• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 甲斐良治:宮城「鳴子の米プロジェクト」群馬「炭アクセサリー」が東京にやってくる!

    2007-11-07 12:59  
    53pt
    11月11日は農に心を寄せる東京の若者たちの「種まき大作戦 土と平和の祭典」(10:00~18:30、港区芝公園)。 そこに、これまでこのコーナーで紹介してきた、宮城県大崎市旧鳴子町の「鳴子の米プロジェクト」のみなさんと、群馬県片品村のkatakata桐山三智子さんがやってきます。

     「鳴子の米プロジェクト」は、米価下落と輸入圧力、国の支援打ち切りの中で、地域の農家を地域で支えようという日本版CSA(Community Supported Agriculture)。これまで埋もれていた「東北181号」という、栽培は中山間地向き、食味は低アミロースで冷めてもおいしいお米を東京でははじ めて販売します。

     桐山三智子さんは、生まれも育ちも横浜、ハマっ子。渋谷のアクセサリー店で働いていた元コギャルの28歳。尾瀬の麓の片品で暮らすようになったのは、そ こでこだわりの豆腐(尾瀬ドーフ)に出会っ