• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 4件
  • 週刊『夏野総研』vol.104【シェアビジネスの極意は“稼働率を無視”できるか否か】

    2014-09-26 09:00  
    131pt
    【“シェアビジネス成功”に必要不可欠な2つの法則】 [第二回]  さらに、エクシブが行うすばらしい戦略が、「会員権を 持っていれば、知り合いを招待できる」ということ。招待された人は、1泊5000円の宿泊料を支払うだけで、会員と同じように施設を使うことができる。 「どこがすばらしいの?」と思う人もいるはず。しかし、この招待システムを逆手にとり「会員権をみんなでシェアすればいい」という発想にもつながれば、さ らに会員権を購入することへのハードルは低くなる。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.103【“シェアビジネス成功”に必要不可欠な2つの法則】

    2014-09-19 09:00  
    131pt
    【“シェアビジネス成功”に必要不可欠な2つの法則】 [第一回]  カーシェアやシェアハウスなど、最近盛り上がりを見せ る「シェアビジネス」。業績を順調に伸ばす企業もあれば、そうではない企業もある。同じシェアビジネスでも何が違うのだろうか。その答えは、リゾートトラ ストが運営する会員制リゾートホテル『エクシブ』のビジネスモデルを分析すると理解できる。そこで、今回はエクシブを例に取り、そのビジネスモデルを紐解 いていこう。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.102【寡占市場ゆえの“歪んだマイレージ戦略”の実態】

    2014-09-12 09:00  
    131pt
    【国内エアラインが“世界に羽ばたくため”の新戦略】 [第三回]  国内エアラインが提供するステータス制度の問題点、それは“前年に獲得したポイント”によって決められていることだ。

    記事を読む»

  • 週刊『夏野総研』vol.101【JAL国際線の大改革。すべてのハワイ便を成田に集約せよ!】

    2014-09-05 09:00  
    131pt
    【国内エアラインが“世界に羽ばたくため”の新戦略】 [第二回]  ここからは日本のエアラインのビジネスモデル分析を行っていきたい。先にも言ったようにLCCには明るい未来はないため、今回はJALにスポットを当てる。論理的にJALがどのようなビジネスモデルを行っていくべきかを考えてみたいと思う。

    記事を読む»