• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 11件
  • 【11月3日19:00〜生放送!】阪本順治監督×高野孟:本当にあった『人類資金』のすべて

    2013-10-30 12:16  
    上映中の『人類資金』の元ネタは33年前の著書『M資金』だった! 阪本順治監督と『M資金』の著者でジャーナリストの高野孟氏がテレビでは言えない「『人類資金』で本当に伝えたかったこと」をテーマにニコ生で生対談します! 日時:11月3日(日)19:00〜20:30ごろ チャンネル:THE JOURNAL@ニコニコ支局
  • 田中良紹:地雷原を行く安倍政権

    2013-10-26 23:25  
    政府に対して各党が疑問を質す予算委員会の基本的質疑が終わった。「野党は安倍政権を攻めきれなかった」との評価が一般的である。しかし何をもって「攻めきれなかった」と言うのか私は疑問である。 質問に答えられずに立ち往生する事が「攻めきれた」事になるのか、あるいは問題発言を引き出して閣僚を罷免に追い込む事を「攻めきれた」というのか、いずれも「55年体制」の、つまり政権交代がなかった時代の与野党攻防の記憶から抜け出せていないのではないか。 実は09年に民主党政権が誕生し、自公が野党になった時代の国会もまた「55年体制」を彷彿とさせた。自民党は昔の社会党と全く同じ戦法で、個人のスキャンダルを掘り起こして攻撃し、答弁がなっていないと審議を中断させるやり方を採った。これは国家経営とは次元の異なる問題で国民にパフォーマンスを見せつけるポピュリズムの手法である。 発行部数や視聴率を競い合うメディアはそれを喜ぶ
  • 小出裕章×高野孟:原発ゼロ社会への道筋は?

    2013-10-21 10:39  
    http://www.nicovideo.jp/watch/1382330930THE JOURNAL主宰の高野孟が塾長をつとめる「大山村塾」(千葉県鴨川市)の第9回講演会に、小出裕章(こいで・ひろあき)京大助教が登場し、約150人の聴衆を前に「今も終わらない福島原発事故の真実/子どもたちの未来のために私たちに何ができるのか?」と題して講演しました。終始穏やかな口調で原発の危険性を語った小出助教福島原発事故直後、メディアや講演会でたびたび登場していた小出助教ですが、今も文脈は変わらず活動中の様子。登壇すると、「残念ながら福島の原子力発電所の事故は起きてしまったし、ますます悪くなっているのではないかと思うほどに、今現在も進行中です」と口火をきりました。市外からも参加者が詰めかけ、会場は満席に写真やグラフを多用した小出助教の話に、高野孟さんの解説を加えた2時間の講義となります。どうぞお楽しみに
  • 【無料公開】田中良紹:公明党の二枚舌

    2013-10-20 09:38  
    「特定秘密保護法案」の今国会成立に公明党がゴーサインを出した。国民の知る権利と報道・取材の自由に「配慮する」という政府の修正案を、自分たちの主張が取り入れられたとして了承したのである。これは私が「機密情報は誰のものか」で書いたようにあらかじめ想定された「目くらまし」のシナリオである。  私は「そもそも税金で雇われた官僚が税金を使って集めた情報は納税者に帰属する」と書いた。その上で、公表すれば国民の利益、すなわち国益を損ねる恐れのある情報は公表を秘匿することが出来る。従って国益に反しない時期が来れば秘密情報は広く国民に公開される。また公表を禁じた時期でも国民の代表である与野党の議員には開示されなければならない。そうしないと国家が重要問題についての判断を誤る事になる。それが民主主義国家の原理であると書いた。  ところが日本は秘密情報を官僚が独占してきた。官僚は大臣はおろか最高権力者である総理大
  • 【無料公開】篠塚恭一:高齢者大国の前線から(5) ── 自然の理不尽さ

    2013-10-16 11:43  
    小中学校の授業に「移動教室」という屋外活動がある。 消防署や博物館、名産品をつくる工場などを訪問する社会科見学で、教室から飛び出し、五感を使って学んでみる。地方では漁師と地引網をしたり、農家に泊まって土に触れたりと、自然の中で大人の仕事を手伝う体験が都市の子どもたちには新鮮に映るのだろう。 近年、統合教育が広がり、こうした授業に障がいを持つ子が参加するようなった。100人ほど生徒がいる学年では、身体の不自由な子が一人位はいて周囲もできるだけ移動教室に参加させたいと考えている。 この春は自治体や教育委員会の依頼で障がいを持つ子のケアを頼まれた。修学旅行でトラベルヘルパーを利用したいという旅行会社の相談も増えた。 鎌倉や京都などメジャーな観光地では、移動に車いすを使う生徒など、特別なニーズのある子どもや高齢な人や身体の不自由な人の受入体制が進んでいるが、民泊を行うような地方でバリアフリー対応が
  • 【結城登美雄の食の歳時記#30】秋の稲刈りとお米<コメの話編・その1>

    2013-10-16 11:05  
    105pt
    おいしい新米の季節になりました。みなさんはご家庭の食卓で、実りの秋を堪能されていますか。今回は、お米にまつわるお話です。※会員(月額525円)の方は全文購読できます。非会員の方は有料記事(100pt)となります。(会員になるには携帯キャリア決済、カード決済が可能です。個別記事を購読する場合は、ニコニコ動画にログイン後、ニコニコポイント100ptにて購入し御覧ください。ニコニコポイントは500円から購入可)*   *   *   *   *
    【結城登美雄の食の歳時記#30】秋の稲刈りとお米(コメの話編・その1)(撮影・THE JOURNAL編集部)宮城県内各地の田んぼで稲刈りが行われていますね。おコメは88の手間がかかるといわれています。春に種籾(たねもみ)を蒔いて苗を育てて田起こしをして、水を引いて代掻き(しろかき)をして5月の田植え。日々の水管理をしながら、畦畔(けいはん)の草を何度も刈り払って、イモチやカメムシなどに注意を払いながら、天気にも悩まされ、それでようやく実りの秋です。農家の方々はさまざまな思いを胸に稲刈りの作業をしているのではないでしょうか。おコメは日本人の主食ということになっていますが、近頃はどうも怪しいようですね。総務省の家計支出調査によれば、(※無料ここまで262文字/1,120文字中)  
  • 田中良紹:「ドキュメント茶番劇」を見た

    2013-10-09 02:08  
    先週末にNHKが放送した「ドキュメント消費増税 安倍政権2か月の攻防」を見た。政治記者たちが権力機構の作り出す茶番劇に振り回されている様子がドキュメントされていた。これは「ドキュメント消費増税」ではない。「ドキュメント茶番劇」である。番組は増税表明前日の安倍総理のインタビューから始まる。そこにこれまで取材カメラが入ったことのない総理執務室で取材が許されたとのナレーションが入る。何か得意げなナレーションだが、それは何を意味するか。安倍政権がNHKを特別扱いにし、番組制作に協力した事を物語っている。一日前の総理の心境を聞くのにカメラを入れた事のない総理執務室を使う必要が取材する側にあるはずはない。しかし消費増税の発表は歴史的な意味を持つと考える総理周辺の太鼓持ちが、前例のない執務室でのインタビューを振付けした可能性は十分にある。だからこのシ-ンを見ただけで番組の意図を見通すことは出来る。これは
  • 写真

    2013-10-01 18:01  
  • 田中良紹:大阪都構想の挫折

    2013-10-01 10:23  
    大阪都構想を巡って争われた堺市長選挙で都構想に反対する現職市長が当選した。既成政党を批判し無党派層を取り込む戦術で伸びてきた大阪維新の会にとって、無党派の多くが現職市長を当選させた事は大きな打撃である。これで橋下徹大阪市長の求心力低下が鮮明になった。橋下市長が政治家として注目されたのはこの国の統治構造を変えようとしたところにある。この国の統治構造は国と都道府県と市町村の三層になっており、それらの行政事務が重複する事がある。中でも問題なのは国の出先機関が地方に存在する事で、地方にやらせてもできる仕事を国が直轄してやる体制が作られている。その出先機関に国家公務員の三分の二にあたる官僚が出向している。税金の無駄だと昔から指摘されてきた。その無駄を訴えたのが橋下徹氏である。それが現状打破を訴える改革者のイメージを作り出した。統治構造の変革として橋下氏は道州制を実現するようなことを言っていたが、その
  • 【10月6日20時〜放送】結城登美雄(「鳴子の米プロジェクト」総合プロデューサー・民俗研究家)「日本の食の現在と未来、今自分がやれることは?」

    2013-10-01 08:00  
    「食の歳時記」でお馴染みの、結城登美雄さんが「日本の食の現在と未来、今自分がやれることは?」 をテーマに都内で講演しました。今回はその模様を放送します。 今回の講演は、宮城県大崎市のNPO法人「鳴子の米プロジェクト」が9月28日に都内で開いた「にっぽん・食の哲学塾」の企画。結城さんはプロジェクトの総合プロデューサーを務めています。 結城氏は、東北をはじめ国内の農漁業現場で高齢化が進み、担い手不足に陥っている状況などをデータを交えて説明します。「食の問題は人ごとではない。日本の食を支えるために自分が出来る事を見つけてほしい」というメッセージが込められています。 どうぞお楽しみに! http://live.nicovideo.jp/watch/lv154486110※会員(月額525円)の方は全編視聴できます(前半無料)。非会員の方は有料映像(200pt)となります。(会員になるには携帯キャリ