や航空優勢の獲得にも貢献する 「 マルチ・ドメイン・バトル (多領域戦闘)」能力の研究開発を進めている。例えば、陸軍が 長距離火力 によって敵の海上監視レーダーや対艦ミサイルを攻撃すれば、味方の艦船に対する脅威を排除できるし、敵の防空システムを破壊すれば、味方の航空機や巡航ミサイルによる攻撃の道を開くことができる。