• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 7件
  • アメリカ国民の「武装する権利」-『NEWSを疑え!』第762号(2019年4月11日号)

    2019-04-11 17:50  
    100pt
    Q:2019年3月15日午後(現地時間)、ニュージーランド第3の大都市クライストチャーチでモスク2カ所を連続して襲う銃乱射事件が発生、50人が死亡、数十人が負傷し、同国最悪の犯罪となりました。アメリカはじめ各国で銃乱射事件が後を絶たず、市民が銃で武装することの是非や規制のあり方が議論されています。どう考えますか?
  • 米陸軍の次期無人偵察機は垂直離着陸機 -『NEWSを疑え!』第759号(2019年4月1日特別号)

    2019-04-01 14:47  
    100pt
    米陸軍は3月28日、現在の戦術無人偵察機RQ-7シャドーの後継機候補を、RQ-7のメーカーのテキストロンAAIと、新興企業マーティンUAVに試作させる契約を発表した。両社は6個旅団の無人航空機小隊各1個に試作機を納入し、陸軍は部隊対抗演習などによる評価をもとに、2022年3月までに合計9950万ドル(109億円)の注文を両社に割り当てる。早ければ21年に、陸軍の将来型戦術無人航空機システム(FTUAS)の調達が始まる。
  • 米海軍が10隻調達する2000トンの無人艦 -『NEWSを疑え!』第756号(2019年3月18日特別号)

    2019-03-18 13:06  
    100pt
    米海軍は2025年までに10隻の無人水上艦(大排水量無人水上艦船=LDUSV)を合計27億ドル(3000億円)で調達する計画を議会に提出した。この船は全長60-90メートル、排水量2000トンと、既存の無人船より大きく、対潜水艦戦(ASW)や電子戦を無人水上艦艇で行う米海軍の構想を大きく前進させる。
  • 米国の新型空母は作戦行動できない? -『NEWSを疑え!』第743号(2019年1月28日特別号)

    2019-02-04 12:41  
    100pt
    米国防総省運用試験評価部長(DOT&E)は1月31日、同省と軍による兵器や情報システムの開発状況に関する、2018年度分(17年10月から18年9月まで)の報告書を議会に提出し、公開した。報告書で特に目を引くのは、海軍が新型空母1番艦「ジェラルド・R・フォード」の作戦行動を可能にするため行っている作業の進捗状況に対する 批判的記述である。「フォード」にも搭載が予定されているF-35戦闘機については、稼働率が低く、垂直離着陸可能なF-35Bおよび空母艦載機であるF-35Cの機体の寿命(構造材が飛行中にかかる負荷によって劣化し、使用に堪えない状態になるまでの累計飛行時間)が短いと指摘した。
  • 韓国海軍によるレーダー照射事件 -『NEWSを疑え!』第742号(2019年1月24日号)

    2019-01-24 18:02  
    100pt
    Q:韓国海軍の駆逐艦『広開土大王(クァンゲト・デワン)』が海上自衛隊のP-1哨戒機に対して火器管制レーダーを照射した事件で2019年1月14日、日韓双方の防衛当局による直接協議がおこなわれましたが、相変わらず平行線に終わったと報じられています。そもそも私たちは、軍艦がどんなレーダーを搭載しているのか、よく知りません。解説をお願いします。
  • 普天間移設──疑惑の建設費と工期 - 第392号(2015年4月30日号)

    2015-04-30 15:00  
    100pt
    ◎ストラテジック・アイ:安倍晋三首相は2015年4月26日、オバマ大統領との首脳会談や米議会上下両院合同会議での演説が予定されるアメリカに出発。首脳会談では日米防衛協力ガイドライン、安保法制、米軍基地問題などが話題に上ると思われ、戦後70年という節目を踏まえてさらなる日米同盟の強化を謳う共同文書が発表される見込みです。そんないま普天間移設で、小川さんが強調しておくべきと思う問題は、なんですか?
  • 普天間移設――辺野古の建設費は高すぎる - 第298号(2014年5月1日号)

    2014-05-01 13:20  
    100pt
    ◎ストラテジック・アイ:2014年4月27日、沖縄市長選が投開票され、元自民党県議の桑江朝千夫氏(自民・公明推薦、民主・維新支持)が当選しました。12月までに沖縄県知事選も予定され、今年は米海兵隊普天間飛行場の辺野古移設問題が大きく動きそうです。そんななか、この3月には移設先の辺野古飛行場の総工費は3500億円以上、という話が出てきました。今回は、これについて考えを聞かせてください。