• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【無料公開】ブシロードはキックをメジャーにするか? 『KNOCK OUT』の頭脳・花澤勇佑に聞く
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【無料公開】ブシロードはキックをメジャーにするか? 『KNOCK OUT』の頭脳・花澤勇佑に聞く

2017-01-01 00:00
    31d91614228a8235d6c335a68f3bbcb575109fe6
    ブシロードはキックボクシングをメジャーにするか? 12月5日に旗揚げしたキックボクシングイベント 『KNOCK OUT』! ただいま絶好調の新日本プロレスをV字回復させたブシロードがプロデュースするということで大注目されているが、なぜキックだったのか――? 『KNOCK OUT』を主催する株式会社キックスロードの花澤勇佑・代表取締役社長に話を聞いた。



    ◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉
    14万字オーバー好評記事詰め合わせセット
    part34
    収録記事 http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1164999



    小佐野景浩のプロレス歴史発見
    猪木・馬場・三沢をを支えた影の実力者! 
    さらば永源遥――!!

    ●大好評
    アジャ・コング インタビュー④
    壮絶! ブル中野・2年間戦争/バイソン木村との哀しき別れ

    アナタはまだ知らない! 本当に恐ろしいグレイシー一族!!

    事情通Zの「プロレス 点と線」
    NOAHだけはガチ! 新日本プロレスとの協力関係解消へ!/「東京スポーツ」新聞社制定プロレス大賞2016/【小池栄子劇場】坂田亘vs桜井マッハ速人/ディファ有明、電撃閉鎖! プロレスは困らず格闘技が困る?

    ●衝撃発掘!! 神取忍インタビュー「ジャッキー佐藤シュートマッチの真実」「北斗晶」「ブル中野」……

    ●地上最も過激な格闘技「ミャンマーラウェイ」の実態!!

    ●「斎藤文彦INTERVIEWS⑨」
    「現場監督」長州力と取材拒否――週刊プロレスに届いた、たった1枚のFAX

    ●大反響!! 賛否両論! 原理主義者トーク
    RIZIN電撃参戦! 那須川天心はなぜ天才と呼ばれるのか?/「MMAとキックや柔術が同格?」

     
    ●RIZIN大晦日はマッハvs坂田じゃなくて「マッハvs減量」!!■金原弘光
     
    シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク
    トップは100万ドル超え当たり前?/川尻達也UFC離脱の裏側

    MMAオレンジ色の手帖
    噂の立ち食いスパゲティ「アッパーカット」に潜入!/『ファイプロ』で徹底シミュレーション!?  神取忍×ギャビ・ガルシア

    二階堂綾乃
    写真撮影で使えるプロレスラーのポーズ!/卑猥な人形!? 「鍛える女子」の誤解されかねない趣味

    ●オマスキファイトのMMA Unleashed
    今度こそMMA版労働組合設立か/ニューヨークでMMAジムが大忙しの理由とは/「試合の前には我をなくすまで酔っ払う」 ジョン・ジョーンズ赤裸々発言を追う/
    試合がなくても大活躍!コナー・マクレガーがカネの雨を降らせる!

    中井祐樹の「東奔西走日記」

    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1164999
    ◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉




    ――花澤さん、今日はよろしくお願いします!

    花澤 こちらこそよろしくお願いします。インタビューはあまり慣れてないんですけど……(笑)。

    ――あれ? KNOCK OUT旗揚げ前にいろいろと取材は受けてますよね?

    花澤 でも、小野寺(力/KNOCK OUTプロデューサー)さんと2人で一緒に感じだったので……。じつはボクは格闘技業界のことが詳しくないので、こういった取材は小野寺さん経由で受けていたんです。

    ――シングルマッチのデビュー戦というわけですね(笑)。花澤さんはブシロードから新日本プロレスに出向されていて、そしてこのたびKNOCK OUTを立ち上げたわけですよね。

    花澤 ここに至るまでのことは話せば長くなるんですけど……。

    ――ウェブインタビューなので文字数に制限はありませんので(笑)、ぜひうかがわせてください!
    411f48b140a6f0c56abca3c63452b51555319ce8
    以前はトレーディングカードゲーム『キング オブ プロレスリング』
    担当だった花澤氏


    花澤
     ボクはもともとは千葉でIT屋をやってたんです。ウェブ制作などを手がける町のホームページ屋さんですよね。3人くらいでやってたので会社と呼べるかどうかはわからないですけども、売り上げは上がっていたので充分仕事にはなっていたんです。でも、企業のホームページを日々作ってるだけですから、行き詰った感があって。

    ――広がりがないというか。

    花澤 そうですね、限界があるなって感じで。やっぱりこの世界はソーシャルゲームを作るとかじゃないと大きな当たりはないんですけど、ボクはITサービスで世の中に何かを提供したいとか、大それたことは考えてなくて(笑)。「じゃあ、何が好きだったのか?」を考えたときに思い浮かべたのはプロレスだったんですね。

    ――
    花澤さんはプロレスファンだったんですね。

    花澤 nWoジャパンがTEAM2000に変わるときが一番見ていましたね。そのプロレスを仕事にしたいな、何か絡めないかなと思うようになって、ツイッターでKAIENTAI DOJOのTAKAみちのくさんにメッセージを送りまして。

    ――ずいぶんとアグレッシブですね(笑)。

    花澤 このことはあんまり言ったことないんですけど(笑)。そのときTAKAさんがちょうど「千葉のいろんなところで興行をやりたい」という募集をしてたんですよ。その一発目の興行がボクの町だったんです。長柄町という小さい町なんですけど、ホールを借りて100人くらいの興行をやりました。

    ――興行を手掛けたんですね。

    花澤 見よう見まねで楽しかったんですけど、ビジネスとしてはなかなか難しい世界だなと。やってみて現実を知ってたんですが、そこからプロレス関係の知り合いが増えていったある日、2013年1月3日のことですね。突然知り合いから「いまから東京に来れる?」と電話があって。新日本が秋葉原で開催した「大プロレス祭り」がその日あって、近くの居酒屋に行ったら、その友人といまの木谷(高明)会長がいまして。そんなことは聞いてなかったのでビックリしたんですよね(笑)。

    ――その出会いがブシロード入りに繋がるんですね。

    花澤 はい。そこで木谷から「トレーディングカードゲームの『キング オブ プロレスリング』を立ち上げたんだけど、社内にプロレスに詳しい人間がいないからブシロードにおいでよ」といきなり誘われて。

    ――突然の出会い、突然の誘い。

    花澤 「いつから来れる?」とか話が急すぎて(笑)。もうかなり迷いました。相当迷ったんですけど「こんな話はそうそうないからやってみよう!」と。それで2013年3月1日付でブシロードに入って、その1年後には新日本に出向するかたちで『キンプロ』担当になりました。

    ――『キンプロ』では具体的にどういう仕事をされてたんですか?

    花澤 サービスはリリースされていたので、この次はどんな選手を出すか、この選手の能力はどうするか……などを考えたり、新日本以外のレスラーを出すための交渉もします。たとえばライガー選手は新日本所属なんですけど、権利はダイナミックプロさんが持ってるので交渉が必要でした。

    ――『キンプロ』は他団体や過去の有名レスラーがたくさん出てましたね。

    花澤 ブルーザー・ブロディを出すためにアメリカの奥さんと連絡を取ったりもしましたね。

    ――そこからキックボクシングのイベントを立ち上げることになるんですよね。キックは好きだったんですか?

    花澤 いや、そういうわけじゃなくて……という言い方には語弊があるんですけども(笑)。2015年の8月頃ですね、木谷と雑談してるときに「キックボクシングには可能性があるんじゃないか」という話になったんです。そもそもスポーツビジネスで何かやりたという考えが、木谷やボクの中にあったんですけど。総合格闘技はもう難しいだろうと。そのあとRIZINさんができましたけど、UFCがある以上はなかなか……。

    ――トップファイターを抑えられていますし、ビジネス面でまともに太刀打ちできないですね。

    花澤 そこで「キックボクシングはどうなんだろう。調査してくみよう」というところから始まったんです。それから数日したら木谷から「知り合いを紹介するから」と呼ばれて行ってみたら小野寺さんがいたんです。小野寺さんもなぜ呼ばれたかはわかってない。

    ――また突然の出会い(笑)。

    花澤 ボクは小野寺さんが元キックボクサーだったことすら知らなかったんですし、ブシロードは『NO KICK NO LIFE』のスポンサーはやってましたけど、ボクは担当ではなかったので接点はありませんでしたから。そこから小野寺さんと2人で新しいキックイベントが本当にやれるのかどうなのかを話し合ったり、調査をすることになって。ボクはキックのことはまったくわからなかったですけど、とりあえず数字の面から可能性を探りました。『NO KICK NO LIFE』の実績を見せてもらったり。

    ――ああ、ちゃんと精査するんですね。プロレス格闘技の歴史を振り返ると、タニマチが勢いでやっちゃうパターンが多いんですけど。

    花澤 やるからには何かあったらブシロードグループに迷惑はかかりますから。そこはコンプライアンス面もそうなんですけど。

    ――慎重になりますよね。ブシロード体制の新日本プロレスはその面もきっちりやられてますね。

    花澤 小野寺さんにいろんな現場にも連れて行ってもらって、後楽園でやってる団体さんはほぼ見させていただきました。そこで「選手のファイトマネーはどうなんだろう?」と調べてるときに、キックの興行は選手のチケット手売りで成り立ってることを初めて知りました。チケットが選手のファイトマネーになるから、試合数が多いのかと。

    ――ほかにキックの世界で気になる点はありました?

    花澤 選手のギャラが安いなと思いました。あと紙テープとノボリ、激励賞を読み上げは必要なのかな?と。KNOCK OUTではどれも禁止にさせていただいたんですけど。

    ――それはどういう理由でなんですか?

    花澤 紙テープはプロレスの場合、セコンドが片付けるじゃないですか。でも、キックは誰も片付けないので、リングサイドのお客さんが自発的に紙テープを切ったりしてるような現状でしたので。ノボリはたくさん出てくるとお客さんが見えなくなりますよね。どちらも会場に一体感が出てありがたいんですけど……。

    ――そこは一般客としての目線なんですね。

    花澤 激励賞を読み上げはイメージの問題ですね。激励賞をいただくことは選手からすればありがたいんですけど、リング上でその方の名前を読み上げても、なんの関係もないお客さんはピンと来ないと思いますので。

    ――一方で動画撮影はOKでしたよね?

    花澤 昔から「なんで動画撮影はダメなんだろう?」って疑問だったんですよね。ブシロードの声優ユニット「ミルキーホームズ」のライブ撮影は一部OKなんです。でも、格闘技やプロレスだとどこの団体も写真撮影はオッケーだけど、動画撮影はNGじゃないですか。動画をOKにしちゃうと中継を見なくなるからだと思うんですけど、いまってなんでもすぐにYouTubeにアップされますし、削除申請しているヒマがないんですよね。だったらKNOCK OUTはまだまだ知名度が足りないので、動画OKにすればいいんじゃないかな、と。

    ――逆に利用してやれということですね。

    花澤 そうです。動画解禁にしたらどれくらいアップされるのか見てみたかったですし。天心選手のKOシーンなんてあっという間にアップされちゃいましたから、むしろ「上げてくれ、広めてくれ!」って感じでしたね(笑)。

    ――あのKOシーンは衝撃でしたもんね(笑)。

    花澤 今後も動画撮影OKを続けるかどうかはわからないですけど。放送環境次第ではやめてくれって話も出てくるかもしれません。オフィシャルサイトでできるだけ早く動画をあげていけばいいかなとも思いますし。

    ――話は戻りますが、このプロジェクトに正式なGOサインが出たのはいつ頃なんですか?

    花澤 2016年3月の終わりですね。

    ――ブシロードとしてキックはコンテンツになると判断したんですか?

    花澤 これは正直なところをいうと、ボク自身、キックに携わっていくことが面白いなと思ったんですよ。3月に大田区体育館で『NO KICK NO LIFE』があったときに、口も手も出したんです。

    ――その大会がプレ旗揚げっぽくはあったんですね。

    花澤 無償でできるレベルのものなんですけど、休日を利用してホームページを作ったり。『NO KICK NO LIFE』にはツイッターもインスタもFacebookもあったんですけど、まともに運営はされていないのに3000人近くお客さんを集めていたんですよね。これはちゃんと磨けば輝くんじゃないか?……って思いますよね(笑)。

    ――荒れ地に可能性を感じたわけですね。

    花澤 那須川天心と梅野源治という2人の選手からは凄いオーラを感じて「これは絶対にスターになる」と確信しましたし。ちゃんとプロモーションをしてパッケージ化すれば、すぐに収益は上がらないけど、うまくいくんじゃないかという考えも固まったんです。その頃は担当していた『キンプロ』のサービスが終了することは決まっていたので、次はキックをやろう!と。ただ「100パーセントビジネスになります!」とは木谷には言えなかったので……そこでボクは会社をやめて自分と小野寺さんでキックのイベントをやろうとしたんです。木谷には「うまくいきそうな気配があったら、あらためてお話をさせてください」と言うつもりでした。

    ――それはおもいきりましたね!(笑)。

    花澤 はい(笑)。そうしたら木谷は「何を言ってるんだ? いけると思ってるんだろ? だったらブシロードとしてやれ!」と。

    ――おお! 可能性を感じた花澤さんに、その花澤さんの感性に懸けた木谷さん。

    花澤 木谷にそう言われてビックリしましたね。収益面とか問題はいろいろとあったので、ブシロードとして取り組むのはもうちょっと先かな考えていたので。最後の決め手はパッションでした(笑)。

    ――勢いは重要かもしれません(笑)。GOサインが出て動き出してから、いろいろとネックになることは多かったと思うんですけど。

    花澤 それから旗揚げ戦までは怒涛の半年間だったんですけど、ボクは興行には携わったことはないので、まったく未知の分野。選手の交渉やマッチメイクとか、リング上のことは小野寺さんにお任せしなきゃいけないですけど、それ以外のことはこっちがやらないといけないので。どんな空間にしなきゃいけないのか。演出だったりを含めて手探りで進めました。

    ――新日本プロレスの興行スタッフの力は借りたんですか?

    花澤 向こうも興行があるので、人手は借りなかったですね。もちろんアドバイスはいただきましたが、こんなに大変だとは思わなかったですね。

    ――もうちょっとスムーズにできるだろうと思ってたところはあったんですね。

    花澤 はい。わからないことが多すぎましたね。

    ――当初KNOCK OUTは「非K−1」の集合体という呼ばれ方もされてましたよね。

    花澤 ああ、「新生BLADE」って呼ばれてましたね(苦笑)。

    ――でも、お話し聞くかぎり、ブシロードのキックボクシングイベントのカラーは強いわけですね。業界内のシェアの奪い合いではなくキックボクシングをコンテンツにしていく。

    花澤 そうですね。KNOCK OUTはまだ始まったばかりで収益も上がってませんから、新生K−1さんを変に意識してる場合ではないと考えてます。まず自分たちができることをコツコツとやっていきたいですね。

    ――話題を呼んだのは、先ほども話に出た「チケットの手売り禁止」ですね。

    花澤 ボクも木谷も試合数を減らしたいとは強く思ってました。人間の集中力って限界がありますから、1大会に20試合とか見続けることはできないですよね。

    ――基本的に知り合いの試合目当ての観戦になっちゃいますね。

    花澤 知り合いの選手の試合が終わったら帰るとなると、もはやイベントじゃないですよね。イベント目当てのお客さんを集めるならば、試合数は減らさないといけない。やっぱりオープニングからエンディングまで楽しんでもらえるのがイベントだと思いますので。

    ――イベントにするために試合数をコンパクトにする。そうなると手売り重視のスタイルは取れないというわけですね。

    花澤 正直言うと、手売りに関しては、ここまで大きな反響があるとは思わなかったんですね(笑)。ボクも最初は強く言うつもりはなくて、あくまで「チケットはプレイガイドでお買い求めください」とアナウンスするだけで。これは木谷本人も言ってたんですけど「いろんなところでこんなに騒ぎになるとは思わなかった」と。

    ――それくらいモヤモヤしたものが格闘技界にあるということですよね。でも、手売りがないと興行が成り立たない格闘技界の一面はありますよね。

    花澤 手売りじゃないと難しいですね。会場が大きくなればなるほど難しいと思ってますね。今回は札止めになりましたけど、それはそれでビックリしたんです。開催1ヵ月切るまでは全然チケットが動いていなかったですし。

    ――あ、そうなんですか。

    花澤 予想より20〜30パーセント低くて、あまりにも動かなかったので「これはやっぱり手売りじゃないと厳しいのかな」と。

    ――手売りしたほうがいいんじゃないか?と。

    花澤 考えましたね(苦笑)。もしくは選手の所属してるジムで販売してもらうしかないのかな、と。

    ――あ、ジムの販売もやってないんですね。

    花澤 やってないです。小野寺さんの『RIKIX』だけですね。やっぱり手売りじゃないと通用しないのかなあ……と考えていたら、大会まで1ヵ月を切った段階でどんどん売れ始めたんです。

    ――何かきっかけだと思われました?

    花澤 動き出したきっかけは、全カード発表の記者会見ですね。そこからプレイガイドの枚数が減っていって。あと話題を切らさないように選手のインタビューや動画をアップし続けて。その効果があったのか、プレイガイドの販売が終わってからも問い合わせが殺到しましたし、用意していた当日券も売れ切れまして。

    61240d6cf5646f5d88a74fb2b752573212a850ec
    KNOCK OUTの旗揚げ戦はTDCホールで行なわれた

    ――
    超満員札止めという最高の滑り出しで。

    花澤 格好がつくかたちまでは持って行きたかったなとは思ってたんですけど、予想以上の反響に驚きました。もちろん超満員札止めは目指していたんですけど。

    ――手売り禁止の方針に周囲は戸惑ってなかったですか?

    花澤 皆さんから「大丈夫?」って言われました。あと「チケットぴあでどうやって買ったらいいのか?」という問い合わせもありましたから。

    ――ええええええ!?(笑)。

    花澤 なので、KNOCK OUTのオフィシャルサイトにチケットぴあの画面を載っけて買い方を説明したり。あと選手からも言われたんですよ。「いつも買ってもらってる方々にどうご案内すればいいのか」と。それでチケットの買い方が載った選手カードを作成しました。
    736bd6c943d37d53dc5f63c7b57d4e31bffef25d
    プレイガイドのチケット購入方法が記載された「選手カード」


    ――
    しかし……コンビニでの発券がたやすくなった時代に、とんでもないことになってたんですね。

    花澤 ボクもそこから説明しなきゃいけないのかとビックリしました。小野寺さんも一番危惧していたのは手売りなんですね。その方針を伝えたら「いやあ、それだと……」とかなり心配してました。でも、記者会見で木谷が口にした以上はやるわけにはいきませんし……売れていなかったときは「こっそりやろうかな?」と一瞬考えたんですけど(笑)。

    ――ハハハハハハ! 逆に花澤さんがマッチメイクとか現場に口出しすることはあったんですか?

    花澤 いや、小野寺さんに完全におまかせです。そもそもボクはキックの選手をほとんど知らないので。小野寺さんから「このカードでお願いします」と言われたら、ボクのほうはそのカードをどうプロデュースするかだけを考えるんですけど。今回、タイ人が4人出場したじゃないですか。これは凄く苦労しましたね。

    ――知名度があるわけではないですし……。

    花澤 ルンピニーやラジャとか言われても一般人にはよくわからないので……そんなタイ人の凄さをどうやって伝えればいいのか。現地まで取材に行ってもらいましたけど。

    ――経費もかかりますね。

    花澤 そこはお金をかけきゃいけないですよね。

    ――今回は札止めですけど、収益のほうは……。

    花澤 赤字ですね。

    ――札止めでも赤字。

    花澤 そこは最初からわかってました。予想よりお金はかかりましたけど。そこは木谷も会見で口にしましたけど、しばらくは赤字覚悟でやるつもりですので。

    ――現場は小野寺さんにお任せしてるようですが、これまでの傾向では主催者が現場に介入したくなるものですが、そのへんで注文は何もなかったんですか?

    花澤 あったとすればルールですね。そこは小野寺さん、木谷の3人で何度も話をしました。世間に向けてわかりやすいのは、K−1のようなルールじゃないのかなという考えもあったんですけど、それはボクと木谷はK−1ルールしか知らないというところがありましたから。「ヒジあり」の試合がどうなるかは想像もつかなかったです。

    ――ヒジあり」は小野寺さんの意見ですか?

    花澤 小野寺さんはそれ以外のルールでやるつもりは毛頭なかったですね。「キックボクシングでやるのであれば、ヒジはなきゃダメです」と。そこは小野寺さんの熱い思いがあって決まりました。

    ――正直、花澤さんの希望はどうだったんですか?

    花澤 どっちがいいというより、ひとつの大会の中で複数のルールでやるつもりはなかったんですね。それは見てるお客さんが混乱するのでやめたほうがいいなと。「この格闘技はなんなんだろう?」っ戸惑ってしまいますよね。

    ――そこも見る側にわかりやすくですね。

    花澤 お客さんに見やすいルールになればいいなと思ったんですけど、やっぱり梅野源治が出る以上はヒジありかな、と。彼が輝くのはこのルールだと思います。このルールにしたことでよく言われるのは「KNOCKOUTってムエタイでしょ?」ってことなんですけど。そこはキックボクシングで勝負したい。KNOCKOUTの「撃つ、蹴る、斬る」というコンセプトで、キックの魅力を伝えてきたいですね。
    0d168945b3137d94e08a0fd77101fccaa5184cee


    ――旗揚げ戦の反響は大きいだけに2月の大会も期待も高まってますね。

    花澤 旗揚げ戦が終わったあと木谷から「よかった。こんな日ないね!」と言っていただきましたし、お客さんも喜んでいただきましたけど、まだまだ満足してませんので、さらに完成度を高めたいと思ってますね。<終>


    『KNOCK OUT vol.1』2月12日(日)大田区体育館 
    http://www.knockout.co.jp/event/knock-out-vol-1/



    Dropkickメルマガ人気インタビューの一覧表。
    試し読みができます! 名前をクリックすると記事に飛びます! 



    【最新記事】




    【衝撃発掘!!】神取忍インタビュー「ジャッキー佐藤シュートマッチの真実」「北斗晶」「ブル中野」……




    ブル中野・2年間戦争/バイソン木村との哀しき別れ■アジャ・コング インタビュー④





    ディファ有明、電撃閉鎖! プロレスは困らず格闘技が困る?■事情通Zのプロレス点と線







    トップは100万ドル超え当たり前?/川尻達也UFC離脱の裏側■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク

    【女子格闘技】


    ネット騒然! 中井りんインタビュー「RIZIN様への参戦? 前向きではありますが……」


    浜崎朱加
    INVICTAアトム級世界王者インタビュー 

    中井りん
    アジア人初のUFC女子ファイター!「日米友好親善と世界平和のために参戦します!!」 

    中井りん
    「恥ずかしいけどテレビに初めて出ました!」 

    しなしさとこ
    総合格闘技と女性の戦い 


    RENA×浜崎朱加
    SBとMMAの女王対談 

    森谷吉博
    「MMA?絶対に無理!!」未来へ飛んだRENA――大晦日出撃その舞台裏! 





    【昭和プロレス】



    【80年代編】谷津嘉章インタビュー② 「昭和・新日本のプロレスは早漏なんですよ」


    桜田一男
    喧嘩日本一見参! ケンドー・ナガサキ「SWSは全部で99億円使った」 

    ミスター高橋with田山正雄
    レフェリーの魔術「試合はこうして壊れていく――」 

    平田淳嗣
    おまえ平田だろ!「スーパーストロングなプロレス人生」 

    新倉史祐
    道場破りから前田日明vsルスカまで……「俺が見た昭和・新日本プロレス伝説」 

    康芳夫
    世紀の呼び屋「猪木vs人喰い大統領アミンはぜひやりたかったね」 

    猪木快守
    猪木一族の事業欲とは何か? 



    【新日本プロレス系】

    小原道由
    小原道由「石澤が止めなかったら、俺は◯◯を殺していたでしょうね」


    草間政一
    私が戦った暗黒・新日本プロレス 

    永島勝司
    アントニオ猪木と北朝鮮 

    田中ケロ
    ケロちゃんの新日本プロレス伝説 


    西村修
    「独裁者・長州力に逆らうってエネルギーが必要なんです」 



    高岩竜一
    「90年代ハチャメチャ新日本プロレスと俺が愛した橋本真也」 


    村上和成
    平成のテロリスト・村上和成――格闘家が挑んだ命懸けのプロレス道!! 


    高岩竜一×田山レフェリー
    理不尽とは何か? 90年代新日本プロレス居酒屋トーク 


    田口隆祐
    将棋を語る 

    岡倫之
    ブシロードクラブの怪物「プロレスラーが世界最強であることを証明します!」 


    西村修が語るプロレスの神様
    「ゴッチさんはもう一度、日本に来たがってたんです。でも……」


    斎藤文彦INTERVIEWS】

    プロレス史上最大の裏切り「モントリオール事件」■ 


    オペラ座の怪人スティング、「プロレスの歴史」に舞い戻る 


    なぜ、どうして――? クリス・ベンワーの栄光と最期

    超獣ブルーザー・ブロディ

    「プロレスの神様」カール・ゴッチの生涯

    『週刊プロレス』と第1次UWF〜ジャーナリズム精神の誕生〜

    ヤング・フミサイトーは伝説のプロレス番組『ギブUPまで待てない!!』の構成作家だった




    【アジャ・コング】

    「あの頃の全女はAKB48やジャニーズだった」

    恐るべし全女の異種格闘技戦/ダンプ松本、究極の親分肌


    偶然と必然が折り重なった「アジャ様」覚醒の瞬間


    【90年代インディ】

    高杉正彦インタビュー〜剛竜馬とウルトラセブンに愛をこめて〜


    上田勝次

    FMWを支えたキックボクサー「アイツが死んで以来、ヒジは使ってないよ…」 


    金村キンタロー
    理不尽小僧「インディで年収1500万……一銭も残ってないです!」 


    ウルトラマンロビン
    「あんなにネットで叩かれたら普通は自殺しますよ!」 

    髙田龍・前編
    90年代インディの夢と地獄…レッスル夢ファクトリーとは何だったのか? 

    髙田龍・後編
    男たちのプロレス屋形船…友情とカネが砕け散ったWJ 


    保坂秀樹インタビュー
    「朝4時にジョージさんと空き地で極めっこをやらされるんです」



    【全日本プロレス】

    更級四郎
    “Uと馬場”を支えた黒衣の絵描き 

    更級四郎×ターザン山本
    G馬場ブレーンの語らい――全日本プロレスが再生した日 

    北原光騎
    男が男に惚れる天龍劇場「俺にとって天龍さんは“神様”だよ」 


    倉持隆夫
    元・全日本プロレス中継アナウンサー「作られたスポーツを実況するということ」 


    ウォーリー山口
    プロレスなんでも屋「ジャイアント馬場と竹内宏介、ふたつのG魂」 


    安西伸一×小佐野景浩
    天龍源一郎が生きた時代~『週プロ』と『ゴング』の天龍番対談~ 


    【90年代格闘技】

    木村浩一郎
    90年代・灰色の狂気――「FMWとリングスで俺はこの業界をナメてしまったんですよ」 

    中井祐樹
    「ボクシングができるアントニオ猪木が理想でした」 

    朝日昇
    “奇人”が語る「本当に恐ろしい昭和格闘技」 


    山田学
    初代シューターにしてパンクラシストの大冒険 

    麻生秀孝
    関節技の帝王!サブミッションアーツレスリング総帥 
     
    鶴巻伸洋
    W☆ING発、リングス行き! 怪しい格闘家人生 

    KEI山宮
    パンクラシストの憧れと死を見つめて 



    安西伸一
    元『格闘技通信』名物記者の「俺が愛したグレイシー柔術 」 


    修斗初代王者/仮面シューター・スーパーライダー 渡部優一
    「東映の許可? 取ってますよ(笑)」


    【中村祥之】

    負けたら即引退試合SP、過激な舞台裏「新日本プロレスはあのとき橋本真也がいらなかったんです」 

    中村祥之インタビュー
    ZERO-ONE激動の旗揚げ 

    中村祥之インタビュー
    破壊王・橋本真也の死――不倫とゼロワン崩壊

    「仲田龍さんが気力体力尽き果てたのはわかりますよ。ボクもやられましたから……」


    【UWF系】

    船木誠勝
    「俺は真剣勝負がやりたかったわけじゃないんです」 

    中野巽耀
    「一番尊敬できた先輩は高田延彦だよ」 


    尾崎允実
    元パンクラス代表「前田日明とも仲は良かったんですよ」 

    山本宜久
    「ヒクソンと戦ってるとき、放送禁止用語が聞こえてきたんですよ…」 


    謙吾
    「スーパールーキーが見たリングスvsパンクラス仁義なき戦い」 

    滑川康仁
    地獄のリングス前田道場卒業生 

    横井宏考
    リングスの怪物くん「格闘技は前田さん、プロレスは橋本さんが師匠でした」 


    中村大介
    2014年のUWF――「それでもボクはUスタイルで戦い続けます」 

    入江秀忠
    修斗とUを漂流した男「俺は自称UWFじゃないんですよ」 


    ターザン山本
    「佐山サトル、前田日明、高田延彦、船木誠勝、石井館長たちがプロ格という魔物を作ったんですよ」 


    安生洋二の前田日明襲撃事件〜カミプロとFAKE〜


    【ゼロ年代MMA検証系】

    塩崎啓二
    元レフェリーの衝撃告白「私はPRIDEで不正行為を指示されました……」 

    菊田早苗
    「PRIDEの弁当に毒が入ってるんじゃないかって……」 

    大山峻護
    愛と苦しみのPRIDE物語「ハイアン戦の恐怖はしばらく消えませんでした」 

    “雀鬼”桜井章一×笹原圭一
    「PRIDEと生きた時代」 

    中村和裕
    PRIDE崩壊後に見えたもの―― 


    高瀬大樹
    「俺は悪い奴だった……」元カリスマブロガーの懺悔録 

    大沢ケンジ×礒野元
    「格闘技とルール」桜庭vs秋山、Dynamite!! USAの舞台裏 

    大沢ケンジ
    語ろう青春の和術慧舟會!~ゼロゼロ年代格闘技界の裏側~ 






    【立ち技系】

    【キックボクシング関ヶ原】あのブシロードが電撃参入! 『KNOCK OUT』とはなんだ?

    小笠原和彦
    リアル・空手バカ一代!「ボクは“やっちゃっていいよ”組なんです」 


    青柳政司
    「左目を失っても打倒プロレスの旅は終わらない」 


    天田ヒロミ
    K-1天国と地獄「谷川さんがやるようになってK-1はダメになりました」 


    小比類巻貴之
    「ミスターストイックのキャラは正直、しんどかったです」 


    ノブ・ハヤシ
    K-1逆輸入ファイター 白血病からの復帰 

    武田幸三
    キックに命を懸けた男 

    小林聡
    野良犬の哲学「選手もプロモーターも群れてちゃ面白くないんですよ」 

    佐藤嘉洋
    判定問題のせいで闇に葬り去られていますけど、魔裟斗戦はMAX史上最高の盛り上がりだったと思います 


    佐藤嘉洋
    マット界初! 選手組合「日本キックボクシング選手協会」とは何か? 


    木村ミノル
    K-1毒舌王「いまの格闘技界はお客さんの目線を気にしすぎなんですよ」 





    【MMA】

    川尻達也、あがき続けた先のRIZIN参戦

    関根シュレック秀樹インタビュー


    中井祐樹日本MMAが日本柔道から学ぶべきもの…「もっとミックスドマーシャルアーツしろ!」

    榊原信行
    「僕のことは嫌いになっても、格闘技のことは嫌いにならないでください!」 


    クロン・グレイシー
    グレイシーを10倍楽しむ方法 


    酒井正和
    “格闘技団体”としてのあり方――パンクラス 

    菊野克紀
    「最近は武器の型もやってます」沖縄拳法に震えろ! 

    鈴木信達
    極真、米軍、行政書士!! 破天荒人生 

    北岡悟
    「パンクラスイズム横浜」設立 

    渋谷莉孔
    「プロ相手でも勝てるようになったので“地下格禁止令”が出たんですよ」 


    マキシモ・ブランコ
    「日本は最高の国。街を一人で歩いても殺されない」 

    佐野哲也
    リアル神代ユウ「格闘技を続けるために警察学校をやめたんですよ」 


    松田干城
    高校球児がアメリカに渡りUFCデビューするまで 


    内藤のび太

    修斗世界王者は仮面を脱いでも“のび太”だった!! 


    内藤のび太
    「噛ませ犬なのに空気読めよって思ってますよね……」


    あびる優、絶叫再び!才賀紀左衛門
    「奥さんが格闘技やることに基本反対。連敗したらやめるとか約束付きです



    RIZIN親子参戦!山本アーセン
    「話題が絶えない家族ですよ。いつも何かありますよ(笑)」


    AbemaTV格闘技チャンネル担当者インタビュー
    「格闘技ファンの力で大きくなりました!」


    大沢ケンジ
    “世紀の再戦”マクレガーvsネイト大爆発! 競技化してどんどん面白くなる総合格闘技!!


    【金原弘光】

    金ちゃん危機一髪! 暴走高齢者の事故に遭う

    鬼が作るUインターの激ウマちゃんこ

    UWFが柔術を知った日〜道場はどう変わっていったのか〜 


    現代から見るアントニオ猪木vsモハメド・アリ

    整骨院をオープン! 格闘家のセカンドライフとは何か?


    さらばHボム! 生まれ変わったらダンヘンになりたいよ!


    【ハッスル】

    中村祥之インタビュー
    ファイティングオペラ『ハッスル』とはなんだったのか 


    若鷹ジェット信介
    黒歴史ファイティングオペラ――ハッスルの最期を看取った男 




    【骨法】

    矢野卓見
    ヤノタク、堀辺正史と骨法を語る――愛と悲しみの17000字インタビュー 

    矢野卓見
    再び堀辺正史を語る――「先生も知らない骨法の秘密」 

    追悼・堀辺正史
    矢野宅見「ダメなお父さんでしたねぇ……」 


    漫画家・中川カ~ル
    骨法会員番号229番が見た「骨法変節の瞬間」 


    ヤノタク×中川カ~ル
    俺たちが愛した喧嘩芸骨法 


    矢野卓見
    武道の幻想と現実「合気の達人は存在しますよ」 




    【SP対談】

    佐藤大輔×藤井健太郎
    佐藤大輔はなぜガチ相撲に激怒していたのか? 


    天龍源一郎×神取忍
    男と女の壮絶プロレスとは何だったのか? 


    桜井マッハ速人☓猫ひろし
    巣鴨凸凹マラソン部 



    【小佐野景浩のプロレス歴史発見】
     
    嗚呼、阿修羅・原……修羅ごときそのレスラー人生!!

    冬木弘道は「俺はやっぱり死ぬんだな」とニヤリと笑った…

    完全無欠のプロレスラー!! ジャンボ鶴田

    超獣ブルーザー・ブロディ

    【涙のカリスマ】大仁田厚の邪道プロレス人生


    癌に勝った絶対王者・小橋建太

    “プロレス巨大組織”NWAとは何だったのか?

    呪われたIWGPが最高権威になるまで

    悲運の闘将ラッシャー木村、耐えぬき続けた人生 

    燃える男、アニマル浜口――!!

    “天龍番”が感傷に浸れなかった天龍源一郎引退試合


    全日本プロレスを二度は裏切れない……」秋山準


    馬場死去、三沢離脱……その後の全日本プロレス

    ジョー樋口、和田京平…全日本プロレスを支えたレフェリーたち 


    我らが英雄ザ・ファンクスの凄み! 
    レスラーの野心が謎を生み出す……SWSに狂わされた男たち!


    プロレス史上最も過酷な闘い! G1クライマックス



    「俺のほうがUWFより強い!」 誇り高き仮面貴族ミル・マスカラス


    『週刊ゴング』の創刊と休刊まで……闘いのゴングはこうして鳴った!

    80年代タイガー、90年代ライガー! ジュニアヘビー級の歴史!!






    【その他】


    阿部史典
    生臭坊主!? “僧侶プロレスラー”の自由すぎる説法

    狂乱のデスマッチファイター竹田誠志が語る「広島カープ25年振りのリーグ優勝」


    崔リョウジ
    ランズエンドがあなたを啓発する! 「夢、努力、勝ち癖、4億円」インタビュー

    二階堂綾乃さんに聞く「プ女子はお金を使わず冷めやすいのか?


    汚れたハンカチ王子騒動……ベースボール・マガジン社の黒歴史
    ターザン山本インタビュー

    柳龍拳
    この男は実在する!!合気道の達人ロングインタビュー 


    管理人に直撃!

    インディ興行の聖地”新木場1stRINGとは何か? 



    三富政行(元・潮吹豪)
    「私が博報堂を辞めてプロレスに浸かる理由」



    鈴木秀樹
    ビル・ロビンソン最後の弟子「弱いプロレスラーは迷惑なだけです」 

    鈴木秀樹
    「はぐれIGF軍団」誕生秘話 


    山本淳一
    元・光GENJI、プロレスデビューを語る 


    大家健
    ガンバレ☆プロレス代表の麻雀放浪記 


    矢野啓太
    ピエロの狂気「胸いっぱいのプロフェッショナルレスリング論」 



    HARASHIMA
    「学生プロレス時代、真壁さんとスクワットを延々やってましたね」 



    「多重ロマンチック」漁師JJ
    アナタはなぜブログを更新するのか 



    “中条ピロシキ”橋本吉史
    学生プロレスとラジオ 

    今成夢人
    「ガクセイプロレスラー・ライジング 卒業後のリアルなリング」 


    福田洋
    ジョーカーの狂気とアメリカンプロレス 



    【プロレス点と線】

    あやしい新体制! NOAHに何が起きているのか?


    G1優勝! ケニー・オメガの「DDT発言」とはなんだったのか?

    「アンチヨシタツ」とは何なのか?

    プロレスメディアに「エアインタビュー」はあるのか




    【OMASUKIのMMA Unleashed

    塾長ドン・フライ、堂々のUFC殿堂入り! 万感のスピーチを読め!

    MMA Unleashed
    RIZINレビュー:けなげさに胸が詰まるJ-MMAのすばらしき世界

    中邑28連勝、アスカ79連勝、イタミはGo 2 Sleep解禁!日本人旋風が吹き荒れる




    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    Dropkick
    更新頻度: ほぼ毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。