• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 秘密保護法案に反対集会─「特定秘密保護法案の廃案を求める要請文」に THE JOURNAL も賛同し提出

    2013-11-21 07:10  
    特定秘密保護法案に反対し廃案を求めるメディア関係者の集会が20日、東京・永田町で開かれ、THE JOURNAL主宰の高野孟と編集部が参加しました。登壇した呼びかけ人たち(左から大谷昭宏氏、岸井成格氏、田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、田勢康弘氏、金平茂紀氏)集会では田原総一朗氏や金平茂紀氏などが登壇し、「国民の知る権利を大きく侵害する恐れがある危険きわまりない法案だ」と訴えました。「こういう法律が出てくるのは戦後初めてだろう。国民1人1人がよく考えないといかんと思って出てきた」と会場に駆けつけた俳優の菅原文太氏集会の最後に読み上げられた「特定秘密保護法案の廃案を求める要請文」はTHE JOURNALも賛同し、全文を以下に掲載します。【特定秘密保護法案の廃案を求める要請文】
    森雅子・特定秘密保護法案担当大臣殿 前略。私たちは新聞、テレビ、ラジオ、出版、インターネットなど、さまざまなメディアを通じて